西馬淳子(美容師)の顔やFacebook!美容院や家族(夫,子供)は?事故原因はてんかんの発作?


 

和歌山で紀ノ川大橋で起きた車やバイク7台が絡む多重事故で事故を起こしたとされる西馬敦子容疑者が逮捕されました。

 

22歳のアルバイト女性が亡くなってしまったこの事故の原因は何だったのでしょうか。

 

危険運転致死の容疑で逮捕された西馬敦子容疑者について調査しました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

事故概要

 

以下は、Yahoo!ニュースの報道内容です。

 

15日、和歌山市で車など7台が衝突し、女性1人が死亡した事故で、51歳の女が危険運転致死の疑いで逮捕されました。 15日、和歌山市の交差点で、乗用車が右折待ちの車に衝突した後、対向車線にはみ出しミニバイクとぶつかるなど7台が絡む事故があり、バイクを運転していた22歳の女性が死亡しました。 警察は、持病の「てんかん」の発作で意識を失う恐れがある状態で、車を運転して事故を起こした危険運転致死の疑いで、和歌山市の美容師、西馬淳子容疑者(51)を逮捕しました。 警察によると、ドライブレコーダーの映像では、西馬容疑者の車は蛇行しながら走っていたいうことです。 調べに対し西馬容疑者は、「てんかんになったわけではない。心臓がきゅっとなって下を向いた時に衝突した」と話し、容疑を否認しています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

警察は、西馬敦子容疑者が持病であるてんかんの発作で意識を失う恐れがある状態で運転して事故を起こしたとして、危険運転致死で逮捕しました。

 

しかし、西馬敦子容疑者はてんかんではなく心臓がきゅっとなって下を向いたときに衝突したと容疑を否認しています。

 

ドライブレコーダーの様子では、西馬敦子容疑者の車は蛇行運転をしていたと言います。

何らかの予兆を感じた時点で車を停車させることは出来なかったのでしょうか。

また、てんかんの持病がある方は運転しても良いのでしょうか、このあとの章で調べていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


西馬敦子のプロフィール!顔!

 

 

名前:西馬敦子

年齢:51歳

職業:和歌山市の美容師

容疑:危険運転致死

 

西馬敦子容疑者の顔などについては現在報道されていないためわかりませんでした。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


西馬敦子のSNS(Facebook・Twitter・インスタ)

 

同姓同名のアカウントは存在しましたが特定までに至りませんでした。

可能性が高いアカウントとしてFacebookに和歌山市で美容師をしている方のものがありました。

確信は持てないので記載は控えます。

 

 

スポンサーリンク

 

 


西馬敦子の勤務先の美容室特定

 

先ほどの容疑者の可能性のあるFacebookに「ヘアメイクシロップ」という美容室名により、勤務先はこの美容室だと予想されています。

 

しかし、ネットで調べてみてもヘアメイクシロップのHPや情報がでてきませんでした。

現在はない美容室なのでしょうか?

引き続き調査します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

西馬敦子の家族(夫・子供)は?

 

こちらも本人の可能性のあるFacebookからですが、結婚していて子どもがいるようです。(Facebookが特定までいってないので憶測ですが…)

てんかんの持病があって、家族から運転をとめられていなかったのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

事故原因はてんかんの発作?

 

警察はてんかんの発作が原因とみて逮捕に踏み切っています。

しかし、西馬敦子容疑者は「てんかんの発作ではない」と否定しています。

運転中に心臓がきゅっとなって下を向いたと言っている容疑者ですが、てんかんの発作だったのかそうでないのかどう判断されていくのでしょうか。

 

そもそもてんかんの持病もちの方は運転してもよいのでしょうか?

以下は、日本てんかん協会の一文です。

てんかんがあることで一律に自動車運転を制限されることはありません。適切な治療をうけることで、安全な運転操作に支障となる症状が現れなければ、自動車運転は可能です。

引用:https://www.jea-net.jp/

 

てんかん持ちだから運転は一切禁止というわけではないようです。

医師との相談の上、一定の条件をクリアすれば運転免許の取得や更新は可能とありました。

 

体調不良や抗てんかん薬を飲み忘れた時は運転を控えなければならないそうですが、西馬敦子容疑者は事故当日の体調はどうだったのか、薬はちゃんと飲んでいたのか気になりますね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

てんかんの発作ではなく、心臓に痛み?
たとえ今回の事故の原因がそうだとしても
てんかんの診断が出て内服薬が処方されているのであれば運転は控えるべき
以前にてんかんの発作が原因で大きな事故があった事、忘れてるのか
もしくは自分は大丈夫と過信してるのか?

 

恐らくは、てんかんの発作で意識が飛んで事故を起こしたのに、弁護士の入れ知恵か何か知らないが危険運転で厳罰になるのを回避するため「心臓がキュッとなって下を向いた」などと苦しい言い訳をしているのだろう。

下を向いたとしても蛇行して7台も巻き込むまで突き進んでいるのは意識が無かった可能性を指し示している。

ドキンちゃんの声優の方が大動脈解離の激痛の中でも高速道路で路肩に車を止め大事故を回避したのとはえらい違いだ。

 

 

てんかんの全ての患者が運転免許を制限されているわけではないけど、こういう事故で若い命を奪うことになることを考えると、運転に支障がある病気になったら免許返納しないといけないかもしれない。

 

てんかん持ちでも、医師の診察を受けて運転を許可されている人はいっぱいいます。
この女性は医師の許可が出てなかったのでしょうか?
だから危険運転致死になったのかな。
それなら医師から止められていた、上級国民も危険運転致死で裁いて欲しい。

 

心臓?
ではなぜ止まらない?
止まれないにしてもブレーキは踏めたんじゃないのか?
心臓なのに本人はまだ生きてるくらいの症状
それなのに走行中に下を向く?
そこまで耐えられないことだったのか?
証言しているという事はある程度意識はあったという事

これらからひとつ解る事は、相手に危害を加えないという確固たる意志は低かったということ

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)