山口賢二の顔,経歴や家族(妻.子供)構成!院長が飲酒で出産手術の原因はアル中?愛知豊橋マミーローズクリニック


愛知県豊橋市の産婦人科・小児科医院「マミーローズクリニック」の男性院長(68)が飲酒後に出産手術をしていた事が判明しました。

この男性院長は、「別に酔っ払うほど飲んでいないので、お茶代わりに飲んでいた」と答えたようです。

なぜこのような事態になってしまったのでしょうか。

 

この男性医師について詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

愛知県豊橋市の産婦人科院長が飲酒後に出産手術(概要)

 

 初めての出産。しかも、難産の緊急手術を迫られた母親の前に、酒気を帯びた医師が現れた――。 【動画】「お茶代わりに飲酒していた」院長が釈明  愛知県豊橋市の産婦人科・小児科医院「マミーローズクリニック」の男性院長(68)が飲酒後に出産手術をしていたとして、市保健所が同院に注意喚起と改善を求めていたことが4日、保健所などへの取材で判明した。生まれた乳児は頭部に血がたまり、肺や心機能が低下して別の病院に入院し、一時生命の危機に瀕(ひん)した。憤る父親に院長は「別に酔っ払うほど飲んでいないので、お茶代わりに飲んでいた」と答えた。飲酒が手術に影響を与えたかは不明だが、厚生労働省は「常識的に考えてあり得ない」と話している。  出産に立ち会った40代の父親は取材に対し、「医師は赤ら顔で出産に立ち会い信じられなかった。人命を何だと思っているんだ」と話しており、刑事告訴や民事訴訟も検討している。  父親によると、母親の陣痛が強くなった7月25日午前5時半ごろ、2人はかかりつけの同院を訪れた。午後7時ごろ、分娩(ぶんべん)室に移り、午後8時ごろ、赤い顔でアルコールのにおいがする院長が現れたという。  毎日新聞は父親から院長らとのやり取りの音声データの提供を受けた。それによると、飲酒を問い詰める父親に対し、院長は「ビールは飲んでましたよ」「僕はいつも飲んでいました」などと説明している。  副院長は父親に「処置に問題はなかったと思う」と説明したが、同院は毎日新聞の取材に「この件についての取材はお断りしている」とコメントしている。

引用:毎日新聞

この夫婦は、2021年7月25日午前5時半ごろ、母親の陣痛が強くなり、かかりつけの同院を訪れたそうです。

午後7時ごろ、分娩(ぶんべん)室に移り、

午後8時ごろ、赤い顔でアルコールのにおいがする院長が現れたと言います。

 

乳児は無事に産まれましたが、

頭部に血がたまり、肺や心機能が低下し、一時生命の危機に瀕(ひん)したようです。

 

現在は他の病院で治療中とのことですので、緊急な手術だった事がわかりますね。

「マミーローズクリニック」の男性院長は当日が出勤日と知りながら飲酒したことを認めていますが、

しかし、謝罪するような態度ではなかったようで、父親は怒りを隠せない様子でした。

 

スポンサーリンク

 


山口賢二のプロフィール

 

 

 

名前:山口賢二

生年月日:昭和27年9月17日

年齢:68歳

住所: ー

職業:産婦人科専門医院長  

勤務先:愛知県豊橋市の産婦人科・小児科医院「マミーローズクリニック」

 

顔画像に関しては、こちらのHPにて確認ください。

 

 

スポンサーリンク

 


山口賢二の経歴

 

 

昭和27年9月17日:岐阜県恵那市にて出生

昭和53年3月:名古屋市立大学医学部卒業

昭和54年2月〜:厚生連昭和病院産婦人科勤務

昭和62年7月〜:名古屋市立大学医学部産婦人科助手

平成6年7月〜:名古屋市立大学医学部産婦人科講師

平成8年12月〜:豊川市民病院産婦人科部長

平成16年4月:豊川市民病院退職

平成16年6月:マミーローズクリニック開院

 

 

スポンサーリンク

 


山口賢二の家族構成(妻や子供)は?

 

 

山口院長には家族はいたのでしょうか。

63歳の院長は、結婚し子供や孫がいてもおかしくない年齢ですね。

 

マミーローズクリニックのHPでは、同じ苗字の女性副院長が確認できます。

クリニック開院も平成16年6月で同じですので、夫婦で開院された可能性も高いですね。

しかし現時点で、家族についての情報が公開されてませんので、引き続き調査いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

現場:愛知県豊橋市の産婦人科「マミーローズクリニック」はどこ?

 

 

報道の産婦人科はこちらです。

 

マミーローズクリニック

〒441-8006 愛知県豊橋市高洲町森下1

 

カモメ通りに面している、のどかな場所にある産婦人科です。

外観も綺麗で、口コミもよかっただけにこのような報道で、

妊婦さんが、通える病院が不祥事で報じられてしまうのは、非常に残念ですね。

 

スポンサーリンク

 

飲酒後に出産手術の原因は?日常的に飲酒だった?

 

 

急な手術やお産の可能性もある、産婦人科の院長はなぜ飲酒をしていたのでしょうか。

 

通常は副院長が緊急手術を受けていたそうなのですが、この日は不在だったため院長が対応したと説明していました。

 

しかし、その日、副院長が不在なことは、だいぶ前から確認できていたにもかかわらず、飲しゅしていたと話していましたので、管理はできていたはず。

 

ですが、山口院長はこのような説明をしていました。

 

別に酔っ払うほど飲んでいないので、お茶代わりに飲んでいた

 

「ビールは飲んでましたよ」「僕はいつも飲んでいました」

 

父親から院長らとのやり取りの音声データの提供を受け、このように答えていた事が確認できています。

 

僕はいつも飲んでいました

このような立場でありながら、いつも飲んでしまうのは、

緊急な時も考えず、それほど好きで依存してしまっている?とも感じてしまいますが、実際はこのような現場は意外にも多いとのコメントが多数ありました。

 

まず、お酒飲んだ状態で手術は良くないよ。ご家族が憤るのも当然でしょう。
ただ、それでもその人が手術せざるを得ない状況、体制だったかもしれない。
SEも24時間365日、トラブルがあれば呼び出されます。前の会社でも仕事が終わって友人と飲んでたら呼び出されて、顔真っ赤にしたまま会社に戻った事があります。あまりに休めないので、人を増やしてくれ、交代制にしてくれと言っても、コストメリットを提示しろと言われる始末でした。

体制の見直しや、どうやったらこの状況を回避できたのか、そこにかかるコストはどうするのか。それも議題の一つじゃないかなと。

 

看護師です。今のコロナ禍では、わからないですが昔は医者の集まりとか、症例発表会みたいなあとには酒を交わしたり普通にありましたよね。

医師の情報交換会みたいなのも大事だと思います。お酒がないと親睦が深まらなかったり、特に年配の医師だとMRの接待が当たり前の時代でした。集まりに酒がないのも物足りない気もしますし、個人医院なのだから仕方ないと思います。

 

 

この方も深酒していたら施術はしなかっただろう。医師の経験上軽い飲酒なら大丈夫だったのではないか?
昔、ある精密な部品を加工する職場の責任者(課長職)が少し飲酒したほうが仕事がうまく出来ると冗談まじりに話していた。同僚に聞けば実際に出来栄えは良かったらしい。
記事に「乳児は一時生命危機」とあるが「飲酒」と因果関係はあるのだろうか?私はオフに飲酒して緊急施術したからといって一概に責められるものでもないと思うが。

 

飲酒した院長が手術したから乳児は一時生命危機のような題名だけど、
生命の危機のため、緊急手術しないといけない状況だったので、飲酒してた院長が手術したんじゃないのかな?
手術してなかったら、その命助かったのかな?
泥酔してたわけじゃないだろうし。
予定手術なら問題だけど、緊急手術。しょうがないと思う。
なんか父親も残念。

 

 

ですが、出産した父親は怒りを隠せないようで、Twitterでは、このように説明しています。

 

白衣もつけず、分娩室へ入り 看護師から受け取った白衣がサイズが違ったらしく お産で頑張っている苦しんでいる妻の前で揉める!

 

安心して、命を預ける相手がこのような状態での出産では、不安でしかありません。

 

しかし、現場、病院の体制がどうなっていたのかにも問題があったとも言えますね。

 

常にでは、産婦人科医は365日飲酒ができなくなってしまいますから、このような場合、人材の確保などの対応が必要だったとも感じます。

 

詳細がもう少し必要な報道です。

 

続報にて詳細が分かり次第、追記したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

世間の声

 

Global Communications

 

私も個人クリニックで緊急帝王切開しました。
夜中の3時にも関わらず、子どもの心拍が弱くなってから数分で先生が駆けつけてくださり、速やかに説明。さっきまで当直の助産師さん2人だったのが、気づけば麻酔科の先生や看護師さんがたくさん揃っており、すぐに手術をしてくださりました。
前の晩も翌朝も通常通りの診察や出産があっただろうに、感謝でいっぱいでした。
当時先生がひとりだとちょっとした旅行にすらいけないのだなと思いましたが、記事を読んで先生は少しの飲酒すらできないことにも気付きました。
3年後、第二子を出産のために問い合わせたところ、先生の体調不良で婦人科のみになっていました。
記事のようなことはゾッとしますし擁護する気はないのですが、本当に大変な職業なのだなあと痛感します

 

 

24時間いつでも起こり得るのがお産。
そうなると開業の産科医は代役を準備している時間帯意外は酒を飲んだらいかんということになる。

匂いがプンプンするほど飲むのは問題外だが、多少酒が入った状態で呼び出される開業医は産科に限らず少なくないのが現実でしょう。このニュースを聞いて焦っている産科医は多いのでは。

ろくにその辺の法整備もしないで「ありえない」と現場を切り捨てる厚労省の対応もいかがなものか。

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)