山口県立柳井商工高/”自殺映画はリゼロ”男性教諭の顔画像名前Facebook!

山口県立柳井商工高(柳井市)の60歳代男性教諭

山口・柳井市の山口県立柳井商工高

に勤める男性教諭(60歳代)が、

授業中に「高校生がつぎつぎ自殺する」映画を

高校生である生徒に見せたそうです。

高校の実態は?

教員の顔名前は?

連続自殺の映画とはなに?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュースまとめ!!

 

 

 山口県立柳井商工高(柳井市)の60歳代男性教諭が2月中旬、授業中に授業内容と関係のない映画を生徒15人に鑑賞させていたことが分かった。保護者が県教委に指摘して発覚。学校側は非を認めて教諭を口頭注意した。

 同高によると、教諭は建築・電子科建築コース2年の「製図」の授業中、自身が登録している動画サイトを通じて約1時間半にわたって映画を上映した。高校生が次々に自殺していく内容で、教諭は学校側の調べに「一部の生徒から要望があり、息抜きのつもりで見せた。軽率だった」と述べたという。

 城浩敏校長は「授業に関係のない教材を扱うのは適切ではない。再発防止に努める」とコメントした。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

山口県の商業・工業系の高校で、

製図の授業中にも関わらず、担当教員が

高校生が自殺していく内容の映画を見せました。

高校生からしたら、同年代のキャラクターが自殺をするなんて

非常に衝撃的ですよね。

これがトラウマになってしまった生徒もいるかもしれません、

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

山口県立柳井商工高等学校とは?

 

山口県立柳井商工高(柳井市)の60歳代男性教諭

 

こちらがその高校。

住所は

〒742-1352 山口県柳井市伊保庄2658

 

偏差値が43-45、ということで平均である50より少し下、と言えるでしょうか。

入学後は、商工高校、というだけあって

就職のための勉強をたくさんするようです。

それはイメージどおりですね、

こういった専門的な科目をそろえているところは

その分就職率もいいようです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

高校で上映された映画は?自殺サークル?リゼロ?

 

 

ネットでは、「高校生が連続で自殺する映画って何?」と

盛り上がっています、

 

「自殺サークル」

柳井商工高等学校 自殺

 

 

 

 

自殺サークル、という映画か?との声が。

もともと古屋 兎丸によるマンガの原作があります。

 

自殺サークル

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

それが監督・園子温のかたちで映画になった作品です。

この作品では、出血、負傷の表現なんて序の口、

生徒が次々と自殺していきます。

そもそも映画の最初で女子高生が集団で飛び降り自殺をします、

その人数なんと50人

おたがい手をつないで、一緒に飛び降りるのです。

 

記事では映画の名前まで示されていないので、

ネットではいろいろな声が飛び交っています。

 

もしかして「シグナル100」か?
だとしたら駄作。

 

 

リゼロ??笑笑

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter、ネットみんなの声!

 

 

 

「授業に関係のない教材を扱うのは適切ではない。再発防止に努める」 という校長の発言も浮世離れしているように聞こえる。
将来、この発言だけ独り歩きすれば、そんな問題になりそうもない。
卑怯だと思う。

 

 

 

喜んでいた生徒も居たのかも知れないが、その逆も居るかも知れないからね。

あと「自身が登録している動画サイトを通じて」は著作権上アウト。

 

 

 

定期試験の前に英語の試験範囲の内容が終わると、試験前の授業が外国映画の鑑賞になった。

 

 

 

小学生ならまだわかるが、過剰な反応では。
メジャーな漫画やドラマでも悪趣味、猟奇的な表現は出てくるし、この情報が溢れている時代に、繭の中で一生を送るつもりなのでしょうか?

 

 

 

先生はそういう映画好きなんだろうけど
学校で見せるような内容ではないな
普通それくらいわかると思うんだけど

 

 

 

意味わからん。
自分がサボりたかっただけでは。
だとしても選ぶセンスがわからん。

 

 

 

具体的にさっぱり解らんが、物は言い様が気がする。
…もしかしてリゼロ?まさかね

 

 

 

別の記事では「いい先生じゃないか」というコメントばかりだったが、息抜きでそういう内容の映画を気軽に見せる教師は気持ち悪いよ。
生徒の要望と言っても全員見たかったわけじゃないだろう。
親に言った生徒は見て後悔したから言ったんじゃないか。

 

 

 

教師の教育実習が必要な時期では・・・?特に生徒に対する性欲願望は即懲戒免職で・・

 

 

 

そんな息抜きは手抜きって言うんだよ。
しかも自殺する映画なんか見せて、とんでもない教師だから解雇すべきだと思う。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)