渡辺光恵の顔とfacebook!オウムの後継団体アレフのマンションはどこ?神奈川区


5月10日にオウム真理教の後継団体であるアレフの拠点を

 

横浜市神奈川区にてアレフの活動拠点の住居を不動産会社から「住居用」と称して賃貸契約を結び

 

そこで勧誘活動や詐欺活動を行なったとして逮捕されました。

 

今回は事件の概要と逮捕された渡辺光恵容疑者のプロフィールや犯行現場について見ていきましょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

事件概要

 

 

オウム真理教の後継団体「アレフ」の施設として使う賃貸マンションの部屋を、居住用と偽り契約したとして、神奈川県警公安1課は10日、詐欺の疑いで、横浜市神奈川区浦島町の会社員、渡辺光恵容疑者(29)を逮捕した。容疑を否認している。  逮捕容疑は昨年1月30日、同区のマンションの一室を借りるにあたり、実際は新規信者獲得を目的とした活動拠点に使うにもかかわらず、住居のみに使うと偽って不動産会社と賃貸契約を結んだとしている。  同課によると、渡辺容疑者はアレフの在家信者で、会員制交流サイト(SNS)や街頭などで若者に勧誘を行っていた。マンションはヨガ教室として使用され、数人が出入りするところが確認されている。  同課は同日、同マンションと同区内のアレフ施設の2カ所を家宅捜索。室内からはヨガマットなどのほか、オウム真理教の元教祖、麻原彰晃(しょうこう)元死刑囚=執行時(63)、本名・松本智津夫=の写真立てが見つかった。

引用:Yahoo!ニュース

 

横浜市神奈川区にて「住居用」として不動産会社と賃貸契約を結んだの人も関わらず

 

オウム真理教の後継団体の「アレフ」の活動拠点用に使用したとして逮捕されました。

 

不動産会社と結んだ使用目的とは違う方法で用いたことが詐欺の容疑として容疑をかけられている事件のようですね。

 

どうやらSNS上で若者に勧誘を行い、マンションをヨガ教室として用いながら勧誘活動を行なっていたようですね。

 

家宅捜索を行うとオウム真理教のリーダーであった麻原彰晃元死刑囚の写真立てもあったということでオウム真理教の信者であることは間違い無いでしょうね。

 

オウム真理教が問題になったのはかなり前の話ですので若者はオウム真理教、またアレフがその後継団体であるということは知らない方も多いでしょう。

 

そうなるとSNS上で勧誘された際にも「危険な団体への勧誘を受けている」という危機感には繋がりにくいのでしょうね。

 

それにしても今回はどこにでもマンションの一室が活動の拠点になっていたということで

 

密かに活動拠点になっている住居を見つけるというのは至難の業でしょうね。

 

今回は不動産会社との契約違反とみられる勧誘活動が明るみに出たことによって家宅捜索に至れましたが

 

日本国内にこのような活動の拠点がどこにでもあるのでは?と思うと非常んい怖くなりますね。

 

 

スポンサーリンク

 


渡辺容疑者のプロフィール

名前:渡辺光恵

 

年齢:29歳

 

職業:会社員

 

住所:横浜市神奈川区浦島町

 

報道ではここまでの情報が報道されていましたね。

 

みこニュースでもこれ以上の情報を調査しましたが、有力な情報は得られませんでした。

 

勤め先の会社なども特定を試みたのですが有力な情報は得られませんでした。

 

それにしても会社員勤をしながら勧誘活動を行なっていたのですね。

 

平日は仕事、休日は勧誘活動と非常に忙しい生活をおくっていたのでしょうね。

 

それほど身を捧げたくなるほどにアレフは人の心を掴む団体であったということなのでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ヨガの講義で勧誘というのはアレフの勧誘の常套手段?

同日にアレフ関連の事件で京都でもヨガ講義の勧誘と称して勧誘活動を行なった女性が逮捕されました。

 

一度ヨガ講義に勧誘し、講義の契約と称して入会契約をするといった手口でした。

 

今回の事件でも部屋からヨガマットが見つかったということで同じようにヨガ講義に勧誘した後に入会手続きを騙して結ばせていたのではと想像されます。

 

勧誘されてきた若者はヨガ教室に通っているだけという感覚で来ているのにいつの間にか入会手続きを、それもあのオウム真理教の後継団体と結ばされるというのは恐怖以外の何物でも無いでしょうね。

 

もしかすると今回勧誘活動を行なった渡辺容疑者も29歳と若めの方ですから、

 

若い頃にそういった手口で捕まり、活動を共にする中で団体に心酔してしまったのかもしれませんね。

 

どこにでもあるマンションの一室で信者が量産されているのかと思うとちょっと怖くなりますね・・・。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

事件現場

事件現場について報道では「横浜市神奈川区のマンションの一室」とされていました。

 

また建物の写真も報道されていましたね。

 

引用:産経新聞

 

 

 

写真からタイル張りの建物であることがわかるのですが、この写真と全く同じ外観を持つ建物が見つからず特定に至ることはできませんでした。

 

現在警察の方が家宅捜索中ということで今後建物について詳しい情報が報道されるでしょう。

 

新たな情報が得られ次第報告するので更新をお待ちください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

世間の声

地下鉄サリン事件を起こしたテロ組織をなぜ存続させたか意味不明。破防法を適用させ潰しておけばよかったのに。当時の村山内閣の罪は重い。

 

あれだけの凶悪犯罪を起こした組織がマトモになる事の方が考えられない
しばらくは猫を被っていても必ず悪い事をするよ

 

今回の事件についてかつてのオウム真理教が起こした大事件の壮絶さが蘇る声が多く寄せられました。

 

やはりアレフがあのオウム真理教の後継団体であると知るとちょっと穏やかな感情で入られませんよね。

 

もしアレフがオウム真理教のような危険な活動を目論んでいるとすると、家宅捜索をすれば何かしらの情報は出てくるかもしれません。

 

ただ大きな組織が一般のマンションの一室にそのような痕跡をうっかり残すほど甘くは無いでしょうからそのような足がつくというのは難しいかもしれませんね。

 

何にせよ警察の方には警戒を続けてもらい、危険な事件を起こさないようアレフを監視してほしいものですね・・・。

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)