横浜市立小学校いじめは旭区のどこ?男性教諭(46)の実名は?児童は服を濡らすほど泣いていた…


自分が受け持つクラスの複数の児童に対し、テストを受けさせなかったり、

長時間にわたり叱責したりしたなどとして、横浜市の市立小学校の男性教師(46)が懲戒免職処分になったことが報道されました。

教師として、人としてあるまじき行為ですね。

小学校はどこなのか、男性教諭の実名について調べてみました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

横浜市教育委員会は25日、特定の児童に対して心理的虐待を繰り返し、苦痛を与えたとして、同市旭区の市立小学校の男性教諭(46)を懲戒免職にした。弁護士などで構成する第三者委員会の報告書も同日公表。報告書では、教諭の行為について「児童に著しい疎外感や屈辱といった心理的苦痛を被らせ、尊厳を害した許されない行為」と指摘した。

 報告書によると、小学4年の担任だった教諭は2021年2月ごろから、児童4人に対し配布物を配布せず、授業やテストに参加させない不適切な行為を行った。このうちの2人には数カ月にわたって、給食の配膳の際、極端に少ない量しか盛り付けなかった。

 教諭は児童への強い叱責(しっせき)も繰り返し、1人には教室外に連れ出して「衣服が涙で広範囲にぬれる」ほど叱りつけ、叱責が1時間に及ぶこともあったという。

 報告書では被害児童への影響に「記憶がはっきりしなかったり、泣きだしてしまったりするなど心に傷を残している」と指摘した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

小学4年の担任だった教諭は2020年度、児童4人に対し、

配布物を配布せず、授業やテストに参加させない不適切な行為を行いました。

このうちの2人には数カ月にわたり、給食を極端に少ない量しか盛り付けられなかったそうです。

 

さらに教諭は児童への強い叱責を繰り返し、1人には教室外に連れ出して、

「衣服が涙で広範囲にぬれる」ほど叱りつけ、叱責が1時間に及ぶこともあったということです。


2021年3月以降、保護者が学校に事実確認などを要求。
 
 
これを受けて横浜市は第三者委員会を設置し、事実関係を調べていました。
 
教諭は、
「叱られている姿を見せることにより、他の児童にも抑止効果があると考えた」
 
などと説明しており、現在は反省しているということです。
 
 
教諭は本年度、個別支援学級の担任になりましたが、昨年6月から学校には出勤せず、
 
市教委の事務所で校務をしていたということです。
 

 

 

どれほど辛かったか、苦しかったか、想像するだけで胸が痛みます。

また、これを知ったご両親も、怒りと悲しみに震えていることでしょう。

 

この男性教諭はどこの小学校に勤務していたのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 横浜市立小学校は旭区のどこ?

 

 

男性教諭が勤務していたのは、横浜市旭区にある小学校です。

旭区だけでも複数の小学校があり、現時点では特定されていませんでした。

また、子供たちへのプライバシーの観点からも、報道されない可能性もありますね。

 

後日、小学校名が報道されましたら、こちらにも記載致します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 男性教師(46)の実名

今回、児童4人へ心理的虐待を繰り返し、苦痛を与えたのは男性教諭(46)です。

実名を調べてみましたが、やはり特定することは難しそうです。

46歳であれば、結婚し子どもがいても不思議ではありません。

 

男性教師に関する情報が入り次第、更新していこうと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 世間の声

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)