【画像有】20代女性教師(広島尾道)名前や顔画像は?勤務先は高須小学校!適当に採点?

広島県尾道市の小学校で20代の女性教師がなんと3年間にわたって、テストを採点せず放置していたことが判明しました!

今回は、20代女性教師について調査しました!

勤務先は、高須小学校?適当に評価していた?

必見です!

スポンサーリンク

事件概要

尾道市の小学校で担任の女性教師が3年間にわたってテストの一部を採点せずに放置していたことがわかりました。

尾道市教育委員会によりますと高須小学校に勤務する20代の女性教師は、2016年度からの3年間に担任していた1年生と6年生のテストの一部を採点せずに放置していたということです。また、テスト自体を行なわなかったり、答案などを返却していませんでした。今月8日に倉庫などから白紙や採点前のテストなどが見つかり、問題が明らかになりました。女性教師は「日ごろの業務に終われ採点ができなかったり返すことができなかった」と話しているということです。学校は12日保護者向けの説明会を行いテストなどを返却したということです。

出典:https://www.home-tv.co.jp/

広島県尾道市の高須小学校にて、20代女性教師が3年間に渡ってテストの一部を採点していない事が判明しました!

小学校の内申点は、中学入試にも関わる児童にとって大切な、評価制度です。

にも関わらず、頑張った生徒がきちんと評価されていないというのは、かなり残念でなりません。

そして、採点しないだけではなくテスト自体を行わなかったケースもあるそうです。

一体どのように評価していたの?

と気になるところではあります。

今回採点していないテストや、採点前のテストが倉庫から発見されたためこのような形で報道されましたが、もし仮に報道されていないのであれば、20代女性教師の方は、放置しっぱなしだったのでしょうか?

そう考えると、かなり恐ろしいことです。

スポンサーリンク

適当に評価していた?

今回、テストを行わなかったり、採点前のテストが発見されたという事であれば、

正当な採点による評価をしていない

という事が断定できます。

その為、今回20代女性教師の評価方法については明らかにはなっておりません。しかし推測で申し上げますと恐らく

一部のテストから適当に評価していた

といえるでしょう。

確かに小学校の先生は、全科目を受け持つ為かなり忙しいというのは、よく聞く話です。だからといって、成績の為に頑張っている生徒や親御さんにとって、正当に評価されないのは、かなり酷い話です。

今後この女性教師並びに、小学校の先生方にはしっかりとした姿勢で評価して欲しいと思うばかりです。

スポンサーリンク

20代女性教師の名前は?

名前:不明

年齢:20代

職業:小学校教師

在住:不明

出身:不明

最終学歴:不明

今回名前に関しては、特定することができませんでした。しかし、勤務先は

高須小学校

といわれる公立の小学校らしいです。また、

1年生と6年生の担任でもあったそうです。そして、2016年度から採用されているとすれば、24歳が最低年齢でしょうか(短大卒と仮定)。

しかし現段階では、学歴や年齢に関しても不明点が多い為、分かり次第更新させていただきます。

スポンサーリンク

高須小学校ってどこ?

出典:http://www.onomichi.ed.jp/

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

こちらが、広島県尾道市高須小学校となっております。立派な校舎と、

努力

感動

感謝

と書かれたスローガンがあります。素晴らしい学校ですよね。また、HPの充実度もかなり素晴らしく口コミにも

  • 総合評価
    マンモス校でありながら、生徒に対してきめ細やかな対応を取ってくれる。ただ、山の上にあるという立地条件の悪さがマイナス点である。
  • 方針・理念
    保護者だよりなどに方針や理念が書かれているのだが、どうも読む気にならないし、学校に行った時もそれについて積極的なPRもされてないような気がする。
  • 授業
    分かりやすい授業を行うよう先生方が工夫してくれているので、生徒が授業中退屈することが少ない。高学年になったら習熟度別に授業を行ってくれるので遅れがちな生徒でも授業について行けるようだ。
  • 先生
    飴と鞭をうまく使い分け、生徒に対して真摯に向かい合ってくれる先生が多いように思う。担任を外れたり学年が変わっても生徒に対して学校内外でもよく声掛けをしてくれる。
  • 施設・セキュリティ
    マンモス校にありがちな、新校舎と旧校舎の差が激しく、旧校舎のトイレや水回り施設は使用をためらってしまう。
  • アクセス・立地
    山の上にあるので、保護者は車で行かざるを得ないが駐車場の絶対数が足りず抽選になったりする。そのため外れた人は徒歩や自転車等で行かなければならなくなり夏や冬は大変である。
  • 保護者関係(PTA)
    PTA役員さんたちの団結力が強く、みんなで協力して学校のイベントなどを盛り上げる等、教師と保護者の間の結びつきを強くしてくれていた。
  • イベント
    マンモス校故、小回りが利かないみたいでイベント自体は多くなかった。各学年で町探検や、公的機関の見学、宿泊を伴う野外活動があり、生徒は楽しみにしていた。

出典:https://www.minkou.jp/

このような良い口コミが書かれているほどです。公立の小学校で特に選抜も行われていないのに、かなり珍しいですよね。

場所はちなみにこちらとなっております。

 

スポンサーリンク

20代女性教師の顔画像は?

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

【顔写真】【発見せず】
こちらの方で顔写真やそれに準ずる

写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディア

も報じておらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

スポンサーリンク

みんなの反応

採点は可能な限り、子どもにさせるのが良いと思う。
もちろん、低学年などはできないかもしれないが、ある程度ものがわかる年齢からはそれで良いと思う
自己採点ではなく、隣と交換や学習班で交換して相互チェックなど方法はいくらでもある。

また宿題チェックは、家庭に任せるのも良い。保護者に学習内容がわかるし、親のサインの確認だけで済む。
特殊な事情で親に会えない子は担任がチェックすれば良いが、そんな事情を抱えている子は学校にいるかいないかだと思う

つまり、教員側の柔軟さで仕事はいくらでも減るし、慣習でなんとなくというのをやめれば、残業時間はかなり減らせる。

中学では当たり前だが、小学校でも教科担任制の導入を検討しているらしいが、そういう教員が楽できるシステムは絶対必要。
この意見に異論のある保護者は、学校に通わせず自分で子どもを面倒見るべきと思う。

同業者ですが、それに近い人はいましたね。終業式近くなって採点してないテストが何枚も見つかり、学年の先生が協力して採点してました。その人は確かに仕事が効率よくできない感じでしたが、毎日遅くまで一生懸命働いていました。
テストを返却するだけならすぐですが、解説や間違い直しをさせると授業を1コマ近く使うことになるので、確かに授業時数を削ることになりますね。普段の授業をゆっくり丁寧にやっていると、テスト実施や返却の時間がなくなってしまいます。
教員の仕事量にしても授業時数にしても、「効率よく、頑張ってやればなんとかできる」ではなく、ある程度「誰でも普通にできる」ようにしないと、採用倍率が下がり若手が増えていく今後は、こういった事例は増えていくと思います。

○大府市事件・名古屋地裁判決(平成 11 年 10 )「 校長は期末テストの日程を作成・掲示しただけで、問題の作成、テストの実施、採点 を命じてはいない。テストの作成、採点、今後の指導計画をまとめる作業は教師の 「自発的、自主的な意思に基づいて遂行されたもの」である」
という様な、判決がいくつかあります。
今回の教員は確かに資質に問題があると思いますし、採点・返却した方が明らかに良かったのですが、校長からきちんと「テストの採点・返却をしなさい」と命令があったのか、検証すべきかと。
・・・と考えるのはおかしいのかなぁ…。

緊急
ほんまに現場余裕ないよ?
いくら残業しても手当でないし。
日本滅んでしまえ
教育制度なんか、とっくに韓国、中国に抜かされてるし。こんな教育制度にいいかげんな国はない。

まぁ、定額働かせ放題ならそうなるわな。

おい、役人ども見てるか?
それとも、庶民どもの勝手は知ったことかってか?
まあ、上級国民達の中ではこんなこと起こらんわな。だって、そこの教員達はそれ相応の報酬が出てるからな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする