山上徹也の生い立ち(出身)や大宮町自宅マンション!職業や両親(父親・母親)は?奈良|安倍元総理襲撃事件

自民党の安倍晋三元首相(67)が7月8日午前11時半ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅前で街頭宣説中、不審な男に背後から銃撃され亡くなられ事件。

犯人は、奈良市の山上徹也(やまかみ てつや)容疑者・41歳です。

その場で現行犯逮捕されましたが、フェイクニュースとも思われる、前代未聞の事件。

山上 徹也とはどのような人物なのか、山上哲也の生い立ちや大宮の自宅マンション、経歴などについてまとめました。

 

 

スポンサーリンク

山上徹也:生い立ち

 

引用:Twitterより

 

山上徹也容疑者は、2022年7月8日午前11時半ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅前で街頭宣説中の安倍晋三元首相を銃撃しました。

このようなテロ行為を起こした山上哲也とはどのような人物なのか、生い立ちについても注目されています。

まずはプロフィールをまとめます。

名前:山上徹也(やまがみ てつや)

年齢:41歳

住所:奈良県奈良市大宮

職業:無職・元海上自衛隊(2002〜2005年在籍)

容疑:殺人未遂の疑い

経歴や学歴・高校や大学に関しての情報は明らかになっていません。

高校は奈良県大和郡山市内の県立高校を卒業

追記

続報にて生い立ちについても明らかになっています。

山上容疑者の母親は奈良市内で育ち、結婚をし三重県に嫁いたようです。

山上容疑者は兄、3歳下の妹の3人兄弟で妻子を残し、父親は早くに亡くしなっています。
(原因は明らかになってませんが、急死であった点から原因は病気だったとも考えられます)

また母親の知人は父と母は不仲だったと話していました。


父を亡くした山上一家は、母方の祖父が1人で住んでいた奈良市平松の一軒家に移り住みます。

頼りにしていた祖父も亡くなり、一家は事件現場に近い西大寺近辺など引っ越しをくり返しますが、金銭的に余裕もなくなり、約15年前に再び、奈良市平松の一軒家に帰ってきたようです。

 

35年前から道路を挟んだ向かいに住んでいる男性も、母親とは顔を合わせればあいさつをするが、山上容疑者らしき男性の姿は「見たことがなかった」といい、山上容疑者はほとんど姿を見せていなかったようですね。

 

山上容疑者を知る近隣住民が幼少期について

「非常におとなしかった」

「引きこもりがちだった」

このように話していました。


物静かな人だったという母親に似たのか「非常におとなしかった」

「男の子がいた記憶がない」という人が多く、
「外にあまり出ていなかった」

 

5歳で父親に先立たれ、また、父親が割ともなったであろう頼りの祖父もなくし、兄は自殺。
母は宗教にのめり込み、破産で大学の中退、こういった複雑な家庭環境に育った山上容疑者は経済的に苦しみ、苦労を重ねる生活だったことでしょう。

 

そんな山上容疑者ですが、今回の事件の動機について

『殺そうと思ってやった』

「安倍元首相の政治信条に対する恨みではない」

『政治的信条以外の安倍元総理の態度に不満を持っていた』

このように供述していました。

その後、事件の動機が徐々に明らかになり、
母親が信者だった”ある特定の宗教団体”に恨みがあったことが明らかになります。

親族はこの動機に関し、このように証言しています。

「その宗教団体のせいで家族がめちゃめちゃになってしまった」

母親が信者となっていた、”ある特定団体”への恨みですが、なぜ山上容疑者が安倍元総理を狙ったのかに関しては、

「安倍元首相がその特定団体と繋がりがあると思い狙った」
と供述していることもわかりました。

事件ん当時はなぜ狙われたのかが疑問視されていましたが、この供述からも、初めから安倍元総理を狙った犯行であることが明らかになっています。

 

 

こちらには、山上容疑者の事件前の姿が捉えられていて、挙動不審な様子が伺えます。

 

事件目撃者は、事件後の山上容疑者の様子について、冷静だったと話しています。

また、所持していた散弾じゅうとみられていたものは手製の銃と判明。

まさに計画的犯行だったとみられていますね。

相当な準備などをしてきた可能性も高いでしょう。

 

使用された銃器は散弾銃だと報じられたが、奈良県警は「拳銃」だと発表。今回の事件は海外メディアでも大々的に報じられ、現地のミリタリー専門家なども武器について分析している。自作銃との説が濃厚だ。ある海外のミリタリー専門家はこう分析する。 「写真を見る限り、2本の筒をビニールテープでぐるぐる巻きにしたような歪な形状です。銃身を切り詰めて至近距離での殺傷力を上げた“ソードオフ・ショットガン”を自作したものではないでしょうか。3Dプリンタを使って制作した可能性もあります」  元海上自衛官だとすると、銃器の扱いや構造などに詳しかった可能性がある。武器の入手経路も含めて、警察の捜査が続いている。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

※続報にて、「数か月前から事件を計画していた」との供述が報じられています。

 

また事件前には、5チャンネルの掲示板に、山上徹也容疑者であろう疑わしい書き込みも確認されていました。

2022年7月8日の朝7時19分に、某所でまあまあ大きな出来事が起きる

そんなような夢をみた

 

しかしこちらは、夢と締め括られていることからも、事件と関連があったかについては、現時点では不明です。

脅迫のメッセージはなかったとも報じられていたので、無関係であるとも考えられますね。

続報が続いている状態ですので、今後も生い立ちについては報じられることでしょう。

※容疑者と同姓同名である、群馬大学の准教授がHITしますが、事件とは関係のない人物と思われますのでご注意ください。

 

追記

  • 続報にて、前日の夕方ごろ急遽、安倍元総理の演説場所が変更されていたことが新たにわかりました。
     
  • また、日刊スポーツでは
    〈電話は安倍氏が遊説する場所などについてたずねる内容で、不審に思った関係者が理由を聞くと、電話は切られたという〉

と報じられていまが、この電話は山上容疑者であったのでしょうか。

特定の宗教団体に恨みがあり犯行に及んだ、山上容疑者。

しかし、どようなことがあっても決して許される行為ではありませんね。

 

関連記事

山上徹也 Facebookに関してはこちら。

山上徹也 twitter、インスタに関してはこちら。

山上徹也の高校に関してはこちら。

スポンサーリンク

 

山上徹也の自宅:大宮町のマンションはどこ?※シティホームズ大宮

 

山上容疑者の自宅は奈良市大宮町のマンションと報じられました。

 

 

山上容疑者の住んでいた奈良市大宮町の自宅マンションは
事件のあった大和西大寺駅から近く、300メートル南東に進んだ場所です。

 

電車で9分・自動車で12分の距離です。

 

 

現時点では外観がまだ報じられていませんが、まもなく、報道陣などが集まり、マンション特定も時間の問題かもしれません。

追記
報道映像より奈良市大宮の自宅マンションが特定されています。

山上徹也の自宅住所はこちらです。

 

シティホームズ大宮
〒630-8115 奈良県奈良市大宮町3丁目1−18
 

 

また、事件現場までは電車できていたことも明らかになりました。

 

その後の山上哲也自宅マンションの家宅捜査では、
爆発の危険性がある物体が見つかり、爆発物を取り扱う専用車で搬送されましたが、その後新たに今までとは違った爆はつ物が発見されており、近所へ避難指示が出されていました。
 
 
これらの爆発物に関して、山上容疑者は
自作の銃を作る前に「爆弾を作って殺すつもりだった」

「実験してみたら自作の爆弾では殺せないことが分かった。それで銃を作り始めた」

「銃1丁に3本の筒がついている。1本の筒に6発の弾丸が入っている」

「今年の春ごろにはできていた」

 
 
と供述していることも新たにわかっています。

 
 
また、この自宅マンションでは、遅くとも昨年秋ごろから工作音が聞かれていたこと、同じマンションの住人への取材で判明しています。

何かを切るようなキュイーンという音で電動工具の音と非常によく似ていたと
話していました。
 
 
山上容疑者の部屋からは、犯行に使われたものと筒の数などが異なる複数の手製銃が押収されています。
この音はここ2、3カ月は全く聞こえなくなったといい、山上容疑者も爆弾の後に取り掛かった銃の製作について「今年の春ごろには完成していた」と説明していることからも、この住民の男性の証言と一致していました。

 
山上容疑者は、自作の凶器は一丁だけではなく複数作っていたようです。
 
やはり念入りの準備がなされていたようですね。
 

 

スポンサーリンク

【勤務先】山上徹也の職業は「元海上自衛隊」※大阪の人材派遣会社

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

山上容疑者の経歴ですが、職業に関しては、元海上自衛隊と報じられています。

2014年から2017年の間、在籍していたようです。

山上徹也​容疑者は、2002年から2005年までの3年間、任期付きで海上自衛隊に所属していたようです。

 

どのような訓練を受けてきたのか、銃を取り扱ってきたのかさえ不明の現状ですが、元海上自衛官だとすると、銃器の扱いや構造などに詳しかった可能性があるようですね。

 

海上自衛隊の最高指揮官は、内閣総理大臣ですので、その関連もあるのか調査しましたが、容疑者が所属していた時期の総理は安倍さんではなかったため、こちらは関係していないでしょう。

その後、海上自衛隊を退職後は、測量会社でアルバイトをしながら、宅地建物取引主任者
や2級ファイナンシャルプランナーなどの資格取得に励んでいました。

 

2020年〜2022年5月までは、大阪府の人材派遣会社に勤務し、フォークリフトで荷物を運ぶ仕事をしていました。

ここでは初め真面目な印象だったといいますが、次第に指示もきかず自分勝手な行動をするようになったといいます。

そして体調不良を訴え、退職届をだし、有給を消化し2022年5月に退職をしたようです。

 

武器の入手経路も含め、引き続き警察の捜査が続いているので、今後人物像に関してもさらに、明らかになりそうです。

また山上容疑者の国籍も注目されていますが、山上容疑者は日本人です。

なぜなら、山上容疑者は元海上自衛隊で、海上自衛隊は日本人のみが入隊とされている為です。

 

経歴についてはこちら。

高校に関してはこちら

スポンサーリンク

 

【家族構成】山上徹也の両親(父親・母親)兄弟は?

 

山上哲也の家族や両親は今回の事件を知りどのような思いでいることでしょうか。

あくまで、容疑者本人の事件ではありますが、家族にも迷惑がかかってしまうことは間違いありませんね。

 

すでに、このように、同級生と名乗る人物の書き込みもあります。

今後、山上徹也に関係する、家族や両親、きょうだい、また同級生などへのマスコミ各社の調査が行われるでしょう。

 

追記

山上徹也容疑者の実家は奈良市であることがわかりました。

山上徹也容疑者の奈良市内にある実家には、母親とみられる女性が一人で住んでいることも判明。

 

近所の20代女性はこのように証言しています。

「2週間前の日曜日、山上徹也容疑者と思われる人を久しぶりに見た感じ。私服で、自転車に乗って外出から帰ってきた感じだった。それまでも昔に見たことはあったが、最近は見なくなっていた。近所付き合いはなかった」

 

また、その後家族構成や兄弟に関しても明らかになっています。

 

  • 母親
  • 妹(山上徹也より3歳年下)

※父親・祖父は死去
 兄は、5、6年前に自殺

母子家庭できょうだいはお兄さんと妹さん。事件を起こしたのは次男です。長男が神経質で、うちの子どもがキャッチボールをしていたら、お母さんが何度も『うるさいから、やめてくれ』って怒鳴り込んできた。長男は5、6年前に亡くなりましたが、自殺だったようです。次男が30代の頃。その時以来、次男の顔は見ていません。妹も家を出て行き、次男もほとんど家には寄り付いていなかった」

引用:https://news.yahoo.co.jp

 

山上徹也の実家に関してはこちら。

スポンサーリンク

山上徹也,母所属:特定の宗教団体とはどこ?名前は?※「統一教会」

引用:Twitterより

山上容疑者は事件の動機の関してある特定の宗教団体の名前を挙げ、

「安倍元総理がその宗教団体と関係があると考えていることから、殺そうと思った」

という趣旨の供述をしています。

「山上徹也の狙った特定の宗教団体はどこ?どの宗教団体?」という声も多数上がっていましたね。

現時点ではネット上で、次のような名前が挙げられています。

 

7ニューノーマルの名無しさん
2022/07/08(金) 16:51:00.87
ID:19kS/Uw60

統一教会か

統一教会か

 

20ニューノーマルの名無しさん
2022/07/08(金) 16:51:24.03
ID:JXmDninP0

統一教会じゃんwwwwww

 

統一教会じゃんwwwwww

 

31ニューノーマルの名無しさん
2022/07/08(金) 16:51:40.35
ID:VacB9RS60

ネトウヨが統一教会幹部を狙った犯行か

ネトウヨが統一教会幹部を狙った犯行か

 

5ceでは、統一教会の他に、「天理教」や「創価学会」、「などの名前も挙がっていましたのでさまざまな情報が、拡散されている状態です。

 

 

現時点では、この情報に関しても調査中ということで、明らかにされていません。

またさらに、山上容疑者が政治家を襲撃していることで、支持している党はあるのかども注目されていましたが、現時点では不明です。

追記

山上徹也が供述した宗教団体は旧・統一教会(世界平和統一家庭連合)と報じられました。

 山上容疑者は「宗教団体のメンバーを狙おうとしたが、難しいと思い、安倍元総理を狙った」と報じられてきたが、この宗教団体は、旧・統一教会(世界平和統一家庭連合)である。かねてより霊感商法や集団結婚で話題になってきた新興宗教だ。  山上容疑者は「自分の母親が統一教会の信者で、安倍晋三が統一教会と親しいと知って狙った」と供述している。  なぜ山上容疑者は、統一教会と安倍氏と接点があると考えたのか? 統一教会系の政治団体「国際勝共連合」は、1968年に創設された保守系グループであり、自民党の保守系議員とも密接な関係があると言われる。ネット上では、かねてより安倍氏と勝共連合の関係が取り沙汰されてきた。  統一教会と敵対関係にある日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」では、昨年9月12日、旧統一協会系の天宙和連合(UPF)の集会に安倍氏がオンラインで出席し、「今日に至るまでUPFとともに世界各地の紛争の解決、とりわけ朝鮮半島の平和的統一に向けて努力されてきた韓鶴子総裁をはじめ、皆さまに敬意を表します」と発言した模様を報じている。  保守系政治家の雄であった安倍氏と統一教会との接点は、かねてより永田町関係者では公然の秘密だった。たとえば安倍氏と近いある参議院議員の場合は、「統一教会丸抱え」と言われるほどの密接の関係にあり、統一教会幹部も「あの議員はうちの票で当選できている」と認めるほどだった。
引用:現代ビジネス

山上容疑者のお母さんは、いつしか統一教会に入信して熱心に信仰するようになり、奈良の統一教会に頻繁に出かけて、とても熱心だったよう。

 

母親の破産や、山上一家の転居、山上容疑者の大学中退
母親の知人や、高校の同級生の証言によると、これらは統一教会に対する過剰な献金が原因ではないかと言われています。

 

スポンサーリンク

安倍晋三元首相銃撃事件

自民党の安倍晋三元首相(67)が8日午前11時半ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅前で街頭宣説中に不審な男に背後から銃撃された。安倍元首相は意識不明で心肺停止状態だという。 維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない  銃撃した奈良市の山上徹也容疑者(41)はその場で警察に身柄を取り押さえられ、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。  現場では「2発の銃声が聞こえた」「男が背後から散弾銃のようなもので安倍氏を狙い撃ちした」との情報も。  ネット上には、《2発のうち1発が外れたとき、誰も安倍さんのところに保護にかけつけていない》《SPは何をしていたんだ》《厳重に警備していただろうに…》《要人は防弾チョッキをつけないといけないな》という声とともに、安倍元首相が血を流して仰向けになっている様子や犯人が身柄を確保された瞬間の写真もあげられている。  元首相が銃撃されるという衝撃の事態を受け、テレビ各局は番組の予定を変更して現地からの情報を速報している。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

安倍元総理は発砲事件当時、「大和西大寺駅」で応援演説を行っていて、現場には30人がいたということです。

 

演説を行っていた安倍元総理が銃で首の右側を撃たれ、心肺停止の状態です。

 

警察などは、襲撃現場の状況や容疑者について詳しく調べています。

 

 

 

追記

安倍元総理が亡くなられました。

ご冥福をお祈りいたします。

 安倍晋三元首相が8日、奈良県奈良市の近鉄大和西大寺駅前で街頭演説中に銃撃され、病院に搬送されたが、午後5時3分、失血死のため死亡した。67歳。奈良県立医科大学附属病院の医師が発表した。  病院の説明によると、ドクターヘリで午後0時20分に病院に搬送されたが、到着時に心肺停止状態だった。大量の輸血を行ったが、蘇生はならなかった。銃創は心臓まで達する深さだったという。  戦後日本の首相経験者が襲撃を受けて死亡したのは初めて。戦前では、伊藤博文元首相、原敬首相、浜口雄幸首相(いずれも肩書は当時)の例がある。  安倍元首相は1954年9月12日生まれ、東京都出身。母型の祖父に首相経験者の岸信介、父に外務大臣などを務めた安倍晋太郎を持つ政治一家に育ち、93年の衆議院議員総選挙で山口1区から出馬し初当選。2003年10月に発足した第3次小泉改造内閣で初入閣した。  06年9月20日に自民党総裁に就任し、戦後史上最年少で第90代内閣官房長官に指名された。その後、12年12月26日~20年9月16日まで3代にわたって内閣総理大臣も務め、在任期間は歴代最長の3188日を数えた。
引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

事件当時の様子についてはこちら。

 

 

スポンサーリンク

 

世間の反応

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)