山脇あゆみ(金沢学院大学)の顔やFacebook!「もともと違反常習者」准教授を務める学部や学歴は?

金沢学院大学准教授の山脇あゆみ容疑者(38)が無免許運転で逮捕されました。

教育者の逮捕が連日続きますね。

容疑者について調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

 金沢市内の私立大学に所属する准教授の女が無免許で車を運転したとして逮捕されました。  道路交通法違反の無免許運転で現行犯逮捕されたのは金沢学院大学准教授で金沢市法島町の山脇あゆみ容疑者(38)です。  警察によりますと、山脇容疑者は3日午後6時頃、金沢市大桑2丁目の道路を無免許の状態で普通乗用車を運転した疑いが持たれています。  山脇容疑者が無免許で運転しているという情報があり、実際に運転しているところを確認して逮捕に至ったと言うことです。  山脇容疑者は「間違いない」と容疑を認めています。  山脇容疑者は今年2月に交通違反による免許取消処分を受けていたということです。  金沢学院大学は所属する准教授が逮捕されたことについて「事実関係の確認を急いでいます」とコメントしています。 <※山脇容疑者の脇の字は力ではなく「刀」>

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

金沢学院大学の准教授の

山脇あゆみ容疑者(38)が

無免許運転で逮捕されました。

 

逮捕にきっかけには

情報提供者がいたようですね。

 

 

山脇容疑者は今年2月に

交通違反による免許取消処分を受けていたそうです。

 

免許取り消しとは、違反行為などにより運転免許の資格を剥奪されることです。免許の取り消しをされると、特別な事情がある場合を除いて一定期間は免許取得を再度することが出来なくなります。これを欠格期間と言い、その期間は1~10年と違反の程度などによって差があり、欠格期間が終わっても再度免許を取るには、いくつかのステップを踏まなくてはなりません。

出典:https://www.ancar.jp/

 

免許が取り消しになってしまう理由は

いくつかあります。

 

・違反の積み重ね

・てんかんなど運転に支障をきたす病気を発症した場合

・安全な運転ができない身体的障害の判明

・アルコール中毒者や薬物中毒者

 

可能性が高いのは違反の積み重ねでしょう。

 

免許取り消し処分を受けていながら

無免許運転とは

批判されて当然です。

 

まずは容疑者のプロフィールから見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 山脇あゆみのプロフィール!顔画像

 

 

 

名前:山脇あゆみ

年齢:38歳

住所:金沢市法島町

職業:金沢学院大学准教授

容疑:道路交通法違反の無免許運転

 

顔画像は報道にて公開されていません。

公開されましたらこちらにも記載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 山脇あゆみのFacebook

 

 

Facebookにて「山脇あゆみ」と調べてみました。

 

同姓同名のアカウントが複数見つかっていますが、

その中に学歴に金沢学院大学と記載のある

アカウントがありました。

 

 

しかし、こちらは名前と金沢学院大学が

一致しただけで容疑者とは特定しきれませんでした。

 

別人の可能性も考慮して

こちらへのアカウント記載は控えさせていただきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 金沢学院大学の准教授で学部は?

 

 

容疑者は金沢学院大学の准教授と

報道により判明しています。

 

金沢学院大学のホームページを確認すると、

山脇あゆみ准教授のページが

確認できました。

 

学部など確認できていますが、

本人で間違いないか確認作業中です。

 

少しお待ちください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 学歴(出身大学や高校)は?

 

学歴についても確認が取れ次第記載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

車の運転は、免許証を失効した方や、取り消しになった方から見れば、警察に見つからなければ、全然余裕…と勘違いされている。 ましてや、免許証の取得さえしていない輩も、基礎的知識だけで運転出来てしまう脆弱性も。 そして、かなり昔から言われている、車への装置として、免許証認証システムや、アルコール検知機能など、なぜ車メーカーはそのような車を、世に出そうしないのか、本当に不思議。 もしかしたら、摘発する側の警察組織から圧力が有るのかも。 飲酒運転撲滅と言いながら、裏では飲酒運転を無くさない努力をしているのかも? もうそろそろ、誰にでも気軽に運転出来る車では無く、真っ当な免許を持ち、運転技術も有る運転手だけが運転出来る車作りへ移行しませんか?

 

こんな遵法意識のない輩が、大学教員をやっているのはあり得ないですね。 金沢駅から法島町の近くを通ってバスもあるし、終バスに間に合わなくても 歩いたって1時間ちょい。まあ冬季はしんどいかもしれませんが、自転車なら30分かからないじゃない? 免許取り消しになるような運転をするような輩は遵法意識もないんですね。 免許取り消しってかなり大きな人身事故か、飲酒運転意外だと、相当違反を繰り返さないと到達しないですよね。 社有車が数台ある程度の会社は安全運転管理者もいることだし、そういう 職場に勤めている場合は、免許取り消しや長期免停情報は職場に 共有したほうが、通勤に使えないようになって良いかもしれませんね。

 

「コメントできない」ではなく、「唖然として言葉を失った」が適切な表現だったのでは? ただ、管理側にも問題がありますね。今どき、免許更新の日付や任意保険加入の確認などは何処も当然のように実施していますが・・・。 それとも人手不足で黙認していたのでしょうか?

 

情報提供があったってのは「この人免許無いのに運転してる」って知ってる人が居たんだよね。 つまりこの犯人は無免許運転をしてるとその人に伝えてた可能性あるよね(本人が言わない限り一般人はその人が無免許運転をしてるって知る術がない) つまりこの犯人は「無免許運転してるけどそれがどーした」って考え方だったのかな?と思ってしまう。 そういう人が街中運転してるって思うと怖いね。

 

過去にも違反を繰り返して、免停などになって点数がかさんでの取り消しかもしれない。ということは交通違反の常習者、法規範の意識が微塵もない人かもしれない。まるで木下前都議を若くしたような奴だな。こういう確信犯が二度と免許証が習得できないように法改正するべきだ。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)