与那原竜二(川崎市)顔画像facebookは?勤務先は?窃盗手口がヤバイ?

高齢女性からキャッシュカードを盗んで、45万円と引き出して盗んだとして、与那原竜二容疑者(32)を逮捕しました!

今回逮捕された与那原容疑者について調査しました!

警察のフリをしてお金を盗った?

必見です!

スポンサーリンク

事件概要

高齢の女性からキャッシュカードを盗んだなどとして、神奈川県警逗子署は3日、窃盗容疑で川崎市幸区南加瀬の会社員、与那原竜二容疑者(32)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は氏名不詳者らと共謀して2月21日、警察官を装って同県逗子市に住む80代の無職女性宅に「詐欺グループを捕まえたら、あなた名義の偽造カードが見つかった。これから警察官が自宅に行く」と嘘の電話をかけさせ、同日午前10時45分ごろ、与那原容疑者自身が女性宅を訪ねてキャッシュカード1枚を封筒に入れるように指示。女性が目を離した隙に別の封筒とすり替えて盗み、直後にこのカードを使ってATM(現金自動預払機)で女性の口座から、現金45万6千円を引き出したとしている。

 同日、女性から話を聞いた親族から警察に相談があり、事件が発覚した

出典:https://www.sankei.com/

川崎市で高齢女性をだます事件が起きてしまいました。

今回高齢女性から45万円をだまし盗ったのは、与那原竜二容疑者(32)です!

与那原容疑者は、氏名不詳者らと共に窃盗行為を働いたと見られているそうですが、一体どのような手口でしょうか?

調べによると警察のフリ作戦という形で、高齢女性を巧みに騙したそうです。

今回の方法とは?

スポンサーリンク

警察のフリ作戦とは?

今回与那原容疑者は、以下の事を被害女性に伝達していたそうです。

「詐欺グループを捕まえたら、あなた名義の偽造カードが見つかった。これから警察官が自宅に行く」

といったうその電話を高齢女性に伝達し、キャッシュカードを準備させました。

その後与那原容疑者が被害女性の家に行き、キャッシュカードを渡すという約束でした。

その際に、被害女性が目を離したすきに、別の封筒とすり替えて盗み、直後にこのカードを使って45万円6千円を引き出したと見られています。

後日発覚したそうですが、警察のフリをした犯罪という事で新しい手口なのかもしれません。

アポ電やオレオレ詐欺といった高齢者をだますような犯罪が多い中で、このような事件も今後起こりうるかもしれませんね。

スポンサーリンク

現場はどこ?

現場は、80代無職女性の自宅でキャッシュカードが盗まれたそうです。

住所は、神奈川県逗子市

現段階では、詳細な被害女性の自宅までわかりませんでしたので、分かり次第更新させていただきます。

もうしばらくお待ちください。

スポンサーリンク

与那原竜二のプロフィール!勤務先は?

名前:与那原竜二

年齢:32歳

職業:会社員

住所:神奈川県川崎市幸区南加瀬

出身:不明

罪名:窃盗容疑

今回与那原容疑者は、会社員という事でどこに勤務しているか調査を致しました。

しかしながら、勤務先についてはどこか明確な場所はわかりませんでした。

その為、分かり次第更新させていただきます。会社員なのに、窃盗容疑という事は解雇も大いにありえそうですよね。

勿体ない。

また、家族についての有無は判明しませんでした。

スポンサーリンク

与那原竜二の顔画像は?

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに準ずる写真の関して、

独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じておらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

スポンサーリンク

与那原竜二のfacebookは?

【facebook】【検索結果】
こちらの方で容疑者のfacebook

特定をさせていただきました。しかしながら

完全な特定には至ることができませんでした。しかし、

facebookの検索結果で

該当しそうな人物は複数見当たりましたので、リンクと

して掲載させていただきます。

facebook検索結果:与那原竜二

スポンサーリンク

ネットの反応

高齢者はお金持ってますよね….

老いた母も、簡単に信じて渡してしまいそうです。

ただの詐欺じゃん
川崎とは関係ない
何でもかんでも 川崎と結びつけないで

32にもなって詐偽のパシリとは情けない。
せめて使う側になれよ。
どっちもダメだけど。

俺の偏見かも知れないけど、リュウジって名前もロクなのいない。みんながみんなそうじゃないけど。

こういう詐欺に関わった奴はみんな死刑にすればいいじゃん。

そうすれば受け子をやる奴も減るし、受け子が減ればかけ子も減る。必然的にその上にいる奴も減るだろ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする