和歌山落下鉄パイプ業者名!2度目の事故原因とは?銀行員の板垣智之さん死亡

19日午前和歌山市の12階建てのビルで、屋上付近に設置されていた鉄パイプが落下したとして板垣智之さんが亡くなりました。

今回被害男性である板垣さんを調査するとともに、この解体業者や場所についても迫りました。

過去にも落下事故があった?不祥事?

必見です。

スポンサーリンク

事件概要

19日午前、和歌山市の12階建てのビルで、屋上付近に設置されていた工事用の足場を解体中に鉄パイプが落下し、ビルの近くを歩いていた26歳の男性に当たりました。男性は死亡し、警察が詳しい状況を調べています。

警察などによりますと、19日午前8時すぎ、和歌山市十三番丁にある12階建てのビルで、屋上付近に設けられていた工事用の足場から長さ1.5メートル、直径4.5センチ、重さおよそ5キロの鉄パイプが落下しました。

落下した鉄パイプはビルの近くを歩いていた大阪 中央区の銀行員、板垣智之さん(26)の頭部を直撃しました。

板垣さんはすぐに病院に運ばれましたが意識がなく、午後1時すぎに死亡しました。

このビルでは屋上に新しい看板を設置する工事が終わり、19日は午前8時ごろから複数の作業員が足場を解体する作業を行っていたということです。

警察によりますと、落下した鉄パイプは足場の一部として組まれていたものだということで、警察は作業員などから話を聞いて、解体作業の方法や安全管理に問題がなかったか詳しく調べています。

出典:https://www3.nhk.or.jp/

 

19日午前中に鉄パイプがビルの上から落下して、地上にいた人が死んでしまう事件が起きました。

この事故は、屋上付近に設置されていた工事用の足場を解体中に鉄パイプが落下し、ビルの近くを歩いていた26歳男性に直撃しました。

その後その男性は死亡しました。死亡した人は、26歳銀行員の板垣智之さんです。

板垣さんの頭部に直撃した鉄パイプはなんと長さ1.5メートルそして直径4.5センチあったそうです。

重さでいったら約5キロもあったことから12階建てもあるビルから落下してきたものは相当痛いどころではなく、死に至ってしまったのかもしれません。

正直自分の普段の生活でビルが急に落下してきてしまったら避けようがないですし、これは明らかに解体業者の不祥事だと考えられます。

実はこの解体業者は頭上注意などの看板もしていたそうですが、鉄パイプで急に命が絶たれてしまった板垣さんのことを思うと胸が痛くなります。

次章では、この事故現場について調査しました。

スポンサーリンク

現場は和歌山市十三番丁!

今回12階建てのビルが設置されていたのは

和歌山県和歌山市十三番丁にある12階建てのビル

「酒直ビル」

だそうです。

googlemap上では以下の場所だと判明しました。

写真だと以下の場所だと判明しております。

出典:https://www3.nhk.or.jp/

また酒直ビルは地元商社などが入るビルだったそうです。以下のような形でHPにも掲載されておりました。

スポンサーリンク

酒直ビルの会社概要

出典:http://www.sakanao.com/

社名:株式会社 酒直

創業:1905年

設立:1949年1月

代表者氏名:酒本徹

本社所在地:和歌山市13番丁30番地

従業員数:200名

この会社は酒直グループとして石油部、建材部、また硝子部、住設部、食品部、保険部などの総合商社の会社となっております。

地域の総合商社として根付いていたただけに今回の事故は、解体業者の不手際ということで死亡人がでてしまった事故です。

今後解体業者がこの酒直グループに対する損失額や、そして死亡男性に対する損害賠償額がどうなるか気になるところではあります。

スポンサーリンク

過去に落下事故が起きていた!

19日午前8時15分頃、和歌山市のビル(12階建て)の最上部から鉄パイプ(長さ1・5メートル)が落下し、道路を歩いていた20歳代男性の頭に当たった。

 男性は病院に運ばれたが、死亡した。

 ビルには地元商社の本社が入る。和歌山西署や同社によると、最上部から道路までは40メートル以上。最上部で9月上旬から商社の看板の補修工事が行われ、現在は工事が終了し、足場の解体作業中だった。15日の午前中にも同様に鉄パイプが落下する事故があったという。

 工事は、商社が和歌山市内の業者に発注しており、同署は業者の安全管理体制に問題がなかったか、業務上過失致死容疑も視野に捜査する。

出典:https://news.livedoor.com/

純粋に考えて12階建てということでかなり高い構造となっております。

最上部から道路までは40メートル以上あるため、もし仮に5キロの物が落下したとすると、衝撃としては

地上に落ちてきたら時速100kmとなっているそうです。

5kgの鉄パイプが落下してきたら普通の人間であれば一たまりもないはずです。

当初板垣さんは、頭にあたり病院に運ばれましたが、まもなく病院にて死亡が確認されたそうです。

また事故対策としては、一応解体業者では以下のような形で補助ロープや防護ネットなどの対策はしていたそうです。

出典:https://www.ktv.jp/

しかし対策をしていたからといって翌日に事故が発生するとは、対策としては甘かったのではないか?といった疑問が生じます。

次章では事故を引き起こした解体業者についてまとめました!

スポンサーリンク

解体業者の会社名は?

今回問題なのが、19日朝に落下した鉄パイプには補助ロープが付いていなかったそうです。

つまり対策をしていると言っても甘かったといった疑惑が生じております。

今回現場を担当した解体業者の会社名などは把握することができませんでしたが、普通に路上を通っていたら死んでしまうなんてあってはならない事故です。

今後この業者についての責任追及をしていただきたいと思うばかりです。

また安全に不備があるとなれば、業務上過失致死の疑いだそうです。

スポンサーリンク

板垣智之さんのプロフィール

名前:板垣智之(いたがき ともゆき)

年齢:26歳

職業:銀行員

住所:不明

今回亡くなられた板垣さんは、子供さんや奥さんなどがいたといったことはわかっておりません。

同時に勤務先についても銀行員ということだけ判明しております。

まさか路上を歩いていたら鉄パイプで死んでしまうとはあってはならないことです。

業者の過失について厳しく追及して欲しいと思います。

顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

facebook

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする