吉本弘樹の顔特定!コザ高校空手部顧問!前の学校もクビになってたヤバイ過去!

吉本弘樹 顔

沖縄県立コザ高校、2年生の男子生徒が自殺する事件が起きました。

原因は、部活顧問によるパワハラです。

該当の顧問は、男子生徒に対し、人格を否定する暴言を吐きつづけ、

自殺へと追い込んだとされています。

未来ある一人の命を奪ったパワハラ顧問の名前や顔画像を特定しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 コザ高校パワハラ顧問は『吉本弘樹』

吉本弘樹 顔

コザ高校で自殺した男子生徒は空手部だったことが分かっています。

「可哀想に 空手部だったんだな」

「空手の技に鼻の孔に指を入れて引き裂く技があるけど下品だな」

 

そして問題のパワハラ顧問の名前が特定されました。

吉本弘樹(よしもとひろき)です。

名前を特定するに至った経緯はこちらです。

 

ネットでは、顧問を特定する動きが出ており、このような書き込みがありました。

コザ高校空手部

 

「監督の名前わかったよ Y先生ですね!」

 

コザ高校空手部

「Y先生懲戒免職だろ」

 

ここまでで、男性顧問のイニシャルが『Y』という可能性が出ていました。

 

そしてその後にこのような書き込みがありました。

 

「コザ高校空手部は、沖縄県名護市出身の吉元弘樹先生が顧問・監督を務めています。」

 

コザ高校空手部吉本

吉本先生のパワハラで生徒が自殺しました。」

 

コザ高校空手部吉本

「へー、先生吉本って言うんだ。

本人か身近な者が同じ目に合えばいいのに。」

 

イニシャルが『Y』だったことを考えると『吉本』『吉元』という名前である

可能性も否定できません。

さらに、コザ高校のHPには、空手部の紹介が掲載されていました。

コザ高校空手部吉本

引用:県立コザ高校HP

 

そして、「コザ高校」で調べていると、「吉本」という名前が出てくるので

すでに調べている人が多いのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 


吉本弘樹の顔画像

吉本弘樹 顔

引用:あげな中学校だよりより

 

吉本弘樹 顔

引用:コザ高校空手部twitterより

 

吉本弘樹 顔

コザ高校の男子生徒を自殺に追い込んだとされる「吉本弘樹」の

顔画像を掲載しました。

吉元弘樹の年齢は判明していませんが、40代ということまでは分かっています。

そして、名護市出身だそうです。

 

スポンサーリンク

 


 吉本弘樹のヤバイ過去!

 

吉本弘樹 顔

コザ高校空手部の顧問、吉本弘樹について調べているとこんな書き込みがありました。

 

「顧問は空手界でも有名、妻もDVで離婚

高校の実習時に、剣道部女子にも手を出している。」

 

「前の学校でも生徒に手出して首なったよ」

 

「あの太い腕でやられたらヤバイですね。

実際本人見たことありますけど、腕周りの筋肉にビビりました」

 

これらの書き込みの信憑性は定かではありませんが、

パワハラで自殺に追い込むような顧問ですから、この情報も完全に否定はできません。

・妻もDVで離婚

・剣道部女子にも手を出している

・前の学校でも生徒に手出して首

 

これが本当なら、相当ヤバイ人物だと思います。

 

 

詳しいパワハラ内容や、学校側の対応についてはこちら


 

スポンサーリンク

 

 


 亡くなった男子生徒は伊波竜飛さん

伊波竜飛さん

引用:沖縄お悔やみ情報局

 

コザ高校の件を調べていると、「コザ高校空手部 伊波」という

キーワードが出てきました。

こちらを調査してみると、どうやら亡くなられた男子生徒の名前が判明していたようです。

 

伊波竜飛さん

享年17歳

伊波竜飛さん

伊波竜飛さんは、高校2年生で空手部の主将をしていました。

小学校1年生の頃から始めた空手は、伊波さんの人生にとって

ほとんどの時間を費やし努力を重ねてきたものだと思います。

伊波さんは、空手で九州王者にもなった強者!!

引用:沖縄タイムス

コザ高校への入学を薦めたのは、吉元弘樹教諭だそうです。

2人は、伊波さんが子供のころからの知り合いだったようです。

伊波さんは、このコザ高校でさらなる活躍を期待されていたに違いありません。

2年生で主将を務めるなんて、本当にすごいですよね。

しかし、伊波さんが主将を務めるようになったころから、

吉本教諭によるパワハラが始まったようです。

「使えない」

「気持ち悪い」

「カス」

といった暴言に加え、

「部活をやめろ」

「主将をやめろ」

ひどく叱責したいたことも分かっています。

 

伊波さんは、吉本顧問からの電話にたいし、

「すぐに出ないと怒られるから」と、

自宅にいる時も常にイヤホンをしていました。

ご遺族のお話のよると

「2年生になると食が細くなった。」

「食後に吐くこともあり、体重は数キロ減った。」

「生徒たちを褒めて育てて」と顧問に何度も申し入れたが、

顧問は「(生徒たちが)調子に乗るから」

と聞き入れてくれなかったようです。

 

精神的に追い詰められていたことが分かります。

空手で好成績を収めても否定され、人権を無視した暴言の数々。

17歳の少年にとって、自分の全てを否定された気持ちになったのではないでしょうか。

 

そして、伊波さんのポケットからは

「悪い子でごめんね」

と書かれた遺書が見つかっています。

これを見たご遺族の方の気持ちを思うと、胸が締め付けられます。

 

17歳の若き命を奪うほどに追い込んだ吉本弘樹顧問。

暴言の数々を否定し、LINEの一部は削除、

現在は休職しているようですが、逃げているようにしか思えません。

到底許すことはできません。

しっかり向き合うべきです。

伊波竜飛さんのご冥福を、心よりお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)