渡辺宏の顔やfacebook!自宅住所や病院特定は?マザコンのクレーマー男!ふじみ野市猟銃男立てこもり事件の犯人


埼玉県ふじみ野市で起きた立てこもり事件の犯人が逮捕されました。

逮捕されたのは渡邊宏容疑者(66)です。

渡邊宏容疑者は44歳の男性医師を人質に猟銃を持って立てこもっていましたが、ようやく身柄が確保されました。

人質の医師(44)が心肺停止という速報が入ってきています。

 

渡辺容疑者はなぜこのような事件を起こしたのでしょうか。

事件を詳しくみていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

 

埼玉県ふじみ野市の住宅に猟銃のようなものを持った男が人質をとって立てこもった事件で警察は男を殺人未遂の疑いで先程緊急逮捕した。人質となっていた男性は心肺停止の状態だということだ。

 

 午前7時40分ころ、警察は男が立てこもっていた住宅に突入し、8時過ぎ、男を殺人未遂の疑いで緊急逮捕した。男は60代でこの家の住人とみられている。人質となっていた44歳の男性は心肺停止の状態で病院に搬送された。

 きのう午後9時ごろ、の住宅で「バンバンという音がした」と近くの住民から110番通報があった。警察によると50歳から70歳くらいの男が猟銃のようなものを持って44歳の医師の男性を人質に立てこもった。

 また、医師の男性とともにこの家を訪れていた41歳の理学療法士の男性と30代の男性が病院に搬送された。理学療法士の男性は胸の辺りを銃で撃たれけがをしているが、容体はわかっていない。30代の男性は男から目に催涙スプレーをかけられ軽傷だ。

 警察は今後、捜査本部を設置して調べを進めることにしている。現場は住宅街で周辺の住民およそ110人が近くの中学校に避難した

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

27日午後9時15分ごろ、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家で立てこもり事件が発生しました。

この事件で逮捕されたのは渡邊宏容疑者です。

 

昨夜、医療関係者を名乗る男性から、

「一緒にいた2人が銃で撃たれた」と119番通報がありました。

 

渡辺容疑者は、主治医と見られる44代の男性を人質にとって民家に立てこもっていました。

 

男性医師の無事が確認されたという報道がありましたが、速報にて心肺停止の状態だと報じられました。

また、41歳の理学療法士の男性が、胸のあたりを撃たれて病院に運ばれましたが容態は不明。

32歳の介護士の男性が顔に催涙スプレーをかけられ軽傷です。

 

男性医師や医療関係者の方の無事を祈るばかりです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


渡邊宏のプロフィール

 

名前:渡邊宏

年齢:66歳

職業:不明

住所:埼玉県ふじみ野市大井武蔵野

逮捕容疑:殺人未遂

 

渡邊宏容疑者の生い立ちや、主治医に関する記事はこちらです。


 

 

スポンサーリンク

 

 


渡邊宏の顔画像

 

 

 

渡辺宏容疑者の顔画像報じられました。

かなり憔悴しきっている様子です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


渡邊宏のfacebook

 

渡邊宏容疑者のfacebookを調べました。

 

同姓同名のアカウントがあったものの、本人と断定できる情報が少ないため、

特定には至っていません。

 

引き続き調べ、特定されましたら更新致します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 立てこもり現場の住所はどこ?

立てこもりの現場となったのは、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家です。

 

 

 

引用:朝日新聞

 

 

 

 

 

 

住所を検索したところ、このあたりのようです。

 

 

 

詳細な住所は現在調査中です。

もうしばらくお待ちください。

 

 

 医師らが勤務する病院はどこ?

渡邊宏容疑者の自宅に訪問していたのは、在宅クリニックの関係者です。

埼玉県ふじみ野市大井武蔵野にある在宅クリニックを探してみました。

 

 

・ふじみ野在宅クリニック

・在宅クリニック

・ハートフルふじみ野

・ふく在宅クリニック

・オレンジ在宅クリニック

・ふじみ野中央クリニック

 

など、複数のクリニックがありますが、現時点でクリニックを特定できる情報が少ないです。

特定されるまで、もうしばらくお待ちください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 マザコンのクレーマー男だった?

 

 

渡邊宏容疑者はなぜこのような立てこもり事件を起こしたのでしょうか。

 

男性医師らは在宅クリニックの関係者で、訪問介護を受けていた渡邊容疑者の母親がが亡くなり、

渡邊容疑者に呼び出されて弔問に訪れたそうです。

 

今回の事件は医療関係者に対する強い恨みを感じますので、世間では「医療ミスがあった?」と推測されていますが、よほど納得のいかない状況があったのかもしれません。

 

しかし、渡邊容疑者は1人で寝たきりの母親を介護しており、相当疲弊していたと思われます。

最愛の母親を亡くした悲しみは計り知れませんが、通常の精神状況ではなさそうです。

 

渡邉 容疑者について関係者は、

「非常に母親思いで唐突的にああいうことやる人じゃない」

と話しており、別の関係者は、

「引越しの時に介護があるので近所付き合いはできないと言われた」

と話しています。

 

 

相当なマザコンだったのか…
こんな人が猟銃を扱ってたと思うと怖い…!

 

こりゃ、クレーマーの成れの果てかな。
今までも何かにつけて色んなとこでクレームを付けて生きて来たんだろに。

 

 

どのようなトラブルがあったのかは不明ですが、このような事件を起こしてしまったら、亡くなった母親もうかばれません…

 

 

詳細な情報はこれから明らかになってくると思いますので、続報が入りましたら更新していきます。

 

 

【追記】

「死亡診断書」に関してのトラブルがあったようです。

近所の方の証言となりますので、断定はできませんが

今後の報道にも注目していきたいです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)