吉田容子さんの顔やFacebook!「息子のために一生懸命だった」夫の佳右がメタノールで死亡させる


東京都大田区のマンションで吉田容子さんが亡くなった事件で、夫の吉田佳右容疑者が逮捕されました。

まさか夫に殺されるなんて思ってもいなかったことでしょう…。

亡くなった吉田容子さんについて調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

大手製薬会社「第一三共」の研究員の男が自分の妻に劇物の「メタノール」を摂取させ殺害したとして、警視庁に逮捕されました。

記者
「吉田容疑者が自宅の中に入っていきます」

「第一三共」の研究員・吉田佳右容疑者(40)は、今年1月14日ごろから16日の間に自宅マンションで、妻の容子さん(当時40)に何らかの方法で劇物の「メタノール」の液体を口から摂取させ、殺害した疑いがもたれています。

捜査関係者によりますと、吉田容疑者は容子さんと小学生の息子の3人暮らしで「妻が意識のない状態で倒れている」と119番通報し、容子さんは自宅から病院に運ばれましたが死亡しました。

解剖の結果、死因が「急性メタノール中毒」と判明したことなどから逮捕にいたり、警視庁は夫婦間のトラブルの有無など事件のいきさつを詳しく調べています。

出典:https://newsdig.tbs.co.jp/

 

 

東京都大田区のマンション一室で

女性が死亡していた事件で、

夫の吉田佳右(けいすけ)容疑者(40)が逮捕されました。

 

 

亡くなったのは容疑者の妻・容子さんで

司法解剖の結果、

胃の内容物からメタノールが検出され、

死因はメタノール中毒死とわかりました。

 

容子さんには自殺するような様子がなかったことや

自宅内からはメタノールが見つかっていないことから

殺人事件として捜査されてきました。

 

吉田容疑者の職場でメタノールを扱っていたり

家族以外の第三者が介在した可能性がないことから

夫の容疑がかたまっていったようです。

 

 

しかし、「妻に殺意を抱いたことはなく、

自宅にメタノールを持ち込んだこともない」

と容疑を否認しているようですね。

 

 

吉田容疑者の主張する事件の経緯はこちらです。

 

 


事件の経緯(容疑者の主張)

 

2022年1月15日

嘔吐やろれつが回らない状態

服を脱いだりベッドから落ちたり暴れていた

 

 

2022年1月16日朝

寝室のベッド脇の床の上で、

あおむけの状態でぐったりしている容子さんを容疑者が発見

7時45分ごろ「妻が息をしていない」と119番通報

容子さんは搬送先の病院で死亡が確認

 

 

 

 

まずはプロフィールから見ていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 犯人・吉田佳右のプロフィール!

 

名前:吉田佳右

年齢:40歳

住所:東京都大田区西馬込1丁目

職業:第一三共の社員(製薬会社)

容疑:殺人容疑

 

 

容疑者についてはこちらの記事でまとめています。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 吉田容子さんのプロフィール!顔画像

 

名前:吉田容子

年齢:40歳

住所:東京都大田区西馬込1丁目

職業:会社員

学歴(出身大学院):京都大大学院

 

 

容子さんの顔画像は公開されていません。

プライバシーの観点から公開はないかもしれません。

 

容子さんは大学院卒業後の2007年4月に

研究員として第一三共に入社しています。

容疑者とは同期でした。

 

2010年には容疑者と結婚し、退職していました。

 

 

また、容子さんは子供の教育に熱心な良いお母さんだったそうです。

息子の将来を楽しみにしていたでしょうに

夫に命を奪われるなんて…。

 

息子さんも小学生ということで

母を亡くしたショックや父親の逮捕と

心労は計り知れません。

 

寄り添ってくれる方がいることを願います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 吉田容子さんのFacebook

 

容子さんのFacebookを調べてみましたが

同姓同名アカウントが多く、

特定には至っていません。

 

現在調査中ですのでお待ちください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

このお子さんが本当に不憫でならない。周りの大人は少しでも彼を守って、彼のメンタルを支えてほしい。 彼が前向きに生きられる人生でありますように。

 

こんなことなら離婚すれば良かったのに。子供をめぐる親権問題とかあったのかな? みなさん書かれてるけど、残された子供の今後が心配です。ケアしてほしいです。

 

そうなるようにやったくせに白々しく聴取に答えてるのが怖い 殺されるにしてもケンカして刃物向けられた方がまだマシ 多少抵抗できるだろうし 気付かない様に食べ物とかに混ぜられて気付いたら殺されたとか無念過ぎる 残された子どもが人間不信になりそうで心配

 

家庭内別居状態の果てに殺めてしまうのなら、別居、離婚をする選択はなかったのだろうか。最早、存在が許せなかったということなのか。

 

 

こういう人が研究室にいることで第一三共の薬は大丈夫?となりそうなので、会社の方も相当ダメージ大きいよね…。

 

 

少し考えたら残された子どもがどんな思いでこの先生きていくか想像できたはず。 そんな余裕もないほどすぐにでも殺したい一心で犯行に及んだんだろう。恐ろしい。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)