山手線で財布落とした動画主は誰でtiktokアカウント特定は?損害賠償は数億円?


JR山手線の駅構内で、線路内に現金4万円が入った財布を落とし非常停止ボタンを押した乗客と、

駅員が口論する動画が5日にSNS上で拡散され話題となっています。

財布を落とした男性は、tiktokに動画を投稿していたようですが、

アカウントは特定されているのでしょうか。

また、賠償請求された場合はいくらくらいになるのか調べてみました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 【動画】JR山手線の渋谷駅で乗客と駅員が口論

 

こちらの動画がツイッター上で拡散され、話題となっています。

 

 

「なんで取ってくれないですか」

「お願いしてるじゃないですか」

という乗客に対し、

「何なんだその態度は!」

「お願いしてる態度か! 山手線停めてんだぞ!」

と激昂する駅員の姿が収められていました。

 

さらに駅員が

「警察行くから今日帰れねえからな。事情聴取長えからな」

と話すところで動画が途切れています。  

 

場所はJR山手線の渋谷駅構内です。

山手線を管轄するJR東日本東京本社は

「動画内に映っているのはいるのは当社の社員で間違いございません。落とし物をされたお客様が線路内をのぞき込んだり、線路内に降りようとするなど危険な行為をしており、それを制止した後のやりとりになります」

 

「危ない場合に強く制止するという対応はします」

「言葉遣いは適切ではありませんでした」

と話しているということです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 駅員さんは何度も止めていた?

 

動画では前後のやり取りが切り取られているため全容が分かりませんが、

別の角度から見ていたという方のツイートがありました。

 

 

・この動画撮り始める前に動画の主が線路に降りて取ろうとしてた

・駅員さんが何回も注意してもやめなかった

とあります。

 

JR東日本東京本社がコメントをしているように、

駅員さんも確かに言葉を選ぶべきだったとは思いますが、

財布を落とした男性にも、非がありそうですよね。

 

しかし、別角度からの動画はありませんでしたので、

実際にはどうだったのか気になるところです。

 

 

動画を投稿した男性について、調べてみました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 動画主のtiktokアカウントは?

 

財布を落とした男性は、動画をtiktokに投稿していました。

 

アカウントを調べてみましたが、アカウントはすでに削除されているようです。

 

 

動画から分かるのは男性であること、声からは10代後半~20代後半くらいの印象を受けました。

 

ホームには他の乗客が映っていますし、このような動画を安易にSNS上に投稿すべきではないのかもしれませんね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 損害賠償請求される?いくら?

 

JR山手線の駅構内で線路内に財布を落とした乗客は、非常停止ボタンを押しました。

これにより、損害賠償は請求されるのでしょうか。

また請求される場合は、いくらくらいになるのかも気になるところですよね。

 

損害賠償金は鉄道事業者が、時間ごとの人件費・他事業者への振替輸送費、車両が損傷した場合にはその修理費などを計算して決めます。

朝など利用の多い時間帯や主要駅などで発生し複数の路線が運休になるなどすれば、その分金額は大きくなっていきます。

例えば首都圏のターミナル駅や新幹線の事故などで長時間運休させてしまった場合は、億単位の金額が計上されてしまいます。

引用:乗りものニュース

損害賠償金は、

時間ごとの人件費

他事業者への振替輸送費

車両が損傷した場合にはその修理費

などを計算して決められるそうです。

 

 

想像するだけでも恐ろしいですが、そんな中このようなツイートがありました。

 

 

非常停止ボタンは、『人命と列車にある場合』に押すもので、

それ以外に押すと、刑事罰と損害賠償が請求されるそうです。

数千万~数億だなんてものすごい金額ですね!!

 

実際に損害賠償が請求されるのか、された場合はいくらくらいなのかは

詳細な情報はありませんでした。

 

安易な気持ち、いたずらで決して押してはなりません。

 

続報が入りましたら、こちらにも掲載していこうと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 twitterの声

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)