【動画】大阪堺市住職がまたあおり運転!顔画像公開!言い訳がヤバイ!寺名は?名前は?

大阪堺市で、あおり運転を繰り返したとして、61歳の松原市の住職が書類送検されました!

今回は住職(僧侶)について調査しました!

勤務先の寺名は?名前は?

現場はどこ?

スポンサーリンク

事件概要!またあおり運転?

 堺市の大阪府道で急ブレーキを繰り返すあおり運転を行い、相手の運転手の胸ぐらをつかんだとして、府警北堺署は22日までに、暴行容疑で、松原市の住職の男(61)を書類送検した。容疑を認め、「注意してやろうと思って立て続けにブレーキを踏んだ」と話しているという。
 送検容疑は1月20日午後1時半ごろから約2分間、普通乗用車で走行中、後続の軽自動車に対し、約450メートルにわたり急ブレーキを繰り返した上、信号待ちで停車した際、運転する男性会社員(36)の胸ぐらをつかんだ疑い。
 同署によると、走行していた軽自動車の前に住職の男の車が沿道の駐車場から進入。危険を感じた男性がパッシングした直後、急ブレーキを繰り返す運転を始めたという。男性にけがはなかった。

出典:https://www.jiji.com/

堺市の大阪府道にて急ブレーキを繰り返して、あおり運転をして、なおかつ会社員男性の胸ぐらをつかんだとして、61歳の松原市の住職が書類送検されました!

最近宮崎文夫といわれる容疑者が逮捕されたばかりですが、またあおり運転ということで世間を賑わせそうな事件です。

しかも住職ということで、普段落ち着きのある仕事をしている最中に、なぜこのように落ち着きがないことをしてしまったのでしょうか?

事件としてじゃ、1月20日午後1時半ごろから約2分間普通乗用車で走行中、後続の軽自動車に関して約450mも急ブレーキを繰り返したそうです。

つまり2分間ブレーキを繰り返した後に、胸ぐらをつかんだという事になっております。

普通に煽られた側からすれば、かなりこわい事件ですよね。

事の発端はなんでしょうか?言い訳がヤバイ!

スポンサーリンク

言い訳がヤバイ!

今回事件の発端となったのは、走行していた被害者男性の前に、この住職男性が駐車場から前に侵入した際に、被害男性がパッシングしたのがきっかけだったそうです。

しかし、駐車場から突如割り込んできたのはこの住職の男ですし、この住職の男が悪いと思うのは一目瞭然だと思います。

その後それに関して怒った住職の男が、急ブレーキを繰り返す運転を始めたそうです。

幸いにも男性にはケガはありませんでしたが、今あおり運転が話題になっている最中にかなり怖い運転をする人もいるもんですね。

その後の取り調べに対して、住職の男は以下のように供述しております。

「注意してやろうと思って立て続けにブレーキを踏んだ」

注意どころか、胸ぐらまで掴むとは暴行をしているとしか思えませんが、、

一体急ブレーキを踏んで、そして胸ぐらをつかんで脅す行為が注意というのであれば、おかしな話です。

この住職の男が普段から同様なことをして、余罪があるかは不明ですが、また同じことを繰り返す前に実刑判決してもいいのではないかと思ってしまいます。

第2の宮崎文夫容疑者のようにならなければいいのですが。。

スポンサーリンク

あおり現場!動画公開!

1つ目が、運転手に対してモザイクがかかっているFNNからの動画となっております。

2つ目は、モザイク無のドライブレコーダーの主さんが提供した?可能性がある動画です。

あおり運転の末暴行があったのは、

堺市北区の和食さと~パチンコ店の出庫現場

詳細な所在地は、

大阪府堺市北区蔵前町3丁6−63付近

だそうです。

googlemapでは、大阪府道の詳細な位置まではわかりませんでした。

現状あおり運転に対する処罰は厳しいものがありますので、追加で情報が入ってくるとは思います。

スポンサーリンク

住職男の実名?勤務先?

名前:不明

年齢:61歳

職業:住職

出身:不明

在住:大阪府松原市

罪名:暴行容疑

今回書類送検された容疑者は、松原市で住職をしているそうです。

法泉寺

敬恩寺

布忍寺

etc・・・

というような形でかなり多くの寺があるため、どこのお寺に勤務しているかまでは特定することはできませんでした。

61歳という事で妻子などもいそうではありますが、あおり運転が世間から非難を浴びている中でかなり堂々としたことをしてますよね。

スポンサーリンク

顔画像公開!

61

出典:youtube

【顔写真】【発見】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

こちらの画像は、youtubeから独自に仕入れたモザイクなしの動画となっております。

凄い勢いで、車から出てきて脅しているのが一目瞭然です。

スポンサーリンク

みんなの反応

他車に配慮しない車や意地悪な性格を持った運転手が問題なのではないでしょうか?

自分より速く走る後続車に道を譲らない。
前に入ろうとした車があればわざと加速して入れないようにする。
など。

だから、煽られたり、ブレーキをかけられたりするのです。

例の高速での煽り暴力事件を起こした加害者のような、とにかくトラブルが好きな人は特殊なのですが、普通の人が加害者になってしまうことも多いような気がします。

とにかく、煽る人もよく煽られる人も、問題があると思いますよ。

これ動画見たら分かりますけど、この被害者にも問題あると思いますよ。大体パッシングする必要無いし、相手の車が入ってきそうになってるのにわざと加速して車間詰めてるし。この事件での教訓は、こういう陥れるような運転する人の罠にはまらないように冷静に運転しましょうということ。

あおり運転が耳目を集めるとなったら、途端に報道が増えたね。

もちろん良いことだと思うよ。

だけど報道されなくなったときに、再び悪質なあおり運転が増加しないように、関心が高い今こそ厳罰化して欲しい。

録画映像は公正な判断をする材料になることを証明している。
ドラレコを装備する意味合いとしては、自分の運転も録画されているとわきまえことで自身の粗暴な運転の抑止効果の方が大きいと思う。

車運転して人格変わる人は要注意ですね。
それにしても良い年した住職までとは、、
みんなそんなにストレス抱えながら運転してるとなると、自分も運転するのが本当に怖くなります。

宗派はどこなのかわかりませんが、修行が足りないですね。
カトリックの不祥事もよく聞くし、宗教は商業化してしまって、信心深い人は残念でしょうね。

これはちょっと被害者も悪意がある気もする だが住職で胸ぐらつかむとかそこが完全にアウト!キレやすい老人もふえたもんなぁ

戒める立場から、戒められる側へ。
いつも心に、御仏を…。

スポンサーリンク

コメント

  1. 応援してます(・∀・) より:

    とりあえず、走ってた場所はここやね♪
    〒591-8004 大阪府堺市北区蔵前町3丁6−63
    捜査、大変でしょうが、頑張ってくださいね♪

  2. つまんないやつ より:

    テキトーな内容のブログだな… この被疑者「書類送検」はされたけど「逮捕」されてないし、そもそも事件があって送検されたのは2019年1月で、今のあおり男宮崎事件との時間軸は関連が全くない。

    こういったブログがまさに「あおり」だ。

  3. ダイジン より:

    車種やナンバーを解析してみた。
    トヨタクラウン ロイヤルサルーン
    和泉389 た 77
    この車を所有している寺はひとつしかない!

  4. サスリン より:

    大阪堺市で住職逮捕!またあおり運転!言い訳がヤバイ!寺名は?名前は?

    画像にパチンコ屋が写っているみたいですが

    〒591-8011 大阪府堺市北区南花田町420−4 シェラパート3
    だと思います

    ここから完全に憶測ですが
    円成寺 〒580-0025大阪府松原市北新町5丁目373
    のように思ってます 誰か裏を取って欲しいです
    シャッター付ガレージにこの車が止まってた気がするだけで
    本人特定に至っていません

  5. ぽれろ より:

    和食さと新金岡店からの出庫ですね。

  6. りょう より:

    大阪府堺市北区蔵前町3丁6−63付近

    ですね。現場は

  7. 通りすがり より:

    この動画の状況で被害者を叩いてるのは
    加害者と同じレベルの基地害だな
    あのタイミングで出てくるとか明らかに車の流れを無視してるだろ

  8. CarlosRR より:

    被害車両は交差点を左折し当該道路を加速しながら直進している。200mほど先の駐車場から僧侶クラウンが当該道路に出ようとしている様子が確認できる。その時点でも被害車両は加速を続ける。クラウンは被害車両の約40m手前で左折し当該道路に合流。その時点で被害車両はパッシングはしたが、積極的に減速した形跡が無い。クラウンが合流後すぐに嫌がらせのブレーキを踏むまで、被害車両はブレーキ操作をしていない。

    つまり、クラウンの左折合流は被害車両の進路を妨害したとまでは言えないということ。確かに、距離的に十分な余裕ある合流では無いが、被害車両にブレーキを踏ませるような強引さは無かった。逆に、減速せずクラウンにパッシングした行為は優先意識過剰と捉えることが出来る。被害車両は僧侶に「危ないでしょう」と言っていたが、本来ならば何ら危ない場面では無い。強いて言えば、駐車場から出てこようとしているクラウンを確認した時点で被害車両は加速を緩めてクラウンの動きを観察するべきだった。出ようとするなら減速し、止まるようなら運転手の視線に注意しながら進む。そうすれば被害車両に何ら危険な事情は無い。出てくるかも知れないクラウンを確認しながら、加速を続けパッシングで優先をアピールする行為こそが危険なのである。

    尚、このコメントは原因の分析であって、僧侶の不様な蛮行を擁護するものではない。仏に仕える身でありながら、反社会勢力のチンピラまがいな恫喝など、見るに堪えない。このチンピラ僧侶の寺にある檀家が不憫でならない。原因はともかく、如何なる事情があろうとも、仏罰を受けるに相応しい破廉恥な言動。猛省し僧侶は即刻辞めよ。