頭脳王のオセロでやらせ発覚!河野玄斗の優勝は操作されていた?過去にもやらせがあった?


2月19日に放送された頭脳王で河野玄斗さんがAIとオセロで対局をし、見事優勝!

しかし、この対局が意図的にAIが弱くなるように設定されていた

オセロに詳しい人がツイートしたことで、話題になっているようです。

頭脳王は過去にも『やらせ疑惑』が浮上していましたが、

頭脳王についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

 河野玄斗とAIオセロの対局

頭脳王 河野

頭脳王は2011年から始まった日テレ系の番組です。

予選を勝ち抜いた全国の天才が集まって、難題に答えていくというもの。

河野玄斗さんは、今回で3度目の優勝。

最年少で司法試験にも合格したイケメンで現在タレントとして、

またyoutuberとして活動されています。

東大医学部で司法試験に1発合格したという、まさに天才的な頭脳の持ち主です。

 

頭脳王の名物企画「ストレンジオセロ」という企画で、河野玄斗さんがAIオセロと対局しました。

優勝者には賞金100万円がもらえるということで、注目が集まっていました。

 

今回見事優勝を果たした河野玄斗さん。

しかし、オセロに詳しい人からのこのようなツイートが話題になっています。

 

 

拡散希望。以下の図はAIの完全解析結果。もとから黒必勝の局面設定なのでヤラセしたい放題。ちなみに京大の人はAIが2石損のみの鬼設定、河野玄斗には14石損してくれる甘々設定。AIの作成者はランダムに打つ仕様だから問題ないとかほざいてるけど、そもそもAI必勝の局面に設定するのが間違い。

 

ほかの方もこのようなツイートしています。

 

 

河野玄斗さんが優勝した回に出演していた東大医学部生からのタレコミも書かれていますね。

計算中に彼がミスをしていたらカメラの映らないところでそれを指摘する紙が渡されていた

これが本当なのか?は確証がありませんが、事実であれば

過去の放送もやらせがあったということになりますね。

もちろん河野玄斗さんに才能があるのは間違いないと思いますが、

このようなやらせ疑惑で彼の印象が下がってしまうのでは?と感じました。

 

スポンサーリンク

 


 頭脳王は過去にもやらせがあった?

2018年に放送された頭脳王にもやらせがあったと言われているようです。

問題に対しての解答が異常に早い

頭脳王の問題作成者と通じている人がいる

事前に問題を知っているのではないか

という声があがっていました。

 

 

出演者にはどのようなジャンルの問題が出るのかということが知らされていた

というタレコミが本当なら、やらせ疑惑も深まりそうですね。

そして、

「東大医学部がなんでも知っているわけではないことは、冷静に考えれば分かるはずです」

この言葉に思わず納得してしまいました。

河野玄斗さんをはじめ、出演者の方の頭脳が高いことは間違いないと思いますが、

やらせとなると、ちょっとがっかりしてしまいますよね。

 

スポンサーリンク

 


 twitterの声

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)