吉川叶ノ音の顔やfacebook!会社も特定!画像ばらまくと脅し性交迫る!


自称クリエイティブ業の男が逮捕されました。

 

 

逮捕されたのは、高知県住んでいる吉川叶ノ音容疑者(23)です。

 

 

吉川容疑者は、ネットで知り合った20歳代の女性に『わいせつな画像をばらまくぞ』などといって強制的に性交を迫った疑いがもたれています。

 

 

自称クリエイティブ業ということで、非常に気になることも多いので吉川容疑者について調べてみましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

報道の概要


Yahoo!ニュースより引用

 

吉川容疑者曰く、脅していないし、無理矢理でもないとのことですが、相手が警察に被害届を出したのでしょうね。

 

 

その時点で、もう男にとっては不利ですし無理やりでもなければこういった経緯には至らないでしょう。

 

 

さて、職業は自称クリエイティブ業ということですが、ダンスのイベントの企画などをしているということですね。

 

 

確かにイベントを企画するということなので、クリエイティブな仕事といえば間違いではないですね。

 

 

しかし、クリエイティブ業などといっても、創造的な仕事って世の中にはたくさんあるので非常に抽象的で分かりにくいですよね。

 

 

それなら、いっそのことイベント企画の仕事を言った方がイメージしやすいのですが、やはり相当なブライドがあったのでしょう。

 

 

それ自体は悪いことではないのですが、やはり取り調べの中でもカッコつけたかったのでしょうね。

 

 

無理やりでもないし、脅してもいないということなので、吉川容疑者本人にとって同意の上だったということですが、やはりこのあたりの言い訳を聞いても吉川容疑者は相当プライドが高いか自信過剰なところがあるのでしょうね。

 

 

家に来たので、まさか行為を断られるとは思ってもみなかったのでしょうが、結果的にそのプライドが自身を抑えることが出来なかったのでしょう。

 

 

 

 

被害女性に関してですが、男の家に行くというのはそれなりの覚悟をしないといけないといけませんし、そのつもりが無いのなら家に行くこと自体を断ることもできたはずです。

 

 

 

今回のこの件に関して言えるのは、女性の方も少し安易だったと思われますね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


吉川叶ノ音のプロフィール

 

名前:吉川叶ノ音(かのん)

年齢:23歳

住所:高知県香美市土佐山田町東本町

職業:自称クリエイティブ業(イベント企画業)

容疑:強制性交

 

 

珍しい名前ですね。

 

恐らくですが、親も音楽に関する仕事をしていたり、音楽に精通しているのでしょうね。

 

イベント企画の仕事ということで調べてみました。

 

 

すると、『stoke dot』という会社のホームページが出てきました。

 

 

2021年4月に社名変更をしたようですが、代表者としてしっかりと吉川叶ノ音の名前があったので、この会社で間違いないようです。

 

stoke dot HPより引用

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


吉川 叶ノ音のfacebook特定!

 

 

 

恐らくこのアカウントが本人で間違いないと思われます。

 

住所の一致と、アカウント画像などがダンスに関連しているのものためこちらと特定しました。

 

 

顔画像ですが、わかりにくいのですが恐らく本人とみられるものもありました。

 

 

過去に、プロフィール画像としていた写真ですね。

 

さすがに、人の顔をプロフィールにすることはないと思いますので、これがそうかと思われます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


ネットの声

 

 

>強制性交容疑で逮捕した。「脅していないし無理やりでもない」と否認している

逮捕されても否認する
反省の態度まったくなし
こういうやつは再犯率高し
厳罰にしろ

 

吉川叶ノ音(かのん)容疑者(23)

名前に関しては触れないでおく。

ばらまかれるような動画を渡したらいけない。
脅迫材料に使われて、
さらに画像や動画を要求されたり、
今回のように暴行されたりする。

 

コイツの名前で検索すると、イベント団体設立から高知県でのよさこいのイベントや各種学園祭やダンスイベントでの携わりの経歴が出てくるが、行ってきた活動や実績は良くとも、結局こういう事のために携わってきたのではないかと思ってしまう。

 

 

これだけ性犯罪が取り沙汰されているのちに緩い法律のせいで再犯含め性犯罪が後を絶たない。

ネットの取り締まりなんて到底できないし、利用者の意識を変えることも到底無理な話。

乱暴かもしれないけど、やはり性犯罪者のGps 管理や住所氏名勤務先の公表など「見せしめ」が必要と思います。「飲酒運転撲滅」と同様、そうすることで潜在する予備軍含め従業員への周知徹底も図られ少しでも犯罪防止に繋がると思います。

それと、SNS のダイレクトメッセージ機能も見直して欲しい。見ず知らずの人同士が自分達だけでメッセージ交換する必要性は感じられません。

 

「わいせつな動画をばらまくぞ」などと言って脅し、自宅に呼び出し乱暴した疑い

わいせつ動画を撮ったということは、この女は過去にこの男と寝たのか?ネットで知り合った男と寝て、動画を撮らせる時点で女性側にも問題あり

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)