湯本棟雄さんの顔画像facebookは?無理心中?殺人事件?妻を殺した?夫婦で悩んでいた?

群馬県高崎市の住宅で80歳の湯本棟雄さんと、その妻である78歳の湯本初代さんが、自宅で死んでいるのが発見されました。

なぜ老夫婦が2人揃って亡くなってしまったのでしょうか?

今回は湯本さん一家の顔画像facebookを調査し、家族間の悩み等を焦点に調査致しました。

必見です!

スポンサーリンク

事件概要

 群馬県高崎市の住宅で80歳の夫と78歳の妻が死亡しているのが見つかりました。警察は現場の状況などから夫が無理心中を図ったとみて調べています。

 3日午前8時すぎ、高崎市下室田町の住宅で、「母が出血して倒れている」と近くに住む娘(51)から通報がありました。警察官などが駆け付けると、この家に住む湯本棟雄さんの妻・初代さんが居間で首に手拭いのようなものが巻かれ、両耳から出血した状態で倒れて死亡していました。また、物置の中では棟雄さんが首をつった状態で死亡していました。警察は現場の状況などから棟雄さんが妻の首を絞めて殺害した後、自殺した無理心中事件とみて調べています。

出典:https://news.tv-asahi.co.jp/

GW中に残念なニュースが入ってきました。群馬県高崎市の老夫婦の無理心中が確認されました。無理心中を図ったとされるのは、湯本棟雄(80)さんと奥さんの初代(78)です。

事件に状況から棟雄さんが、奥さんの初代さんを首を絞めて殺害してから、その後棟雄さんが、首を吊って死んだと見られております。

じつは、これを発見したのは次女の娘だったそうです。

自分の両親が、まさか自殺しているなんて発見した当初はショックに違いありません。

この2人には死ぬほどの問題があったのでしょうか?

スポンサーリンク

夫婦で悩んでいたか?

現段階では、夫婦間において悩みがあったという情報は入ってきておりません。しかしながら、老夫婦で無理心中するという事は何かしら問題を抱えていた可能性があります。

こちらで独自に調査した結果以下の事を考察しました。

①金銭的な問題

②妻の介護の問題

③そもそも何者かに殺された

①の金銭的な問題は、老夫婦が金銭的にもう生活できないと考えており、その為無理心中したというケースです。

②に関しては、初代さんがなにかしら障害または、生活に支障をきたしており、その介護をするのが疲れてしまったというケースです。

①か②どちらかというのは、現段階では分かりません。無理心中でよくあるのが、②のケースが多いと考えられはします。

もし他殺であれば、③ですが無理心中の方が可能性的に高いようですので、事件性が証明されたらこちらも随時更新して追記していきたいと思います。

どちらにせよ変死体という事で、捜査を進めているそうです。

スポンサーリンク

現場はどこ?

群馬県高崎市下室田町

だそうです。

自宅の詳細な位置情報に関しては、分かりませんでしたのでわかり次第更新させていただきます。もう少々お待ちください。

湯本棟雄さんのプロフィール!

名前:湯本棟雄

年齢:80歳

職業:無職

在住:群馬県高崎市下室田町

出身:不明

奥さんである湯本初代(78)と娘が2人以上いる事が判明しております。なぜ死んでしまったのか、そして無理心中であればなぜ死ななければいけなかったのか、気になるところです。

スポンサーリンク

湯本棟雄さんの顔画像は?

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに準ずる

写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じておらず発見でき

なかった

ため、発見次第更新させていただきます!

facebookは?

【facebook】【検索結果】

こちらの方で容疑者のfacebookの特定を

させていただきました。しかしながら

完全な特定には至ることができませんでした。しかし、

facebookの検索結果で

該当しそうな人物は複数見当たりましたので、リンクとし

て掲載させていただきます。

facebook検索結果:湯本棟雄

facebook検索結果:湯本初代

スポンサーリンク

ネットの反応

新しい時代になったばかりなのに。
どのような事情があったのか分かりませんが、妻を道連れに死を覚悟するには相当の理由があったのでしょう。
 
長生きした人がこのような最期を迎え、残念に思います。

またこれは氷山の一角のような気もします。どうしたら自然な形で人生を終えることが出来るのか、令和を迎え考えてゆきたいです。

老人が自殺をする国は衰退する。

かといって社会保障を手厚くし過ぎると若い世代が育たない。

バランスが非常に難しい。

昔のように家族が一緒に暮らせば解決する。
子供が親に敬意を持って、愛情あふれるサザエさん一家のような家は、昔はわりと当たり前にあったものだ。
ひとつの家で2世代が暮らせば経済的にも裕福だしね。

80歳と78歳の老夫婦。
病気?介護?
どのような悩みがあったのか…。
健康ならまだまだ、旅行したり
楽しんでいる老夫婦もある。
しかし、核家族化の現代
老夫婦の2人だけで
乗り越えられない現実もある。
他人事ではない。

発見した娘さんが辛かったね。
お悔やみ申し上げます。

日本は

衰退しますね

日本の発展に貢献してきた

高齢者が

こんな悲惨な最期なんて

一昔前には

ありませんでした

最近は

日常的な出来事のよう

異常ですね

御冥福をお祈り致します

その年までせっかく生きてきたのに。

娘さん、気の毒だな…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする