豊崎皓平さんタンクローリー事故で死亡!運送会社はニチガス!勤務に問題は?原因は?


 28日午前6時すぎ、北関東自動車道の足利インターチェンジ付近で

タンクローリーが横転し、運転手の豊崎皓平さんが死亡する事故が起きました!

北関東自動車道は、一部区間で通行止めとなっているようでが、

現在は解除されました。

事故をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

事故の概要

タンクローリー事故 タンクローリー事故

栃木・足利市の高速道路でタンクローリーが横転し、運転手が死亡した。

28日午前6時すぎ、足利市の北関東自動車道の足利インターチェンジ付近で、タンクローリーがガードレールにぶつかり横転し、運転手の男性(20代)が死亡した。

タンクローリーに積んであったLPガスが漏れていて、北関東自動車道は、一部区間で通行止めとなっている。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

北関東自動車道の足利インターチェンジ付近で、

タンクローリーがガードレールにぶつかり横転!

豊崎皓平さん(20代)が死亡する事故が起きてしまいました。

日曜日の午前6時すぎということで、交通量は多くないとは思いますが

原因は何だったのでしょうか。

詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

 


豊崎皓平さんが死亡

名前:豊崎皓平(とよざき こうへい)さん

年齢:26歳

住所:群馬県太田市

20代ということで、まだ若い方のこのような事故は

本当に悲しいですね。

タンクローリーのような大きなトラックを運転するには

かなり技術がいりそうですが・・・

運送会社に勤務してどのくらいだったのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク


豊崎皓平さんが勤務していた運送会社はニチガス

引用:https://news.yahoo.co.jp/

豊崎皓平さんが勤務していた運送会社はどこだったのでしょうか。

 

 

トラックから『日本瓦斯運輸整備株式会社(ニチガス)』という運送会社が判明しました。

ニチガス

引用:ニチガス

こちらで正社員として勤務していたのでしょう。

若い方が多い会社のようです。

「しっかり運転ができる方なら大歓迎!
体を動かすのが好きな人なんかは、すごく向いていると思います。
外仕事の大変さはありますが、自分の仕事を最後までしっかりやり遂げられる、責任感のある方なら大丈夫です」(第三物流部 部長Iさん)

「前職や経験は一切問いません。大切なのは、やる気。
“いついつまでに、いくら貯めたい”なんて目標のある方もいいですね!
実際ここには、働き始めて車を買った人や家を買った人などがたくさんいます」(業務部 部長Wさん)

引用:ニチガス

しっかり運転ができる方なら大歓迎!

と話していた部長さん。

今回の事故は、かなりショッキングだったのではないでしょうか。

しかし、ちょっと気になるコメントがあったので掲載致します。

 

あ~あ~ついにニチガスやっちゃったか~
過重労働のブラック企業ですからね、従業員の退職率ヤバいですよ。過去にグループ会社で自殺者でてますし、それは公になってないし。
亡くなった社員さんがあまりにも可哀想すぎる。
親族の方々、訴えた方が良いですよ。

 

 

ニチガス、高速道路上での大事故は、二度目だぞ。
前回は、横転してボンベばらまいて、今回はバルクローリーのタンク損壊。
過度な労働条件が、問題じゃないのか?

 

この会社の車って、一般道でもガンガン行くよね。

 

ここの会社のガスタンク積んだトラックが、高速で煽り気味の運転してるの見たことあるぞ!

 

ガスタンクを積んだまま煽り運転・・・

一般道でもガンガン行く・・・

 

これが本当ならかなり危険ですよね。

ニチガスはブラックなんていうコメントもあり、

勤務体制に問題がなかったともいえないかもしれません。

今後新たな情報を待ちたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 


事故の原因は?

タンクローリー事故

現時点で事故の原因は特定されていませんでした。

状況書いて無いからわかりませんが、運転手の方が何かしら原因があったのか、又は横風などで横転してしまったのかいずれにしてもスピードが出せる高速道路だからどんな原因でも事故がデカくなる。危険物の運搬は高速運転出来ないようにしないと。高速禁止なのか60kmくらいでリミッター効かせるのか。

 

居眠り運転か、運転席は見るも無惨です。巻き添え事故がなくて良かった。他車がいれば大事故の可能性大です。

 

ガソリン燃料のタンクローリー車は制限速度を守っているのを見かけるが、このガスのタンクローリー車はどうだったのが、検証が求められる。ドライバーのご冥福をお祈りします。

 

インターの出口スロープかな? 減速せずにあわてて本線から出口に入ってハンドル操作を誤ったか。

 

危険物を積んでいる認識が不足していたのかな…

危険物を積んでいるトラックですから、

慎重に走行していたとは思いますが、横転するということは

やはりスピードが出ていたか、横風が強かったという

ことが考えられますね。

 

今後、新たな情報が入り次第、更新致します。

 

スポンサーリンク

 

 ネットの声

昔に、10トンのプロパンローリーに乗っていました。タンク部分は積載物が高圧ガスなので、事故等で破損しない様にタンクメーカーでは、二重、三重の安全策を講じて製造しています。ですので、ちょっとやそっとの横転事故や衝突事故では壊れたり、漏れたりはしないはずです。但し、液化ガスを積み降ろす為の弁箱(荷卸し用のバルブを収納している部分)には、液ガスと気化ガスの2本のパイプがタンクに繋がっているので、その部分は造りが弱いと思うので、破損して漏れる可能性が有ります。

 

ガスバルクローリーのタンクが破損して
いるように見えますね。とりあえずは
引火しなくて良かったけど運転手の方
も怖かったでしょう。

 

このちっちゃいガスローリ車の運転マナーは間違いなく最低。
自家用車で走っているのと訳が違うのを自覚してない。バカドラ

 

キャビンがくの字…どんだけ速度出してたんだ。死体…メチャクチャだろうな…。

 

素人が運転するとこれ

 

こんな危険な積載物の車輌は、下道をチンタラ走れば良い。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)