渡辺果菜の顔,Facebook特定!我が子(1歳)に対し虐待!原因は育児によるストレス!


何とも可哀そうな事件が発生しました。

事件の被害者はまたもや子供です。

母親から日常的に暴力を受けていたとの事で渡辺果菜容疑者(25)が逮捕されました。

事件の詳細を調べてきました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

事件の概要

 

 

群馬・高崎市で25歳の母親が1歳の長女にポットの熱湯をかけ、やけどを負わせた疑いで逮捕された事件で、警察は日常的な虐待がなかったか捜査している。 渡辺果菜容疑者(25)は5月3日、高崎市内の自宅で、1歳の長女の左手におよそ1分間、電気ポットの熱湯をかけ、全治2週間のやけどを負わせた傷害の疑いで6日朝に送検された。 警察の調べに対し、渡辺容疑者は「泣きやまないことに腹を立てた」と供述し、容疑を認めている。 渡辺容疑者が長女を病院に連れて来た際、やけどのほか、顔などに青あざがあり、警察は日常的な虐待がなかったか慎重に捜査している。

引用:https://news.yahoo.co.jp

 

これ容疑者が自身の子に対し泣いていて熱湯をかけた事件ですが通常であれば

考えれないですよね。

しかも熱湯以外に日常的に暴力を振るわないとアザも出来ないでしょう。

 

 

まだ、1歳の子供に対し、しかも泣くことでしか気にかけてもらえる手段を

用いているのに暴力で返すとはかなりむごいですよね。

 

 

しかし、今回の事件で子供は虐待を受ける環境から出れたのでこれから先は

すくすく愛情を受けて育ってほしいです。

 

 

しかし容疑者はシングルマザーで子供を育てていたのでしょうか?

もし周りに相談できる人いなかったのであればストレスが溜まり虐待という選択を

取ったのでしょうか?

 

 

市に相談する等の手段も取れたはずなのにそれもしないで子供に暴力を振るうとは

なんと非情でしょうか…。

 

 

今後、自身が行った行動を十分、反省し再度、子供と過ごせるようになった時に

また虐待が発生しないかも心配になりますね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


渡辺果菜容疑者のプロフィール

 

名前:渡辺果菜容疑者

年齢:25歳

住所:群馬県高崎市

罪名:虐待

 

年齢も若く精神的に成長していなかったのと子供を育てるストレスから

我が子が泣いたときに「イライラし手を出した」との事なので

手を上げる前に落ち着けなかった状態だったのだと思われます。

 

 

しかし、熱湯を掛けるとは少し人的非道な行動ですよね。

このような虐待が無くなることはありませんが少なくしていくことは可能なので

手を上げる前に相談できる環境を作っていくことが必要と思われました。

 

 

スポンサーリンク

 

 


渡辺果菜の顔写真

 

引用:https://news.yahoo.co.jp

 

外見からは虐待しそうなタイプではありますが

人は見かけによらないものですね。

さらに3枚目の画像に関してはこちらを睨みつけるような写真にも感じ取れます。

自身の犯した行動に反省していないのでしょうかね?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

児童虐待の動機とは?

 

 

 

 

 

動機は一体なんなのでしょうか?

 

子供の虐待には4つのくくりがあると言われているそうです。虐待と言っても、家庭によってその内容は異なります。厚生労働省では虐待の種類について、4種類に分けて定義しています。今回は、厚生労働省の定義に沿って児童虐待の種類を4つご紹介します。

 

 

①身体的虐待

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など

(引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

「児童虐待」と聞くと、まずはこれらの身体的虐待の様子が頭に浮かぶ人も多いでしょう。子供に対して親が暴力を振るってしまうニュースは多くみると思います。

 

また、身体の自由を拘束することも児童虐待であるとされています。縄による締め付けなどは体の自由を制限や、骨を歪めるなど成長へ影響を及ぼす恐れもあるでしょう。

 

②性的虐待

 

厚生労働省では以下のような行為を、性的虐待であると定義づけています。

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

親族や教師親などの性的虐待などすべてを含みます。親だけではなく、家庭教師先の先生というケースもあったそうです。

 

 

 

③ネグレクト

 

厚生労働省では以下のような行為を、ネグレクトであると定義づけています。

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

ネグレクトは家庭虐待です。主に保護者がふるってしまう児童虐待であると言えるでしょう。保護者とはその名前の通り、子供を保護する立場の人です。子供が健やかに育つために必要な環境を意図して与えないような行為は、ネグレクトであると言えるでしょう。

 

 

 

④心理的虐待

厚生労働省では以下のような行為を、心理的虐待であると定義づけています。

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

子供に対して強い言葉を向けることはもちろん、ほかの兄弟への攻撃的な態度も心理的虐待に含まれるため意味は広義にあたります。

 

また、両親同士による喧嘩も子供に大きな心理的ダメージを与えてしまいます。子供に対して、心理的に虐待は起こってしまうのです。両親同士による暴力行為を始めとした夫婦喧嘩も子供に大きな影響を与えます。

 

 

 

 

以下4つであると考えられております。今回は③番目のネグレクトが最もな要因であると考えられます。

 

 

そして気になる動機ですが、

 

・イライラした

・いうことを聞かなかったから

・ストレス発散

・日常的に殴っていた

・むしゃくしゃした

 

といったいくつかの理由があてはままりそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

SNS上の声

 

こんなのが親ってのが信じられない。
まぁ、誰でも親にはなれるけど、それには資格ってのが不要だしねぇ・・・
25歳って、めちゃくちゃ若いわけでもなく、自身が育った環境にも問題があったのかもね。

 

1歳の子供に熱湯って。しかも1分間?。鬼だわ
泣き止まないからって。。余計に泣くでしょ

何しても泣き止まないときはじっと待つしかないよ
いつかは泣き止むから

 

子育てをしていると、こんなにも思い通りにいかないことがあるのかと痛感させられます。
そんな時に衝動的な気持ちが湧き上がるのもよく分かります。

その衝動をどうやって抑えるのかを学べる体験が25年間の中に不足していたんでしょうね。

今の世の中、良い意味でも悪い意味でも我慢が必要なくなって来てるから、意識的に我慢する体験をすべきだと思います。

この事件から気付いて行動すべきことがたくさんある気がします。

 

人の痛みが想像できない親から離れられてよかった。
この親といたら命も危険だし、何より辛く生き地獄のような毎日を耐え続けなければいけない。
まだ赤ちゃんなのに、痛かっただろうな···。
生みの親だとしても、親のそばにいることが無条件の幸せではない。

 

本当に親になる資格がある人だけに神様、赤ちゃん授けて下さい。
こんな人は親になる資格はありません、たくさんの人が。
赤ちゃんが欲しくて頑張っているのに残念です。
赤ちゃんは泣くのが仕事です。

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)