八木下海斗は野球バカ?facebook,家族は金持ちでボンボン、大学、中学特定!の評判は?


児童相談所職員が

傷ついた子供に邪な視線を向けるのが

当たり前になってきているような事件です。

容疑者について、詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

事件概要

 

 5月26日、神奈川県警は横浜市中央児童相談所の職員2人の逮捕を発表した。冒頭の八木下容疑者は中学3年生のA子さん(14)と今年4月15日、横浜市内のホテルで性交したという児童福祉法違反の疑いでの逮捕だった。  もう1人の逮捕者は、同県茅ケ崎市に住む大野正人容疑者(27)。昨年10月30日、高校2年生のB子さん(16)と横浜市内のホテルでわいせつな行為をしたという県青少年保護育成条例違反の疑いだった。A子さんもB子さんも、かつて同児相に一時保護されていて、すでに退所。子どもたちと職員が連絡をとることは禁止されているが、容疑者たちはSNSなどを通じて彼女たちと接触したのだ。  被害者たちは、彼らと会った理由について“相談に乗ってほしかった”だけで、“性的な関係になることは望んでいなかった”と話している。  児相職員という立場を悪用して、少女たちに近づいて性的行為に及ぶという悪質極まりない犯行といえるだろう。  同児相は、週刊女性の取材に対して、 「2人が同時に逮捕されたのは、まったくの偶然です。八木下容疑者は勤務2年目で、これまで特に問題を起こしたことはありませんでした。非常に明るくて、子どもさんには慕われる職員。  大野容疑者は4年目で、やはり特に問題はなかった。きちんと子どもさんに向き合うことができる、まじめな職員だったのですが……。指導が甘かったと指摘されてもしかたがありません」  と反省の弁を述べた。  横浜市のこども青少年局にも話を聞くと、 「本来であれば子どもを守るべき立場にある職員が逮捕されたという事実を重く受け止め、速やかに事実関係を確認のうえ、厳正に対処していきます」

https://news.yahoo.co.jp

一部抜粋

神奈川県警は、県内の児童相談所の職員、

八木下海斗容疑者(23)を

児童福祉法違反(児童に淫行させる行為)容疑で、

 

別の職員の大野正人容疑者(27)を

県青少年保護育成条例違反

(わいせつな行為)容疑でそれぞれ逮捕しました。

 

 

容疑の細かな内容は、児童相談所(児相)で

一時保護された10代の少女と

性的な行為をした、とのこと。

 

 

容疑者2人はいずれもこの児相の職員で、

一時保護所で日常の生活指導などを

担当していたということです。

 

報道では、八木下容疑者は今年4月、

横浜市内のホテルで、

10代の少女と性交した疑いがあるとされ、

 

大野容疑者は昨年10月、

同市内の別のホテルで、

別の10代の少女の体に触るなどの

わいせつな行為をした疑いがあるとのことです。

 

 

この二人は、共謀していたわけではなく、

それぞれが別の女性に、

別々にわいせつな行為をしていた、

ということですね。

 

 

同じ児童相談所内で、

別々の同じような犯罪が起きるとは…。

 

本来子供たちを保護する場所が

子供たちをさらに陥れるような、

恐ろしい場所に成り果てている、

とされても、

おかしくない事件となりました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


事件の発端

出展:TBS

八木下海斗容疑者と大野正人容疑者は、

一時保護中にそれぞれ10代の少女と

出会ったようです。

 

一時保護される、ということは、

家庭環境に何らかの問題があり、

彼女たちは心から傷ついている、

ということ。

 

一時保育先で、生活指導などを

担当していた容疑者らに優しくされ、

心を開いてしまったのでしょうか。

 

一時保護されている場所でなら、

ホテルに出向くことなどできません。

 

しかし、彼女たちは一時保護所を出ています。

本来ならば、ここで容疑者らとの関係は

途切れるはずだったのですが、

 

八木下海斗容疑者と大野正人容疑者は

SNSを通して少女たちと連絡を取り

ホテルで会ったというのです。

 

被害少女たちは、

「優しく対応してくれた2人との関係を

崩したくなかった」と述べているため、

優しくして相手に漬け込むことで

自分に依存させ、

断れないようにしていたのでしょうか。

このような下心ばかりの人間が

児童相談所にいるとは思いたくありませんが、

一定数、こう言った者がいることも

事実です。

本当に残念でしかありません。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


八木下海斗の家族は?

実は、八木下海斗の実家は横浜市の大地主で、

1300平米を超える敷地内に豪邸が立っているとのこと。

 

家族構成は、祖母、母、姉と本人の四人で、

姉はクラシックギターを教えている姉との4人暮らし。

中華料理店を経営していた父親は、

2年前に50代の若さで突然亡くなってしまったそうです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


実家はどこ?

 

報道では、住所について、

横浜市鴨居7とあったので、探してみましょう。

 

報道の様子では、

あまり住宅街にある、

というようには感じられません。

とすると、ひらけた土地にある

豪邸、ということになるのでしょうか。

航空写真で見てみると、確かに

ひらけた土地があります。

ですが、そこには数軒の家が建っています。

https://www.jprime.jp

報道ではモザイクがかかっていますが、

やはり周りに家は見えませんね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

八木下海斗の大学特定!

https://www.dcu.ac.jp/school/child/future/index.html

八木下容疑者の出身大学は、田園調布学園大学。

こちらは、本人と思われるTwitterから

特定したものです。

プロフィールに鴨居と書いてあり、

旭陵12期となっているので、

高校は横浜旭陵高校。

年齢から言っても、この「やぎしたかいと」は

本人のことと思われます。

さらに、ここには「

DCU こども未来学部学科 」とあります。

 

DCUとは田園調布学園大学の略称です。

つまり、八木下容疑者の出身高校は、

横浜旭陵高校。

出身大学は、田園調布学園大学、

ということになります。

 

 

 

 

スポンサーリンク

適当な大学でも入っておけ

 

https://www.dcu.ac.jp/overview/about/index.html

高校時代の同級生の話では、

八木下容疑者は、

あまり勉強ができる方ではなかったようです。

 

ですが、当時はまだ存命だった

父からの言葉なのか、

「適当な大学に入っておけ」というような

とりあえず大学へ、という言葉で

滑り込んだようだ、という話でした。

 

つまり、もともと子供に対して

何か特別な思い入れがあって

この大学や学科を選んだわけではない、

ということですね。

 

別の意味の特別な思い入れなら

あったのかもしれませんが。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

やんちゃ、遊び人

中学の頃はやんちゃ、というイメージが

持たれていたらしい八木下容疑者ですが、

大学に入り、遊び人という印象に

変わってしまったようでした。

 

持っていた車やバイクなども、

かなり高額なものばかりで、

どうやっても、児童相談所の職員、

という仕事で簡単に買えるものでは

ありません。

 

甘やかされていた、という印象も

強かったようです。

その中で今回の事件に繋がっていくような

遊びも覚えたのかもしれません。

祖母へのインタビューでは、

母親も優しくしすぎたのでは、

という話がありました。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

児童相談所はどこ?

出典:TBS

二人の容疑者が所属していた

児童相談所は、

横浜市中央児童相談所

場所を見てみましょう。

 

 

ここが、容疑者が勤務していた児童相談所です。

虐待のホットラインなども設置されているのですが、

ここを拠点として二つも事件が起こってしまうとは…。

 

 

 

 

スポンサーリンク

逮捕時の報道顔画像は親の圧力?

 

 

https://news.yahoo.co.jp

実は、逮捕時、なぜか八木下容疑者の写真は

公開されませんでした。

なぜ、同時期に二人逮捕されているのに

大野容疑者の画像しか出なかったのか。

これも、一族が大地主、ということを考えれば、

マスコミに何らかの圧力がかかった、

と勘ぐってしまいますよね。

 

スポンサーリンク

ネットの反応

 

 

 

 

 

 

 

「採用時にふるい落とすことができていない」と書かれているけど、学生時代に運動部で活動していて、大学は教育学部、大型バイクでレジャーを楽しむ青年なんて、誰が見ても好青年でしょう。どうやったら採用を阻止できるのか知りたい。

 

 

裕福な家庭とか貧乏な家庭とかあまり関係ないと思う。貧しい家庭で育った奴でも悪い奴はたくさんいると思う。肝心なのは自分自身だと思う。今回は少女達が勇気を持って告白したから発覚しただけで他に余罪があるかもしれない。

 

この手の男は同世代の女性には対応できなかったコンプレックスがあって自分より弱い立場、反抗出来ない相手を選ぶタイプが多い
児相はそういう弱った相手を探るには格好の場だった訳だな
父親が亡くなってから祖母と母親と姉に囲まれた中の男一人の生活では常に女が強い家庭環境で尚更性格が歪み易い環境だったのかも知れない
祖母もまた「私が何とかしなきゃ」なんて考えて手出ししてたら治らないと思うぞ
下手に干渉しないで経済的にも自立させ一人暮らしさせた方がいいんじゃないか

 

 

実際おかしいと思える行動をどれだけ周りが把握できるかって怪しいと思う。
人手が足りないと言われているが、こういった行動を相互監視できるようなシステムを取りいれて二度と繰り返さないようにしてほしい。ただでさえ色々言われているのに、ますます色眼鏡で見られて動きにくい状況を加速させてしまうように思う。現職の方々には頑張って頂きたい。
勿論、この児相職員には厳罰が下りますよう。

 

監視の目が甘い
性善説に任せた監視体制では被害はなくならないのは毎年ニュースでわかるはず
今は性弱説に則り、より厳密な監視体制を整えるべきだ
起きてからでは遅いし、何より子供は守るのが大人であり、危害を加えるなど、あってはならない

 

採用時にふるい落とすしかない?ではどうやって??
個人の性癖を確認するということは、かなり深い個人的な質問を面接でするということになるが、そういう質問をすればすぐに「人権問題だ!」と言われるんじゃないの?
家族構成の質問や、読んでいる新聞、雑誌でさえ今はおおっぴらにはできないんですよ?
ましてなんでもない人に精神鑑定なども強制できない。
職場で仕事をする態度や自由時間の過ごし方を注視するしかないが、それだって自由時間の過ごし方のチェックはプライバシー、人権の侵害と言われてしまう。
難しい時代になりました。

 

小中学校の教員にも教え子と結婚する者がいたが、それらはどうなの?
こういう職は女子や既婚者にやらせた方が良くないか?家族のことや親であったりすることが、幾らかのブレーキになるのでは。

 

職場の指導が甘かったとか
家庭の躾が甘かったとかいう
問題ではないと思う。

心が弱っている時に、助けを求める場所に
このような人間がいるなんて…
考えただけでゾッとする。

 

福祉職の採用はどこの市でも少なく、横浜市のような大都市であれば、競争も相当なはず。有名大学出身者が多く、大学での成績も高レベルが求められる。記事は、盛ってる部分があるだろうが、この容疑者のような学力、成績レベルでは到底採用されない。実家が資産家だというし、親の偏愛も感じられるので、もしかして採用自体に不正があったのではないか。

 

どんなに家族が庇っても、

世間の目は厳しいです。

 

それだけ許されないことをした、

という、紛れもない事実。

 

心が弱っている女の子に

偽の優しさで漬け込み

 

己の欲望だけを満たした罪は

果てしなく重いですね。

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)