柳生豪士の顔やFacebook!勤務先や家族(妻・子供)は?事故現場はどこ?小1男の子はねる,岐阜関


10日夕方5時過ぎ、岐阜県関市で横断歩道を渡っていた小学1年の男の子がはねられる事故がありました。

この事故で男の子は重傷、車を運転していた柳生豪士容疑者(27)は逮捕されました。

容疑者について調べてみましたので見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

 

10日夕方、岐阜県関市で横断歩道を渡っていた小学1年の男の子を乗用車ではね、足の骨を折るなどの大ケガをさせたとして27歳の男が逮捕されました。  10日午後5時すぎ、関市千疋の県道79号線で、横断歩道を渡っていた小学1年の男の子(7)が左から来た乗用車にはねられました。  この事故で、男の子は左足を骨折したほか頭を打撲する重傷を負いましたが、命に別条はないということです。  警察は乗用車を運転していた愛知県尾張旭市の会社員・柳生豪士容疑者(27)を過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。  調べに対し、柳生容疑者は容疑を認めています。  柳生容疑者は買い物に向かう途中だったということで、警察は当時の詳しい状況を調べてています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

10日午後5時すぎ、関市千疋の県道79号線の横断歩道を渡っていた

小学1年生の男の子(7歳)が左から来た車にはねられました。

 

この事故で、男の子は左足を骨折、

頭を打撲する重傷を負いましたが、

命に別条はないそうです。

 

後遺症が残らないことを祈ります。

 

また、柳生豪士容疑者(27)が逮捕され、

容疑を認めているようです。

 

容疑者のプロフィールから見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 柳生豪士のプロフィール!顔画像!

 

名前:柳生豪士

年齢:27歳

住所:愛知県尾張旭市

職業:会社員

容疑:過失運転致傷

 

顔画像については公開されていませんでした。

顔が報道で出ましたらこちらにも記載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 柳生豪士のSNS(Facebook、Twitter、インスタグラム)

 

容疑者のSNSについて調べてみました。

 

Facebookにて「柳生豪士」と調べると、

1件のアカウントがヒットします。

 

愛知県尾張旭市出身となっており、

容疑者と一致しています。

 

また、投稿内容にある大学卒業の年から計算すると

浪人や留年などしていなければ

現在の容疑者の年齢とも一致する可能性があります。

 

しかし、現時点では容疑者本人のアカウントのものとははっきり

特定できませんでしたのでこちらへの記載は控えさせていただきます。

 

Twitterには鍵アカウントですが、

Facebookと同一人物とみられるアカウントはありました。

こちらも特定できていません。

 

インスタグラムには同姓同名アカウントは

見つかりませんでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 勤務先の会社は?

 

会社員と報道されていますが、

詳しい職種など明かされておらず、

会社名などはわかっていません。

 

何かわかりましたらこちらに記載いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 家族(妻・子供)は?

家族については何もわかっていません。

結婚しているのでしょうか?

もし家族がいればショックを受けているでしょうね。

 

何かわかりましたらこちらに記載いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 事件現場はどこ?

 

事故現場は関市千疋の県道79号線のようです。

映像で確認すると、横断歩道に信号はついていなかったようですね。

 

ちゃんと横断歩道を渡っていたのに

轢かれてしまうなんて小学生がかわいそうです。

 

何が原因で小学生の存在に気が付かなかったのか

続報が気になります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 世間の声

 

左から来た車なら、子供は半分以上渡っています。子供の速度が時速5キロ、車の時速が60キロなら、12倍です。子供が道路の半分以上渡っているので、4メート位は進んでいます。逆算すれば、子供がわたり始めたときには、車は横断歩道の手前48メートルの所にいたことになります。横断歩道はわたる人がいれば停まらなければなりません。なぜ止まらなかったのかな。

 

ベランダから信号のない横断歩道みえるので、洗濯干しながらボーッとよくみてるけど、
歩行者がいて止まる車なんて体感的には1割もいないかと。
まぁ誉められたことではないよねぇ。
片側だけが停止しても、反対側はビュンビュン余計危ないことも多々。

 

歩行者も、確認して渡る必要がある時代です。確認もせず、渡る人が多いです!
渡り方は、小学生で習います!
必ず車が止まってくれる世の中ではないということです、実感する毎日です。

 

最近よく言われてる、信号機の無い横断歩道で歩行者が居たら車は止まれっての、こちらが止まっても対向車側は平気に走って来るし、小さい子供達はよく確認せず止まってくれたから早く渡らないとって安全確認せず走って渡ろうとしたり、止まってたら後ろの車から早く行けクラクションがなったり、と、ちょっとめんどくさいんよな。

 

スマホですね、厳罰を!

せめて命が失われなかったことは幸いですが、横断歩道をきちんと渡っていた一年生、可哀想です。
大怪我…早く回復しますように。

 

私は元警察官ですが若い頃から「ハンドルを握れば運転に集中」を徹底しています。だから運転しながら音楽やラジを聴いたり同乗者と話をすることもほとんどありません。どうしても運転に対する集中力が低下するからです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)