山本太郎の学歴や経歴|妻は稲森いずみ似の美女で籍入れず|馴れ初めや子供は?


4月15日、れいわ新選組の山本太郎衆院議員が、自身のTwitterで議員辞職する考えを表明し注目を浴びています。

今回は山本太郎氏の学歴や経歴、妻や子供についてまとめていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 山本太郎のプロフィール・学歴・経歴

 

 

  • 名前:山本太郎(やまも たろう)
  • 生年月日1974年11月24日
  • 年齢:47歳
  • 出生地:兵庫県宝塚市

 


【学歴】

出身校:箕面自由学園高等学校中退

 

【経歴】

・1990年、高校1年生の時に「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の「高校生制服対抗ダンス甲子園」に3人組「アジャコング&戸塚ヨットスクールズ」のリーダーとして出場

・その後芸能界入り

・1991年、映画代打教師 秋葉、真剣です!の準主役で役者デビュー

・50本以上の映画やドラマで俳優として出演、バラエティ番組での司会やナレーションなど多方面で活躍

・2011年4月、反原発運動を開始

・2011年年5月末、シス・カンパニー を退社

・2011年6月、退社前に決まっていたミュージカルに出演し、その後フリーランスとなり「EDEN」など映画、舞台等小規模作品にコンスタントに出演

・2012年4月、太陽光発電設備の販売や施工を手掛ける「ソーラーリフォーム社」に正社員として就職し営業を担当

・2012年12月1日、第46回衆議院議員総選挙への出馬と政治団体「新党 今はひとり」の立ち上げを表明

・東京8区から無所属(日本未来の党・社会民主党支持)で出馬

・2013年7月21日の第23回参議院議員通常選挙では東京都選挙区から無所属で出馬、4位で初当選

・2019年、れいわ新選組を設立

・2022年4月15日、議員辞職する考えを表明(4月15日14時から会見予定)

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 山本太郎の妻は稲森いずみ似の美女

 

山本太郎さんは2012年5月に割鞘朱璃(わりさわじゅり)さんという

18歳年下の女性と結婚し、8月に離婚とわずか3ヵ月で離婚しています。

 

割鞘さんはプロサーファーとして活躍される実力者だそうですよ。

離婚の原因ですが、結婚当時、山本太郎さんの家には山本さんの母親が同居していました。

仕事でなかなか家に帰ることができない中、まだ若い割鞘さんにとって義母との生活が苦しかったそうです。

山本さんはご自身でも割鞘さんを守れなかったことへの悔しさから、

円形脱毛になったのだとか…

 

 

 

 

山本太郎氏の現在の妻について調べてみましたが、一般人女性のようで名前や顔は公開されていませんでしたが、山本さんよりも1つ年上の女性だそうです。

 

 

 

その女性との間には2013年7月に産まれた男の子がいます。

離婚したのが2011年8月

妊娠発覚が2012年11月

ですから、離婚後すぐに交際が始まったと思われます。

 

「隠し子では?」という直撃に対し、山本氏は

「隠していませんよ。大きな声で言っていないだけで、僕の子供です」

と認めています。

 

現在の妻とは、脱原発運動を通じて知り合ったそうですが、

2人は籍を入れていません。

「バツイチ同士ですし、結婚という制度に疑問を持っていて、形にこだわりたくなかった」との理由で再婚はせず。女性と子供は西日本に住んでいて、同棲もしていないそうだ。ただ、時間が空いた時は会いに行っているといい、「養育費を払うだけのような関係ではない」と断言している。

引用:JCASTニュース

 

お互いバツイチということ、形にこだわりたくないという理由から籍を入れていないよいうです。

同棲もしていないということですが、

妻や子供がマスコミから追いかけ回されることを回避しているのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)