吉田佳右の自宅は住所や家族構成『妻とは冷めきっていた…』第一三共研究員メタノール殺人事件


大手製薬会社「第一三共」の研究員の男が、自分の妻に劇物の「メタノール」を摂取させ殺害したとして、逮捕されました。

逮捕されたのは吉田佳右容疑者(40)です。

一体なぜこんなことをしたのでしょうか。

吉田容疑者の自宅や家族構成、動機について調べてみました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

 

 

大手製薬会社「第一三共」の研究員の男が自分の妻に劇物の「メタノール」を摂取させ殺害したとして、警視庁に逮捕されました。

記者
「吉田容疑者が自宅の中に入っていきます」

「第一三共」の研究員・吉田佳右容疑者(40)は、今年1月14日ごろから16日の間に自宅マンションで、妻の容子さん(当時40)に何らかの方法で劇物の「メタノール」の液体を口から摂取させ、殺害した疑いがもたれています。

捜査関係者によりますと、吉田容疑者は容子さんと小学生の息子の3人暮らしで「妻が意識のない状態で倒れている」と119番通報し、容子さんは自宅から病院に運ばれましたが死亡しました。

解剖の結果、死因が「急性メタノール中毒」と判明したことなどから逮捕にいたり、警視庁は夫婦間のトラブルの有無など事件のいきさつを詳しく調べています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

1月、東京都大田区の自宅マンションで、有毒なアルコールのメタノールを飲ませて妻=当時(40)=を殺害したとして逮捕されたのは、

夫の製薬会社社員吉田佳右容疑者(40)です。

 

吉田容疑者は1月14~16日ごろ、自宅で妻にメタノールを飲ませ、中毒にさせて殺害した疑いがもたれています。  

16日朝「(妻が)意識のない状態で倒れている」と119番し、

搬送先の病院で妻の容子さんの死亡が確認されました。

 

当初は病死とみられていたが、体内からメタノールが検出されたということです。

 

吉田容疑者は第一三共の研究員で、メタノールに関する危険性を知っていたと思われます。

 

なぜこんなことをしてしまったのでしょうか。

 

容疑者についてみていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


吉田佳右のプロフィール・顔画像

 

 

  • 名前:吉田佳右(よしだ けいすけ)
  • 年齢:40歳
  • 住所:東京都大田区西馬込1丁目
  • 職業:第一三共研究員

 

吉田容疑者のSNSや、学歴・経歴については、

こちらの記事でまとめています。

 


 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


吉田佳右の自宅住所・家族構成

 

 

 

吉田佳右容疑者の自宅住所が報道されています。

 

東京都大田区西馬込1丁目

 

モザイクがかかっていますが、自宅マンションが映っています。

 

第一三共の平均年収は1000万円を超えるらしいので、

タワマンに住んでいる可能性も考えられますね。

 

自宅マンションについては、今後外観が分かる映像が報じられましたら、

特定されると思います。

 

 

そして、吉田容疑者と手を繋いで歩いているのは小学生の息子さんで、

吉田容疑者は3人家族でした。

 

今回の事件で、息子さんは母親を失い、父親の逮捕です。

どれだけ傷付いているか計り知れません。

 

誰か頼れる親戚などはいるのでしょうか。

心のケアをしてあげてほしいですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 殺害動機

吉田容疑者は1月16日の午前7時40分ごろ、

「妻が意識のない状態で倒れている」と119番通報しました。

 

容子さんの死因が「急性メタノール中毒」と判明したことや第三者の関与がないことから、

殺人事件と断定し、事件からおよそ8か月後、逮捕に至りました。

 

捜査関係者によると、吉田容疑者と妻の関係は破綻していたそうです。

動機については明らかになっていませんが、夫婦の間に何らかのトラブルがあったとみて調べをすすめていくということです。

 

 

容子さんは子どもの教育に熱心な方だったそうです。

息子さんを残してこのような事件に巻き込まれ、無念でならないと思います。

 

容子さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 世間の声

 

どうやって飲ませたのかね? メタノールで死に至るとすればたぶん50mlぐらいは飲まなきゃいかんと思うが、酒に混ぜたとしてもすぐに露見するはず。そもそも日本酒のエタノール濃度が15%ぐらいだから、同じぐらいの濃度に割ってメタノールを50ml飲むには総量で2合近く飲まなきゃいかん。そんな量飲むまで気付かんなんてことあるのかな? それとも無理やり飲ませたのか? すごく不思議だ。

 

 

手をつながれ自宅に入るお子さん。今どんなに心細く傷ついているだろう。 なんとか手を差し伸べてほしい。

 

 

子供が不憫でならない・・・。

 

 

逮捕まで時間がかかったところをみると 検察も決め手がなかったのだろう 逮捕された夫も頭は良さそうだから、簡単にアシが付くことはやってないだろうからねえ・・・ 弁護側、検察側、どんな論拠で闘うのか

 

他の記事の見出しだけ見て、メタノールなんて何処で手に入れたの?って思ったけど、製薬会社の社員だったのか。子どももいるのに馬鹿な事をしたもんだ。カミさんが憎くても、せめてオレンジの樹にアゲハ蝶を誘導するぐらいで留飲を下げとけばよかったものを。お父さんがお母さんをどんな風に殺害したのかなんて、周囲が口止めしてもそのうちに分かってしまう。一生傷を背負わせるなんて、ひどい父親だ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)