渡辺秀一の顔やfacebook『学校に強い恨みか』経歴や家族構成|白石中学校灯油事件

宮城県白石市にある中学校の職員室などに油のようなものをまき火をつけようとした疑いで、

地方公務員で白石中学校の職員、渡辺秀一容疑者(56)が逮捕されました。

渡辺容疑者は油のようなものをまき、火をつけたろうそくを置いたそうです。

大きな火災に繫がりかねない危険な行為ですが、一体なぜこんなことをしたのでしょうか。

渡辺容疑者や事件についてまとめました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

宮城県白石市の中学校で17日朝、職員室などに油のような液体がまかれているのが見つかった事件で、学校の事務職員が逮捕されました。

非現住建造物等放火未遂の疑いで逮捕されたのは、白石市の渡邉秀一容疑者(56)です。

渡邉容疑者は、16日午後6時ごろから17日午前6時10分頃までの間に、職員室の床に液体をまき、火をつけたろうそくを置くなどした疑いが持たれています。

渡邉容疑者は白石中学校の事務職員で、警察の調べに対し「やっていない」と容疑を否認しているということです

引用:https://news.yahoo.co.jp/

宮城県白石市にある中学校の職員室などに油のようなものをまき火をつけようとした疑いで逮捕されたのは、

地方公務員で白石中学校の職員、渡辺秀一容疑者(56)です。

 

渡辺容疑者は10月16日午後6時ごろから翌17日午前6時10分ごろまでの間、

白石中学校の職員室などの床に油のようなものをまき、

火をつけたろうそくを床に置くなどして、火をつけようとした疑いがもたれているようです。

 

渡辺容疑者は、

「やっていない」

と容疑を否認しています。

 

 白石中学校では17日朝、職員室などに油のような液体がまかれているのを出勤した教職員が発見。

警察が調べを進めていたそうです。

 

油のようなものが何なのかは分かりませんが、灯油のようなニオイだったとの情報もありました。

引火性のある液体であれば、とても危険です。

 

生徒や職員の方にケガがなくて安心しましたが、

生徒たちの心のケアをしてあげて欲しいですね。

 

容疑者についてみていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

渡辺秀一のプロフィール・顔画像

 

 

 

  • 名前:渡辺秀一(渡邉との表記も有り)
  • 年齢:56歳
  • 住所:宮城県白石市
  • 職業:地方公務員 白石中学校事務職員
  • 逮捕容疑;非現住建造物等放火未遂の疑い

 

渡辺秀一容疑者の顔画像は現時点で報道されていません。

顔が分かり次第、こちらにも掲載いたしますのでお待ちください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

渡辺秀一のfacebook

 

渡辺秀一容疑者のfacebookを調べてみました。

『渡辺秀一』

『渡邉秀一』

どちらも検索してみましたが、同姓同名のアカウントが多く特定にはいたりませんでした。

 

渡辺秀一の検索結果↓

 

渡邉秀一の検索結果↓

 

 

引き続き調べ、特定されましたらこちらにも掲載いたします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

渡辺秀一の経歴や家族構成

 

渡辺秀一の経歴や家族構成について調べてみました。

 

渡辺容疑者は地方公務員として、白石中学校の事務職員をしていたようです。

 

 

公務員の事務職員とは?

公立の小・中・高・養護学校で事務の仕事を行い、子どもたちが安心して学校生活を送れるように環境を整えます。また、先生たちが授業しやすいように、学校の備品のチェック、電話対応、給与や手当の計算、出勤簿の管理、そして成績証明書などのさまざまな文書作成を行います。

 学校事務は仕事を通じて児童や生徒たちと関わる機会が多いことも魅力です。学校行事や部活動・清掃活動・ボランティア活動などを通じて、児童や生徒たちの笑顔に触れることができ、成長する姿を見守ることができます。

引用:https://www.kawahara.ac.jp/job_book/job_a02.html

学校の事務職員は、

子どもたちが安心して学校に通えるよう、サポートするのがお仕事のようです。

 

渡辺容疑者の経歴などは分かっていませんが、

元々は子どもたちが好きで事務職員という仕事を選んだのかもしれません。

 

 

 

渡辺容疑者は56歳ですから結婚し子どもがいても不思議ではありませんが、

プライベートに関わる情報は一切報じられていませんでした。

 

何か分かりましたら、更新していこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 犯行の動機

引用:https://news.yahoo.co.jp/

渡邉秀一容疑者の犯行動機については、現時点で明らかになっていません。

今回の事件で、校舎の窓ガラスが割られるなどの被害はありませんでした。

 

16日午後6時頃に2人の教職員が鍵を閉めた後、

午後6時40分頃、何者かによって警備システムが解除され、

さらに1時間半後(午後8時20分ごろ)再びシステムがセットされた履歴が確認されたようです。

 

すぐにバレてしまいそうですが、それも覚悟の上だったのでしょうか。

 

動機について分かりましたら、追記いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

自分が何をしようとしているのか、何をしてしまったか…後から後悔するようなことを思いつくまま行動する人が老いも若きも男も女も多くなってきたような気がする。

 

先日は担任外され腹いせに給食薬品混入とか、学校大丈夫?

 

 

「職員」であって教員ではないのかな? 油をまいて火をつけようとするとは、職場に相当な恨みでもあったのか? 生徒たちに肉体的被害がなくてよかったが、中には心を傷める子もいるだろう。 子どもたちが学校に恐怖を持たない平和な学校生活を送ってもらいたい。。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)