【顔画像】ゆりかご第二保育園の園長(59)と元保育士(27)は誰?石田進人ちゃん死亡事故,大阪市城東区

令和2年2月に大阪市にあるゆりかご第二保育園で、1歳2カ月の男児が食べ物をのどに詰まらせて死亡する事故がありました。

この事故で園長と元保育士の2人が書類送検されています。

この2人について調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

大阪市城東区の「ゆりかご第二保育園」で令和2年2月、1歳2カ月の男児に昼食を食べさせた際に食べ物をのどに詰まらせて死亡させたとして、大阪府警城東署は、業務上過失致死容疑で、園長(59)と元保育士(27)を書類送検した。20日付。 2人は容疑を認め、園長は、園全体に給食を「制限時間内に全て食べきる」という暗黙のルールがあったと説明。元保育士は「時間内に食べきってほしかったので、口の中にリンゴがある状態でハンバーグも食べさせてしまった」という趣旨の話をしているという。 書類送検容疑は2年2月12日昼ごろ、昼食中だった男児への注意を怠り、リンゴなどをのどに詰まらせて死亡させたとしている。 大阪市は事故を受け、有識者による検証部会を設置し、3年1月に園児の食べるペースや食事量への配慮がなかったなど、管理体制に問題があったとする報告書をまとめている。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

令和2年に大阪市にあるゆりかご第二保育園で、

当時1歳2か月の男の子・石田進人ちゃんが昼食時、

食べ物をのどに詰まらせて死亡した事故で

園長と元保育士の女性を

業務上過失致死の疑いで書類送検しました。

 

 

進人ちゃんの食事を担当していた元保育士の女性は、

進人ちゃんがりんごを口から出すなどしたため

ハンバーグと一緒に口に入れたそうです。

 

 

元保育士は「食が進まない状況に焦りを感じ、

時間内に食べてほしかったので

口の中にりんごがある状態で

次の食材を詰め込んでしまった」

と話しているようです。

 

この保育園では

「制限時間内に全て食べきる」

という暗黙のルールがあったと

園長は話しています。

 

書類送検された2人について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 事故が起きたのはゆりかご第二保育園

 

死亡事故があったのは大阪市城東区にある

ゆりかご第二保育園です。

 

 

 

口コミを調べてみると、

高評価ばかりが目につきました。

 

先生方は優しく、子供は楽しく通えていたようです。

クラスの担任でなくても子供たちの名前や顔を覚えているなど

先生方への評価は良いものばかりでした。

 

スポンサーリンク

 

 

 園長59歳と元保育士27歳は誰?名前や画像は?

 

事故当時の園長や元保育士の実名などは

判明しているのでしょうか?

調べてみました。

 

 

まずは保育園について記載のあるページを確認していきます。

 

出典:https://o-shihoren.or.jp/hoikuen/

 

 

こちらには園長の欄に「藤田敦子」さんの名前があります。

しかし、年齢の記載などがなく

藤田敦子さんが書類送検された人物かは特定できませんでした。

 

事故を受けて園長を交代している可能性もあるため

情報の取り扱いには注意したいところです。

 

また、元保育士の女性に関しても

年齢以外の情報は一切ない状況です。

 

 

この保育士は

「時間内に食べきってほしかったので、

口の中にリンゴがある状態で

ハンバーグも食べさせてしまった」

という趣旨の話をしているそうです。

 

 

男の子、苦しかったでしょうね。

保育士の言っている内容から

本来の仕事である「子供を保育する」というより

「ただ業務をこなしていただけ」と感じてしまいますね。

 

 

2人の実名や画像について何か情報を得られましたら

こちらに追記していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 世間の声

 

 

いろいろな保育園ありますね。 口に入ってるのに、入れるのはダメだけど、声かけしながら、子どものペースに合わせて食べさせてたら、食べさせるの遅いって保育士時代に叱られたことあります クラスの先生同士が仲悪かったり、ターゲットにされてる先生だと余計焦ります おまけにいい保育士さんもいるが、自分が正しい思って自分の理想を押し付ける人がいるのも事実。 一回だけ、子ども安全第一で同僚も優しかった保育園に勤めたことありますが、そんなのまれな気がします。 待遇面といい、もっと働きやすい職業にならないもんですかね

 

食事の時間が保育の中で一番難しい。 食に対しての意欲がない子が年々増えてる気がする。しかも、1.2歳児なら一人で4〜6人の子を食べさせる。2歳児後半になると、その中で保育士も一緒に食事することもある。子どものペースに合わせてたら1時間なんで余裕でかかる。そうならないように、子どもが負担にならないように援助していく。 私の園は無理には食べささない。という考えを職員間で共有してるから、一口だけでも食べてくれればいい。食べられる物だけでもお腹にいれてくれればと思ってるけど、完食させないといけないという圧がある中での食事の時間は耐えられないほどしんどいと思う。

 

確かに時間内に食べるということ、完食するということは大切なことです。 だけど、無理矢理食べさせてまで達成させることではないと思う。 私は小学生のとき転校先が完食するまで休み時間もなし、5時間目まで食べさせられたことがありました。 何度か続き、トラウマになり、給食を見ると気持ち悪くなり口にすることすら一時できなくなりました。 何が1番大切なことなのか考えてほしいなと思います。

 

 

これ介護施設でも良くあるんですよね。 この保育士を擁護するつもりは全くありませんが、まじめな職員に限って時間に追われてきちっと全量食べさせないといけないと責任感に駆られて無理やり食べさせるんですよね。 私の施設では常日頃から「食欲のない利用者には無理して食べさせなくてもいい。1食や2食くらいたべなくても死なないが、たった1回無理やり詰め込んで窒息させたら取り返しがつかない事になるよ」と職員に伝えています。 プロとして、嚥下状態を見ながら食事介助をするのは当然必要なスキルとなります。 この親御さんの気持ちを考えると胸が詰まります。

 

新卒で勤務した保育園で苦手な食べ物を口に入れたら飲み込むまで大人が口を押さえる行為をする職員、子どもの給食を「味見」といって同じスプーンで子どもの給食を食べる職員…色々見かけました。 私の感覚がおかしいと言われ3年が限界で辞めましたが保育園も色々あります。 今まで何故問題にならなかったのか。と思う程。 若い先生の意見を聞き入れない保育園は要注意です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)