柴田英嗣完全復活⁈アンタッチャブルが「THE MANZAI」で10年ぶり新作披露

  • 12月8日に放送されるフジ「THE MANZAI 2019 マスターズ」(後7・00~9・54)の見どころは、10年ぶりに新作が披露されるというアンタッチャブルではないでしょうか。

柴田英嗣が帰ってきた!ザキヤマとの掛け合いが10年越しに見られるのはファンはたまらなく嬉しい。

この記事では、

全力脱力タイムズでのアンタッチャブルの様子

柴田英嗣について。

山崎弘也について

ファンは今後のアンタッチャブルに期待?

をお伝えします。

是非チェックし、THE MANZAIでのアンタッチャブルを最大限に楽しんでください。

スポンサーリンク

アンタッチャブルの新作漫才が「THE MANZAI」で見られる!

出典:https://images.app.goo.gl/

お笑いコンビ「アンタッチャブル」が、12月8日放送のフジテレビ「THE MANZAI 2019 マスターズ」(後7・00~9・54)で10年ぶりに新作漫才を披露することになった。30日、同局が発表した。

【写真】「THE MANZAI 2019 マスターズ」MCの(左から)矢部浩之、ビートたけし、岡村隆史

 同番組は、人気・実力を兼ね備えた漫才の名手(マスター)たちが一堂に会する、年に一度の祭典。昨年同様、コンテスト形式ではなく、“日本一豪華な漫才の祭典”をテーマに放送される。番組MCは、最高顧問を務めるビートたけし(72)、お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(49)と矢部浩之(48)が担当する。

 出場する“名手”たちは同番組実行委員会により選出された21組。おぎやはぎ、サンドウィッチマン、千鳥、爆笑問題のほか、昨年の「M―1グランプリ」王者、霜降り明星らが出場する。

 アンタッチャブルは初出場で10年ぶりにコンビで新作漫才を披露する。山崎弘也(43)と柴田英嗣(44)が1994年に結成。その後、2004年にM―1グランプリで優勝したものの、10年に柴田が女性問題などに端を発し1年間休業。柴田の復帰以降も2人がそろうことはなかったが、29日に同局で放送された「全力!脱力タイムズ」(金曜後11・00)で10年ぶりにコンビでのテレビ出演を果たし、大きな反響を呼んでいた。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

ビートたけしと、ナインティナインがMCを務める番組「THE MANZAI 2019 マスターズ」。この番組は12月8日、フジテレビで午後7時から9時54分まで放送される。約3時間にわたって放送されるのですが、なんとアンタッチャブルが出演するのだ!ファンにとっては大興奮の時間となる!見逃せません。

出場するのは番組実行委員会に選出された21組。爆笑問題、おぎやはぎ、サンドウィッチマン、霜降り明星らが出場する。

この21組の中にアンタッチャブルも選出されているのです。アンタッチャブルはTHE MANZAI初出場!10年ぶりにTHE MANZAIでコンビで新ネタを披露する。

29日にフジテレビで放送された「全力!脱力タイムズ」(金曜後11・00)でもコンビで出演!大きな反響がありました。

全力脱力タイムズでは・・・

約10年のブランクを感じさせない2人の掛け合いに、ネット上でも「まさかの2人の漫才。泣きそう」「やっとコンビに戻れたな」など、歓喜の声が続々とあがった。この手の企画の場合、大体的に告知をしたり、スペシャル番組を組むなどして関心を集めることが通例だが、無告知に加え、通常回でのサプライズだったこともあり、“純度100%”の感動と衝撃が視聴者にそのまま届く結果となった。

 一方で「え、アンタッチャブル復活したの?」「何のCMも流れてなかったから完全に油断してた!」と“寝耳に水”状態の投稿もみられた。本来、そのような視聴者を逃さないための事前告知なのだが、それではサプライズ感は薄れ、今回のようなリアクションは得られなかっただろう。

 無告知の試みは制作サイドにとって勇気のいる決断だが、ネットが普及した現在では、『TVer』や『FOD(フジテレビオンデマンド)』など“後追い視聴”の環境が充実している。実際に「すぐにTVerをダウンロードした。今からアンタッチャブルの復活を見届けるよ」「見逃すところだった… FODで観て泣いてる」など、口コミから興味を示した視聴者も多かった。

 若者のテレビ離れが叫ばれて久しく、テレビとネットの融合は各局が取り組んでいる課題だ。今回を機に『TVer』などの動画配信サービスに初めて触れた視聴者も多く、フジテレビがこの流れを意図的に仕組んだかは不明だが、制作サイドの「視聴者に感動を届ける」という気概は感じられた。

 過度な告知をせずとも、視聴者を獲得できることが結果として証明された。この日の『全力!脱力タイムズ』は、アンタッチャブルの復活と、テレビ業界の新たな可能性を同時に楽しめる放送となったのではないか。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

全力脱力タイムズではアンタッチャブルの柴田の相方である山崎の役で小手伸也が登場する。そこで柴田と漫才をするのですが、漫才が下手な芝居をします。場には笑いが起きず、空気が冷たい。いったん退場させるのですが、MCのクリームシチュー有田哲平が小手伸也を呼びもどす。

そこに相方ザキヤマが登場する。「馬鹿!ダメだってお前!!」なんて言いつつとっても嬉しそうな柴田。その後10年ぶりとは思えないほどの息の合ったリズミカルな掛け合いが繰り広げられます。今でも仲良しで信頼し合っているのが画面から伝わります。

今回、この漫才は完全にサプライズで、告知もなしで行われた。それだけに

「まさかの2人の漫才。泣きそう」「やっとコンビに戻れたな」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

など、感動と衝撃が純粋に視聴者に伝わった。そしてこの回を見逃した視聴者も、周囲の反応を耳にし、TVerやFOD(フジテレビオンデマンド)などの見逃し配信でチェックするという行動を起こさせた。

過度な告知をしなくても視聴者を獲得できる実証にも繋がったのです。

アンタッチャブルもこの「全力脱力タイムズ」で完全復活を遂げたのではないでしょうか。

そしてこの二人のやり取りを見て感激した視聴者は、12月8日に放送されるフジ「THE MANZAI 2019 マスターズ」をアンタッチャブル見たさに視聴するのではないでしょうか。

スポンサーリンク

アンタッチャブル柴田英嗣(44)について

出典:https://images.app.goo.gl/

柴田英嗣(しばたひでつぐ)

担当:ツッコミ

所属:人力舎(タレント養成所・スクールJCAの第3期生)

出身:静岡県静岡市清水区 

生年月日:1975年7月15日

身長:167cm

体重:53kg

血液型:B型

年齢:44歳

2010年には芸能活動を1年間休業した。

休業理由は体調不良と女性トラブルとなっています。

スポンサーリンク

アンタッチャブル山崎弘也(43)について

山崎弘也(やまざきひろなり)

通称ザキヤマ

担当:ツッコミ

所属:人力舎(タレント養成所・スクールJCAの第3期生)

出身:埼玉県春日部市

生年月日:1976年1月14日

身長:168cm

血液型:B型

年齢:43歳

スポンサーリンク

今後のアンタッチャブルに期待?!ネットでは・・・

これは楽しみだな…。
昨日の脱力タイムズをキッカケに本格的に再始動か…。
有田の番組で復活というのも関係の深さを感じさせる。
年末年始のネタ番組にも引っ張りだこだろうな…。
ザキヤマの悪ノリを止めるのは他の芸人でもいいんだけど柴田の方が引き締まる。2人とも独自の立ち位置を確立してるから常に一緒というわけには行かないだろうけど、それでも一緒に出てほしい。
この2人の弱点は司会が出来ないところだけど、それが克服できたら、柴田が司会でザキヤマが暴走するバランスも取れるんだよな…。

脱力タイムズさんの構成作家さんは、センスあるんでしょうね。
吉本芸人が大御所芸人の力を借りてばかりの復帰パターンとは大違いだから、世間は素直に受け入れられるね!

昨夜は改めて天才と天才なんだなって、涙でかすみながらも感動させてもらった。
何がザキヤマの背中を押してくれたのかは分からないけど、活躍しようという気持ちなんかよりあの素晴らしい芸を消してしまうのはもったいないという方が強いんじゃないかと思う。
この先どうなる分からないけど、昨日のステージを見せてくれただけで大満足なので、あとは二人の思うままにやってくれれば何も言うことはないです。
とにかく、なんか、ありがとう。

いやあ、時間かかったな。しかし、派手に告知して引っ張って引っ張って視聴率取ろうとする手法が多い中で、脱力タイムズは好感持てるね。

この2人に勝てる相手はいるのか?
って思うくらいだった。しかもほぼアドリブ。
種類は違うし「あれは漫才なのか?」って意見もあるかもしれませんが、歴代のM1王者の中でもトップクラスだと思う。

ようやく戻ってきましたね!
この10年でお互いに力をつけたと思うので、楽しみにしています! 
お涙頂戴で復帰ではなく、みんなで迎えてくれていると思うので頑張ってください!
昨日は何よりも柴田さんの笑顔が見ていて嬉しかったです!

アンタッチャブルが出るというだけでも、見る価値はあるよね。
700点中の678点。M1の歴代最高点は、未だに破られていないからね。
実際に第4回のM1のネタは、2本とも何回見ても笑いが止まらないし。
ザキヤマの手数が多く暴走気味なボケに対して、柴田のツッコミは秀逸。
脱力タイムズでの10年ぶりの漫才は、ブランクがあるのに、おもしろかった。
そもそも柴田の女性問題からの休業で、なぜザキヤマと共演NGになっていたのか、本当のところは、よく分からなかったし、柴田は犯罪を犯したわけではないし、それでいて解散したわけではなかったし、復活はただただ嬉しい。

昨夜の脱力タイムズは最高だった
THE MANZAIに出るための布石だったんだな
このコンビの漫才はサンドウィッチマンと比べても遜色ない

まさかの新作漫才
もうこれは年末年始にかけてフジテレビさんがさらっていっていいでしょう
最高の演出でした
年末年始、そして来年楽しみです

柴田のツッコミは神業!!!
脱力タイムズでの柴田と小梅太夫のやり取りは何度見ても本当すごいと思う!!

復活おめでとうございます。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

この番組の普段のノリを考えると、無告知にしたのは当然のことだと思いますが、昨今のバラエティ番組の中ではかなり思い切った試みだと言えるでしょう。

番組内で世間が注目するような重大な発表があるときには、それを事前に煽るだけ煽った方が目先の視聴率は上がるでしょう。でも、この番組では数字よりも面白さを優先しました。その結果、山崎さんが登場したときに腰を抜かすほど驚いていた柴田さんの感覚を、視聴者も同時に体験することができたのです。テレビの向こう側で起きていることを「事件」として感じられた貴重な機会でした。

やっぱり凄い、本当に凄い!!
ネタ自体は何回も見たネタなのに…
毎回違う面白さ、これを久しぶりに出来るなんて
天才2人のコンビの復活。

人力舎さん本当にこれからは、2人の仕事も増やして下さいね。

遂に復活か!と期待して見てたら 小手伸也さんが
面白かったけど騙された〜と思ってたら、
本物登場、あまりの2人のテンポの良さに感動し
笑うどころか涙ものだった。これがきっかけで
たまには2人で出てほしい。

後追いで観ましたが、涙が流れました。
楽しい嬉しいで観ていたら、最後には泣いていました。またを期待して仕舞いますが、ただただ今夜は素敵なものが観れて幸せです。

この復活劇の企画を実現させたフジテレビは、まだまだやれると言うところを見せたし、この番組の司会である有田による裏での根回しも絶対にあったと思うので、有田の存在感や笑いに対するプロデュース力には感心した。

ザキヤマが出た時の柴田の驚き。そこからの上着を脱いでの気合の入れ方。めちゃくちゃ感動した。お礼を言ってからの漫才は2人とも本気で。凄く生き生きしていて楽しそうで。お腹痛くなるくらい笑いました。あんな凄い漫才を観ることができて本当に幸せだった。柴田よかったね。これからも2人を観たいです。

ネタバレの番宣はその回の視聴率に凄く影響があると思いますがその回だけ見ればいいやとなり短期的な効果しかないと思います。酷い時は番宣だけ見て放送見ないという本末転倒なこともあります。

今回のように無告知だと視聴率は期待できないかもしれませんが後に話題になり、次から見逃さないようにしよう、録画しておこう、番組知らなかったけど見て見ようというネタバレよりも長期的には効果があるので難しいとは思いますが他局も見習ってほしいです。久しぶりにフジテレビを本気で褒めたいと思います。
アンタッチャブルファンとしては2人の漫才が見れた事に今年1番感激しました。実現に関わった全ての関係者に感謝します。ありがとうございました。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

良い意見も悪い意見も並ぶのかと予想しましたが、なんとほとんどの人たちがアンタッチャブルの復活に感動しています。涙を流しながら見る視聴者も多数!

アンタッチャブルの起用の仕方、番組の進行ともに最高の仕上がりだったのではないでしょうか。

ファンや、アンタッチャブル全盛期の当時を懐かしむ視聴者を完全に虜にしました。

無告知にしたことも大反響に一役を買っているでしょう。

これは12月8日、フジ「THE MANZAI 2019 マスターズ」が楽しみです。

再び大反響でネットは大騒ぎになるのではないでしょうか。

今後のアンタッチャブルの活躍に期待です!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする