【東須磨小学校】不服申し立て加害者教師は誰?教員4人実名・顔!前校長は放置?

神戸市東須磨小学校で、20代男性教員に対して、4人の教諭が集団でいじめをしていた事件が起きました。

今回は、4人の顔画像・実名!

前校長は放置してた?

加害者教員が不服申し立て!一体誰?

スポンサーリンク

いじめ事件概要

「ごめんなさい、僕はもう辛いのは好きじゃないんです!」。被害者の20代男性教員はこう叫ぶが、加害者の30代男性教員が羽交い絞めにして押さえ、周囲から「あはははは!」との声が響く。

   被害者は、「もうアカン、アカン、嫌だ!」と泣き声になるが、周囲が「はよ、はよ、はよ」とけしかけ、もう1人の加害者の40代女性教員がスプーンで激辛カレーを口に突っ込む。すると、周囲から「ヤバい、ヤバい、死んだ?」との声が漏れ…。

   これは、テレビ各局の情報番組などで流れた50秒ほどの動画だ。2018年9月の放課後に校内の家庭科調理室で起きたといい、映像を撮ったのは別の教員らしい。顔にはモザイクがかかっている。

   東須磨小で18年から繰り返されたハラスメント行為は、次第に具体的中身がはっきりとしてきた。

   報じられた別の写真では、被害者は、激辛カレーを目に擦り付けられたような姿が映っていた。このほかに、加害者の1人の30代男性教員が、被害者が買った新車の屋根に土足で乗る様子の写真もあった。やはりモザイクがかかっている。

   また、加害者による行為として、携帯電話をロックして使えなくする、すねに粘着テープを張って毛をはがす、さらには、加害者の1人が授業中に激辛カレーの件を面白そうに児童に話したといった情報も報じられている。

「いじめではなく、犯罪だと思う」  

今回の問題では、教育現場の隠蔽体質とも言われかねないようなことが次々に報じられている。

   被害者は2019年6月ごろに、加害者からコピー用紙の芯で尻を叩かれ、尻にできたみみず腫れを校長に見せていたが、学校側は、市教委への報告でこのことを伝えていなかった。市教委は、校長の処分も検討しているという。

   また、学校がハラスメント行為を初めて把握したのはこのときとされたが、被害者は18年のうちに前の校長に相談していたといい、市教委には報告されていなかったそうだ。

   神戸新聞の19年10月8日付ウェブ版記事によると、市教委が開く予定の9日の記者会見で、校長が経緯などを説明する見通しになった。

   しかし、ツイッター上やネット掲示板などでは、教育現場などへの不信感が募っている模様で、加害者へのバッシングも強まっている。

   「刑事告訴になれば実名は嫌でも出る」との声もあったが、「いじめではなく、犯罪だと思う」「懲戒免職で教員免許も剥奪してほしい。顔も名前も隠す必要がない」「教員4人の実名報道を早くすべき」などと書き込まれている。

   また、ネット上では、関係者らしき人が加害者4人を特定したとして、根拠も示さず、名前や顔写真が次々に晒されるまでになった。メディアで出た映像や卒業アルバムなどの写真から、具体的な行為についても加害者を特定したとする真偽不明の情報が出回っている状況だ。

出典:https://www.j-cast.com/

神戸市東須磨小学校で発生した事件で、4人の加害者がいじめをしたとして、世間を賑わせました。

当初20代男性が被害を受けた際には、かなり酷い乱暴なことをされたり、または、それをきっかけに学校を休んだ際には、「謝ってやるよ」「ママによしよししてもらえ」「くそやな」などというような悪口をいわれるかのごとくパワハラをしていたそうです。

その後これを機に被害者男性は、療養を余儀なくされてしまったそうです。

加害者である大人が言う言葉ではない気がしますし、幼稚すぎますよね。

そのうち主犯格を始め、40代の女性教員の方の名前や顔画像はじめ、他の教員の方の名前や顔画像に対してもネット上で出回るような形となりました。

「ごめんなさい、僕はもう辛いのは好きじゃないんです!」という形で、被害者の20代男性教員を追い詰めるかのごとく、他の加害者がかなり追い詰めていることが上記の引用からも伺えます。

また20代男性教員に対して激辛カレーをすすめる動画が神戸新聞から出てきており、こちらを見てみるといかにいじめの内容がヒドイ事が伺えます。

今回教員という立場で有給休暇をしていることにもはらわたが煮えくり返る思いでいっぱいです。

また次章では、激からカレーを食べさせられている、または無理矢理顔の鼻などにつけられている動画を入手したので、掲載させていただきます。

スポンサーリンク

いじめ映像公開!

これを見ると、20代男性に対して無理矢理1人が羽交い絞めにして、他の教員たちがそれを笑うかのごとく馬鹿にしている動画が見てわかります。

これは小学校の先生がやることではないですよね。。。

今学校教育現場では生徒間のいじめ問題などが、社会問題となっております。自殺だったりだとか、SNSによる集団いじめなどです。

また一部では、葛飾区のいじめ問題では、中学生の男の子が女の子に蹴ったり、性的なことをしたようなことも問題となり、中学生で実名が挙がったり、ボランティア団体や社会団体が学校に来るなどの問題も発生しております。

その最中にまさか先生間でいじめ問題があるとは、聖職者といわれている先生としてはあるまじき行為であると言えます。

これが20代男性教員が激辛カレーを顔につけられる際の映像から抜粋してきた、画像です。

20代男性を押さえつけていることが伺えます。

「僕はもう辛いのは好きじゃないんです」

と言っていることが伺えます。辛いのは好きじゃないというか顔や目につけられていることを考えると、やりすぎですよね。

そしてそのあとその辛さや、苦しさに耐えられなくなった男性がこの教室中をうろうろしている最中の画像です。

この時加害者側は

「ははははははは」

と大声で爆笑していることが動画から見て取れます。人が苦しんでいる姿を見ているだけでそんなに嬉しいのでしょうか?

また、この20代男性教員はうろうろしながら、辛さによる苦しみを紛らわしているような気がします。

まさか社会人で教員間でこのような犯罪級のいじめ問題が発生しているとは思えません。

この男性の苦しい気持ちを見ると、純粋にこの加害者達を許せないそして、この人たちが教壇に立つことをいいものなのか?という懐疑心でいっぱいになります。

また激辛カレーの映像だけではなく

・同僚教員にわいせつ文言を無理矢理遅らせる

・暴言を吐く「ボケ」「カス」

・男性教員の車の上に乗る

・社内に飲み物をわざとこぼす

・男性教員のことをポンコツ呼ばわり「ポンチャン」と呼ぶ

・携帯電話にロックをかける

・コピー用紙の芯でお尻を殴る

・背中を肘でグリグリと押す。足を踏みつける。

・男性教員に羽交い絞めにした

・プロレス技で首を絞められる

・ビール瓶を口に突っ込まれ、飲まされた後に瓶で叩かれる

・かばんに氷を入れられ、かばんや中身をぬらされる

・ダメージ加工のジーンズを破かれる

・印刷用紙が入った段ボール箱をいりなり頭におかれる

・乳首をつねられる。あざになる

・乳首を掃除機で吸われる

・熱湯の入ったやかんを顔につけられる

・家庭科室で見動きができない状態にさせられて、激辛カレーを口に入れられる

・車に大量の灰皿の水をまき散らされる

・トマトジュースをかけられる

・携帯電話を隠される

・お土産を催促されたのに、買ったら捨てられた

・仕事が終わってないのに、せかされて悪口を言われた

・ラーメン屋で、卓上にあった生姜の汁、酢を見ずにいれて飲ませる

・大量の菓子を口に詰め込まれる

・酒を強要されて、拒否ると、平手打ち

・輪ゴムを顔に当てる

・指導案に落書きされる

・髪の毛や衣服を接着剤、選択のりまみれのされる

・「性病」といわれる

・「犬」と呼ばれる

・児童に対して、被害教員の悪口などを言う

・イライラするといわれる

・送らされた後、下車するときにドアから出ずに窓から出たり、足でドアを閉められる

などのようないじめをしていたそうです。これは社会的にも見ても、法律的にアウトではないでしょうか?

出典:https://www.youtube.com/

上:車の上に乗る加害者男性

下:キムチの原液・激辛ラーメンのを無理矢理飲ませた画像

映像がないものもありますが、想像するだけで身震いしてしまうような形の行動をとっております。一体この加害者側はどのような気持ちでいじめをしているのか直接問いただしい気持ちでいっぱいです。

次章ではこの加害者達について校長はどのような形で見ていたのか、調査しました!

実は前校長は放置していたのか?

スポンサーリンク

前校長の芝本力は放置?

神戸市立東須磨小学校で起きた「教師による教師へのいじめ」事件で、新たに事実がわかってきた。

   加害4教師の中でリーダー格は40代女性教師だが、前任の校長が気に入った教員を自分の学校に招き入れる「神戸方式」のシステムでやってきた。この女性教師は現校長より長く学校にいて、「校内ですごい発言力を持つ、ある種女帝で、いじめの標的定めをやっていた」(市議会でいじめ問題を話し合う委員会の岡田ゆうじ市議)という話もある。

加害男性教師の1人は激辛カレーを食べさせるなどのいじめ行為を授業中、児童に「おもしろかった的な話をしていた」(卒業した元教え子)ともいう。

   キャスターの立川志らく「メチャクチャですね。教え子に話すなんて、バカじゃないか」

   市教育委員会は処分を検討しているが、教育評論家の石川幸夫さんによると、依願退職の可能性はあるが、「教員免許はく奪はない」そうだ。加害教師が後日、他の学校で教えることもあり得るらしい。

   鴻上尚史(演出家)「暴行障害だ。刑事事件にしないと教員免許はく奪には至らないだろう」

   志らく「まだ事実が全部はわからないが、こんな女帝とかがきたらたまらない。加害側の話(言い分)を聞きたい。教師を続けたいなら出てきて、反省してほしい」

   堤達生(ベンチャーキャピタリスト)「校長の任命責任も重い」

   学校は被害教師が休職したことで、学校は今月3日(2019年10月)に保護者説明会を開いたが、出席した保護者は「足を踏んだぐらいしか語られず、翌日に新聞でいじめの内容を知りました」という。

   司会の国山ハセン「それが学校側の保身なのだろうな」

出典:https://www.j-cast.com/

実は加害者教員にも見えない階級(ヒエラルキー)があったそうです。

確かに加害者側も年齢が30代~40代であることから、何らかの見えないヒエラルキーというのはあったということはおのずとわかります。

またこの階級というのは、女帝といわれる40代教諭がいじめの標的を定めており、なおかつその加害者達をまとめていたことにより、いじめが勃発した可能性があるといえます。

しかも驚くことに学校側は保護者側に

「足を踏まれたくらい」

などの言及だけにしておいてそうです。学校の保身が見え見えな気がしますよね。。

また今回この女帝といわれる先生に関しては、神戸方式である前任の校長が気にいった人を学校に招き入れる方式をとっていたそうです。

そして特筆すべきが、この前任校長は女帝のいじめ問題を既に把握していたそうです。

つまり知りながらお気に入り教諭だったためにそのまま放置してなおかつ、いじめに関して指導もしなかったことが伺えそうです。

実例としては、今年2月に前の校長がすでにいじめ問題を把握していたんだとか。

これはさすがに校長としてどうなのか?と資質を疑いたくなるような感じですよね。

また、この被害者男性は加害者男性に対して色々指導をしてもらっていたらしく

「(加害者)男性教諭にお世話になっているんやろ。いじめられていないよな」

と圧迫するかのごとく話していたそうです。そんなこと言われたら確かに、相談できるわけないですよね。

一種のパワハラだと思います。

 前校長は2016年に教頭として東須磨小に赴任し、18年春に昇任。19年春に別の小学校へ転任した。

 パワハラについては、複数の関係者が神戸新聞の取材に証言。それによると、前校長は今回被害に遭った20代の男性教員(療養中)に対し「女性と遊ぶ暇があったら一人前になれ」などと職員室で叱責したこともあったという。関係者の一人は前校長について「教員の好き嫌いが激しかった」と話した。

 市の窓口に相談があったのは、前校長が昇任する前の18年1~2月ごろ。現場の教員に対し「裏切ったらどうなるか分かるやろ。完全に切る。だから誰についたらいいか分かるやろ」といった発言があったことが報告されていた。市教委によると、この相談内容がどのように扱われたかは「調査中」という。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

上記が前校長である教員に対してのパワハラじみた発言や行動となっております。

「女性と遊ぶ暇があったら一人前になれ」

などと職員室で叱責するとはさすがに生徒や他の教員もいるのに、やりすぎですよね。

他の教員に対しても18年1月~2月頃に、

「裏切ったらどうなるかわかるやろ!」

「完全に切る」

「だから誰についた方がいいかわかるやろ」

と前校長は発言していたそうです。これは怖すぎですよね。どこぞの番長なんだって耳をふさぎたくなります。。。

また、教員の好き嫌いも激しかったことからかなり独裁政治をしていたのかもしれません。

生徒を指導する資格があるのか?と耳を疑いたくなります。もしかすれば教育現場では、昔からこのような体質があるのかもしれませんよね。

企業であれば、行政指導などかなり厳しい処罰が与えられますが、教育現場だと管轄が市教育委員会であるため、市教育委員会に対して責任が伴います。

その為市教育委員会としてもこのような事件があってもあまり明るみにしたくないかもしれませんね。

しかし今となっては後の祭りであり、次から次へとこの加害者周辺の権力図だったりだとか、前校長のパワハラじみた行動などが明るみに出ているというような形となっております。

しかしながら、この前校長である芝本力校長は、女帝である教諭を招き入れた校長ではなかったそうです。

出典:ママスタ

このように前校長の経歴や名前に関してもママスタで掲載されておりました。

体育会系というべきなのか古いパワハラ体質を教育現場に浸透させている芝本力校長もやはり、放置していたことを踏まえると処罰されるべきな気がしますが。。。。

次章では加害者教員たちの実名や顔画像に関して掲載させていただきます!

スポンサーリンク

加害者実名・顔画像!長谷川雅代!

今回SNSでは以下のような実名が挙げられておりました。

この内容によると、

女帝:長谷川雅代

 

名前:長谷川雅代

年齢:40代

職業:教員

出身:不明

立ち位置:いじめ問題の女帝

かなり気が強いということで児童間で好き嫌いがあったりした、なおかつて嫌いな生徒に対して、椅子を後ろにひくという事件が発生した。

2018年度は6年生の担任を受けもっていたそうです。前校長のお気に入りということで神戸式で招かれた先生です。また、児童から相談を受ける等の立ち回りもしていたそうです。

柴田祐介

名前:柴田祐介

年齢:30代

職業:教員

出身:不明

立ち位置:児童間では人気者先生だった

また噂では、妻子持ちでありなおかつ育児休暇を取ったことがある先生だったのだとか。妻や子供がいる身にもかかわらず、同年代の先生をいじめるとは恐ろしい話です。

また、2019年度からは教育指導を担当していたそうです。

佐志田英和

名前:佐志田英和

年齢:30代

職業:教員

出身:不明

この先生は、児童の問題などが発生した場合はかなり親身になってくれている先生だと評判がありました。

そんな親切な先生が、自分の同年代の先生をいじめているとは考えられないと思いますし、ショックだと思います。

スポンサーリンク

蔀 俊(しとみ しゅん)

元高校生のクラスメイトがこの事件をきっかけに、蔀俊(しとみ しゅん)の個人情報について流したメモみたいなものも発見されました。

出席番号15番

元駿台予備校生

東大目指して二浪

 

mixiで蔀俊先生のプロフィールとなっております。

どうやら原付バイクを乗っていたころに取り締まりをされたらしく怒っている呟きも存在しておりました。

また蔀さんらしきfacebookも発見できました。

驚くべきことに友達にhasegawa masayo(長谷川雅代)さん人物もいらっしゃいました。

これは被害者男性の事を書いていると思われる日記がありました

時期的に後輩というのは、20代の被害者男性のような気がします。

・友達にhasegawa masayoがいる

・facebookの時系列が整合性が高い

後輩を指導した事➡その後恐らく呼び出されてイライラ呟き

・友達欄に豊富な友達リスト(偽アカウントなら充実させないはず)

また同時にこれはSNS上や他サイトでも発見されたfacebookでもあり、過去の呟きを見ると本人といえそうな気がします。

時系列に関しても被害者男性らしき呟きもありますし。。

また10月3日にイライラMAXとつぶやいている余裕があることから、被害者男性に対してやはりギリギリまで申し訳ないや、悪いといった気持ちがなかったのではないか?

と見て取れる気がします。

大ごとになって4人そろって「申し訳なかった」「反省している」というのは、保身の謝罪にしかすぎませんし、正直教育者としていかがなものなのかと首をかしげてしまいます。

同時にこの4人らには、懲戒免職や実刑を求める声も多数挙がっていることから、捜査当局は世論を見ながら、捜査する可能性があるため、免職及び実刑もありえそうな気はします。

名前:蔀俊(しとみ たかし)

年齢:30代

職業:教員

出身:不明

車の上に乗っている先生がこの蔀俊先生であるといわれているそうです。

また身長も180㎝とかなり大きく、6年生の担任を受け持っていたそうです。

以下4人の実名と顔画像が明らかになりました!

SNSの情報がソースですが、元教師たちが賛同して引用RTしていたり、東須磨小学校の晒された画像に関しての訴訟問題などが発生していないことから、恐らく確証ある情報であるといえそうです。

(既に拡散してから2日間が経過しているが、画像掲載されたとして被害の話は全くでていない)

スポンサーリンク

現校長の顔画像や名前公開!

同時に現校長先生の名前や顔画像に関しても記者会見をしたことから、明らかになっております。

仁王美貴校長(におうみき)

出典:https://www.kobe-np.co.jp/

また現校長先生は以下のような形で記者会見を開いたそうです。

神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、同小の仁王美貴校長(55)が9日、市役所で市教育委員会の担当者と記者会見した。2018年度に当時の校長が、既に教員のセクハラ発言や職員室でのからかいなどの嫌がらせがあったことを把握しながら、指導などの対応が不十分だったことが判明。加害教員の一部から児童が嫌がらせを受けたとの訴えがあることも分かった。

 会見によると、セクハラ発言があったのは、仁王校長が教頭として赴任した18年度の1学期。被害教員の申し出で前校長が教員全体に注意をしたが、発言した30代男性教員を個別に指導することはなかった。

 今年2月には加害教員4人が職員室で男性教員(療養中)をからかう様子を別の教員が目撃。前校長は4人を指導したとするが、19年度に後任となった仁王校長はこの情報を共有していなかった。過去に前校長からパワハラを受けたと訴える教員もいたという。

 また、加害側4人のうち40代女性教員から「あなたのことが嫌い」と言われたり、座っていたいすを後ろに引かれて頭を打ったりした児童がおり、保護者から訴えがあったことも明らかになった。(佐藤健介)

出典:https://www.kobe-np.co.jp/

さすがに教育委員会だけではな収束が付かなくなったのか、現校長が出てきて記者会見に臨むというまさかの自体ですよね。

当初この校長がいじめ問題を放置していたのではないかということでマスコミはかなり報道しておりましたが、しっかり記者会見をしていたことから、やはり前校長のようにパワハラ体質のような指導ではなかったのかもしれません。

慣性の法則とまではいいませんが、かつて校長が敷いていた女帝制度を代々受け継いでいたせいで、いじめをされる被害者男性が生まれてしまったのかもしれません。

組織体制というのはそれを考慮するとかなり怖いですよね。

また同時に、この仁王校長は全教員に対しても注意喚起を行っていたそうですが、やはりこの教員らはいじめ行為をやめるどころかエスカレートしていたそうです。

教育現場というのは怖いですよね、学校の隠蔽体質に関してもいじめて何年か何カ月後に発覚しないとこのように大々的に報道されないのであれば、どうにかしていると思います。

また、この女帝である長谷川雅代教員は、児童に対しても

「あなたのことが嫌い」

と座っていたイスを後ろにひかれたことがあるそうです。

先生も人間ですので、感情的になることはあると思います。しかしだからと言って理由なく「嫌い」といい怪我をさせる行為というのは犯罪行為だと思います。

また現校長をかばうわけではありませんが、既にいじめ組織の影響力が強すぎたたために、こんな形で弱気に指導のみとなった可能性も大いにありえそうです。

この女帝といわれた長谷川雅代は長い間この学校で教諭をしていたため、権力を持っており、威張っていた可能性も大いにありえそうです。

このように現校長が記者会見という異例の行動をしていることから、この校長が弱気になっていたのではないか?

という雰囲気も見て取れそうな気はします。

学校の権力図というのは現状把握はしきれませんが、世間の人々に教員間のいじめ問題もあるという認識をさせたこの問題はかなり痛手であると考えられます。

スポンサーリンク

加害者は免職か?

神戸の小学校教諭4人が後輩教諭を長期的にいじめをおこなっていた問題で、教員とは思えないほど悪質な行為から世間から大バッシングを受けている。文部科学省も11日、事実関係を確認するとともに、必要な助言や指導をおこなう考えを示していた。

吉村知事は「すでに、いろいろな動画も出ている。これは陰湿ないじめで傷害事件。被害を受けた教員は、非常に辛い思いをされている。気持ちを考えたら許せない」と怒りをあらわにした。

さらに、「加害者教員は教員失格。いじめを無くそうと一生懸命やっている最中に教員にいるいじめがあって、それがゆるい処分対応だったりしたら、これから指導すらできなくなる。神戸市教委は即刻、懲戒免職して、刑事手続きまで処理されるよう厳しい処分をしてほしい」と語った。

大阪府では教員によるハラスメント、セクハラ、パワハラ、いじめなどの暴力があった場合、教員向けに専門の相談窓口を設置している。相談があれば直ちに対応できる体制が整っている。

出典:https://www.lmaga.jp/

大阪府の吉村知事がまさかこのいじめ動画についてコメントを寄せておりました。

内容によると

・これは陰湿ないじめで許せない

・懲戒免職すべき

というような内容でした、またこれらの内容が事実であるということがわかれば、恐らく懲戒免職以上の実刑判決が下されることにもなりかねないという話も出ているそうです。

加害者達は簡単ないじりやいじめだと思っていたのかもしれませんか、この事件をきっかけに検察と話し合うことになるかもしれません。

被害者の精神的苦痛などを考慮したらいじめではなく、暴力行為や傷害罪にあたることは一目瞭然だと思います。

実刑判決を望む声も多数あることから、懲戒免職で済まない可能性はありえそうです。

名前や顔画像も出ているため、これから教員としてやっていくこともできないとは思いますので、今後の加害者側の処分もわかり次第更新させていただきます。

スポンサーリンク

被害男性は被害届提出!

出典:まとめダネ

神戸市須磨区の市立東須磨小学校で、教員4人が、同僚の男性教員に対して、日常的に暴言をあびせるなど、悪質ないじめ行為をおこなっていた問題をめぐり、被害を受けた男性教員の代理人は10月11日、強要や暴行、器物損壊にあたる可能性があるとして警察に被害届を提出した。

NHKなどによると、この教員たちは、同僚の男性教員に対して、日常的に暴言を浴びせるだけでなく、羽交い締めにして激辛カレーを食べさせたり、ドレッシングやキムチ鍋のもとを飲ませたりもしていたという。

さらに、平手打ちをする、蹴る、首を締める、関節技をかける、熱湯の入ったやかんを押し付ける、コピー用紙の芯で尻をたたくなど、およそ50ものいじめ行為があったという。

今後、警察が捜査に乗り出すことも想定されるが、こうした行為が犯罪にあたる可能性はあるのだろうか。また、いじめ被害を受けた男性教員は、加害側に対して損害賠償をもとめることはできるのだろうか。田沢剛弁護士に聞いた。

●暴行罪などの可能性

報じられている4人のいじめ行為は罪に問われないのか。

「考えられる罪名としては、暴行罪(刑法208条)、強要罪(刑法223条1項)などがあります。激辛カレーを無理やり食べさせたり、目や口に塗ったりすれば、それ自体が暴行ですから、その結果、身体の生理的機能に障害が生じたということであれば、傷害罪(刑法204条)も成立するでしょう。もちろん、被害教員が被害届を提出するなどして、捜査当局が動かなければ、罪に問われることはありません」

被害を受けた男性教員は損害賠償をもとめることはできるのか。

「国家賠償法1条1項は、『国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によって違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる』と規定しています。

被害教員に対する加害行為が公務や公務関連行為に該当しなければ、私的行為ということになりますから、国家賠償法の問題ではなく、民法によって損害賠償を求めることができますが、公務や公務関連行為である場合には、公務員は個人的な賠償責任を負わないでしょう」

今回の場合はどうなのか。

「個々の加害行為のすべてが明らかにされているわけではありませんが、少なくとも激辛カレーを無理やり食べさせたり目や口に塗ったりする行為は、公務や公務関連行為とはいえないでしょうから、被害教員は加害教員に対し直接に損害賠償を求めることが可能と考えられます」

出典:https://news.livedoor.com/

20代の被害者教員は、今回被害届を提出したそうです。確かに話を聞く限りだとかなりの重罪であるような気はしますよね。

どうやら

・暴行罪(刑法208条)

・強要罪(刑法223条1項)

・傷害罪(刑法204条)

等の法律違反となるそうです。捜査当局が動かなければ有罪判決というような形にはなりませんが、これだけ世論や世間の人々の反感を買ったいじめ問題であると考えると、捜査当局も動かざるを得ないと思います。

もし捜査当局が動くとなると、主犯格の長谷川雅代をはじめ他の3人の加害者は、刑務所や拘置所で拘束される可能性も大いにありえそうです。

そうなる前に加害者達はあらかじめ、示談などの要求をこの被害者男性に対して、なんらかのアクションをすると思われます

まさか集団で遊び半分でいじめていたことが、社会問題化してその後、実刑判決や多額の示談金が必要となるケースというのは、本人たちも考えていなかったことでしょう。

警察や捜査当局は世論の流れによって、動きももちろん変わってきます。このいじめの社会問題化を考慮すると、動かざるを得ないというのが、正直な話だと思います。

教員間のいじめ問題で、実刑判決を受けて、二度と教員という立場で生徒の前に立つことができないということも考えられるとなると、事の重大さは後から知っても遅いですよね。

教育現場ではこのような隠蔽体質が常に行われている可能性も大いにありそうです。政府もこのような問題が起きないように、管理することをしていれば、今後他の学校で同様の事件も起きないような気がします。

市教育委員会や学校の取り組みを政府が今一度洗い出し、隠蔽体質やパワハラ体質に対して次に活かすように、教訓としてなにかしら規約や決まり事を決定して欲しいとは思います。

二度と同じような事件が起きませんように。。

スポンサーリンク

女性教師のセクハラも!

神戸市の小学校で、複数の教師が20代の男性教師に悪質ないじめを繰り返していた問題。この加害教師らからセクハラなどの被害を受けたと訴える女性教師が、取材に応じました。その被害の実態とは?

【被害を受けた女性教師】
「性的な、自分の女性的な部分に関してネタにされるというか。面白おかしく、他にも人がいる前で話をされるというが、何度もあった」

こう被害を訴えるのは、かつて神戸市の東須磨小学校に勤務していた20代の女性教師です。

東須磨小学校では教師4人が、20代の男性教師に激辛のカレーを食べさせるなどの悪質ないじめを繰り返していました。男性教師は、精神的に不安定になり休職しています。

市の教育委員会の調査では、この加害教師たちは、別の教師3人にもセクハラなどの嫌がらせをしていたことが明らかになっています。

【被害を受けた女性教師】
「私がしゃがんで作業をしている際に、腰のあたりから私の下着が出てしまっていたみたいで、色であったり、どんな下着だったのかというのを何度も皆さんの前で、話題にされる」
「『そろそろ生理ちゃうんか』と、生理周期とかをネタにされるような形で笑いにされるっていうのはよくありました」
「私がしゃがんでいる際に、後ろから足でお尻を持ち上げるような形で接触されることもあった」

また、頭が揺れるほど叩かれたほか、地域の運動会の競技中に引きずられて、けがをしたこともあったということです。

実はこの東須磨小学校において、セクハラに関しても行われたいたという事実が確認とれました。この取材に応じている20代女性教師はかつて、

「お尻に足で撫でられた」

「生理周期をネタにされた」

「下着の色を色々ネタにされた」

といったセクハラ行為がかなり横行していたそうです。小学校の先生というのは、しかるべき対応や人としてしてはいけないこと、してよいことというのを指導する場ですよね。

それを考えた時に、このようなことを堂々としておりなおかつ、その後児童の指導に関して行っていたと思うと、かなりありえない行為だと思います。

また同様にこの女性教師の方も、先生がやってはいけないことをしているのはおかしいことですとしっかり発言されております。

セクハラ、いじめ問題、暴力などのような行為が日常的に行われているとすると教育現場とはいかなるものなのかと、子供たちにとって教育とはどのようなものなのか?

とかなり疑問点が残ります。

同時に現校長先生である、仁王美貴校長先生が教頭という役職だった際に、この堂々と行われていたいじめを知らないわけがないという新しい証言も出てきました。

仁王美貴先生はしっかり記者会見は行いましたが、このような発言がでるとなれば、答弁に嘘や隠蔽があったのではないか?と国民や保護者を騙す結果となってしまうと思います。

今さら嘘を言っても仕方ないですので、しっかり正直に記者会見して欲しいなと思います。

真実は不明ですが、この女性教師を信用するか仁王美貴先生の話が本当なのかは不明ですが、この女性教師の方のほうが信ぴょう性が高そうな気がします。

スポンサーリンク

性行為強要の教師は蔀俊?

 神戸市立東須磨小学校での教員間イジメ問題を巡り、強要罪の疑いのある新たな“犯罪行為”が「週刊文春」の取材で判明した。

 時期は昨年末ごろ。加害教師4人組の1人で、30代男性のA教師が、後輩教師の男女に対し、「お前ら、今日やらんかったら知らんぞ」などと脅迫の上、性行為を強要し、その証拠画像を撮影して送るよう指示していた。さらに「(証拠画像は)汚いからオレの携帯には送ってくんなよ」と命じた上、動画が報道されている「激辛カレー強要事件」の被害者であるX先生の携帯に、その画像を送らせたことも分かった。

 学校を通じてA教師にこの件について取材を申し込んだが、締め切りまでに回答はなかった。

 10月17日(木)発売の「週刊文春」では、この性行為強要事件の詳細や、イジメの中心人物であるA教師の人間性をうかがわせるような高校時代のエピソード、さらに前校長の学校内での評判などについても詳報している。

出典:https://news.nifty.com/

20代男性教師に対して、いじめ問題(暴力、強要、セクハラをさせる、器物損害)といった形の犯罪行為をしたのにも関わらず、他の20代女性教師がセクハラをされたというような報道もありました。

さらには、今回「週刊文春」によると、後輩教師に対する“性行為強要”という形での犯罪行為が行われていたことが新たに判明していたそうです。

しかもこのような犯行をしたのは、またいじめ問題を起こしていた男性教師の加害者Aとのことから、週刊文春が取材を申し込んだが、期限までに回答がなかったそうです。

30代教師とは一体誰なのでしょうか、調べると今回加害者の4人中3人が

・男性教師

・30代

であると言えます。

・柴田祐介

・蔀 俊(しとみしゅん)

・佐志田英和

今回この性行為を強要した人達は、3人の30代男性教師の中の1人だそうです。またSNSでは以下のような呟きもありました。

蔀俊と同じ高校ということで、週刊文春から取材を直接受けたということが今回SNS上で判明しました。

そしてその翌日、週刊文春で「30代男性教師からの性行為強要!」

というような見出しで、発表されたとすると、蔀俊(しとみ しゅん)が一番候補としては確率的に高いと考えられます。

現状としてはSNS上の呟きですので、100%断定はできませんが、これからSNSの特定班や明日発売の週刊文春によって犯人像がはっきりわかると思いますので、分かり次第掲載してきたいと思います。

それにしても、いじめや、セクハラ、性行為強要などやりたい放題ですよね。

本当にここは小学校だったのでしょうか?なんなら加害者達にももう一度小学校からやり直して欲しいと思うばかりです。

スポンサーリンク

加害者達の謝罪文!女性教師が謝らない?

神戸市市立東須磨小学校において、加害者教員の4人の謝罪文が読み上げられました。

10月16日に保護者会が行われた内容となっております。

【30代男性教員A】

 ここまで被害教員を大切に育ててこられたご家族の皆さま、このたびはこのようなあってはならない事態を引き起こしてしまい、大変申し訳ありません。ご家族の皆さまには直接お会いして、謝罪の辞を述べさせていただきたいと思います。

 東須磨小の保護者の皆さま、そして子どもたちに、おわびをしなければいけません。いけないことを教える立場の私が、加害者となり、混乱と不安を与えてしまうことになってしまいました。信頼を裏切ることになってしまったことを、深くおわびしたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

【30代男性教員B】

 自分自身の相手への配慮に欠ける言動や、軽はずみな言動に、最低な人間だと実感しました。一社会人として、人間として、恥ずべきことと考えています。もし、許されるのであれば、被害教員やご家族に直接、誠心誠意、謝罪したいと思います。

 東須磨小の児童、保護者の皆さん、自分の身勝手な言動で、たくさんの迷惑をおかけしました。この事案を機に自分の在り方をしっかりと見直し、自分の言動に対して猛省を続けたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

【30代男性教員C】

 相手のことを思いやらずに、自分勝手な行動で相手を傷つけたことを反省しています。被害教員をはじめ、私の行動で嫌な思いを先生方にさせてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 東須磨小の子どもたちや保護者の皆さんには、申し訳ない気持ちです。私の犯した行為は、許されることではありません。東須磨小の子どもたちは、素直な明るい子どもたちなので、そこを伸ばしてほしいと願っています。ただ、私の行為はその成長の邪魔をしてしまったと思っています。

 【40代女性教員】

 子どもたちに対しては、こんな形になって申し訳ないです。子どもたちを精いっぱい愛してきたつもりですが、他の職員を傷つけることになり、子どもたちの前に出られなくなり、申し訳ありません。私の行動で、迷惑をかけてしまったことに対して、本当に申し訳ないと思っています。

 被害教員に対しては、ただ申し訳ないというしかありません。被害教員のご家族に画像を見せられ、入院までしている事実と、苦しんでいる事実を知りました。本当にそれまでは、被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです。自分の行動が間違っていることに気付かず、彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです。どうなっているのかと、ずっと思っています。

神戸市立東須磨小学校の教員による教員への“いじめ問題”について、加害教員4人それぞれの謝罪コメントが10月16日に公開された。しかし、主犯格とされる女性教員のコメントに非難の声が止まない。

神戸新聞によると30代男性教員の3人はそれぞれのコメントで「ここまで被害教員を大切に育ててこられたご家族の皆さま、このたびはこのようなあってはならない事態を引き起こしてしまい、大変申し訳ありません」「東須磨小の子どもたちや保護者の皆さんには、申し訳ない気持ちです」「東須磨小の子どもたちは、素直な明るい子どもたちなので、そこを伸ばしてほしいと願っています。ただ、私の行為はその成長の邪魔をしてしまったと思っています」などと被害を受けた教員や同校の子供達に向けて謝罪や反省の意をつづっている。

いっぽう主犯格とされる40代女性教員はコメントでまず「子どもたちに対しては、こんな形になって申し訳ないです。子どもたちを精いっぱい愛してきたつもりですが、他の職員を傷つけることになり、子どもたちの前に出られなくなり、申し訳ありません」と切り出した。そして「被害教員に対しては、ただ申し訳ないというしかありません」とつづりながらも、こう明かした。

「本当にそれまでは、被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです。自分の行動が間違っていることに気付かず、彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです」

そして、「どうなっているのかと、ずっと思っています」と結んでいる。

その謝罪の順番や内容、「可愛がってきた」などの文言がTwitterで注目を集め「女性教員」がトレンド入り。そして、非難の声が殺到している。

《40代女性教員の「かわいがってきただけに」という件が恐いな。DVとかする人の発言に似てる》
《かわいがってたのに苦しんでてつらいみたいな事言っててまるで他人事だし。誰のせいで苦しんでるのか理解できてなさそう》
《というか女性教員謝ってないな……ひたすら「私なりにかわいがったつもりだったけど違ったのね」しか言ってないな》
《私が被害者なら、この40代女性加害者には「いえ。もう勝手に私のことを想うことも止めて下さい。念を送られてるようで怖いです。」って言うと思う》

10日の神戸新聞によると被害教員は子供達に「いつか、みんなの前でまた元気になった姿を必ず見せに行きます。その日を夢見て先生も頑張ります」とつづり、保護者たちには「僕が作った学級通信や子供への手紙を宝物だと言ってくださった経験が今の僕の宝物です」「たくさんご心配やご迷惑をお掛けしてすみません」とのメッセージを送ったという。

出典:https://news.livedoor.com/

ここでかなり矛盾が生じる発言をしているのが、

40代の女性教師が20代男性教師に対して、今さらになって

「かわがってきただけに本当につらい」

といった形で証言をしていることです。

被害者男性が療養している最中に

「謝ればいいんでしょ?」

といった形で、暴言を吐いていたのにもかかわらず今さらになって

「かわいがってきたつもり」

というようなどうかしていると思います。療養までさせておいたのに、かわいがってきたという発言はどう考えてもおかしいです。

強いていうのであれば、相撲業界で“かわいがり行為”というのは先輩が後輩に対して、躾や心身鍛錬のために厳しい稽古で鍛えることを示します。

しかしこれは明らかにやりすぎですし、常識のかわいがり行為の範囲を超えております。相撲業界でも過度のシゴキ用語として捉えられた”かわいがり行為”は今回、教員間でも行われていた?ということでこの用語を使用したのでしょうか?

明かな自己保身でしか過ぎないと思います。反省しているのかいささか疑問です。。

スポンサーリンク

カレーに罪はない!twitterで抗議!

神戸市立東須磨小学校で男性教師が同僚4人から激辛カレーを無理矢理食べさせるなどの悪質ないじめを受けていた問題で、学校側の対応に批判が集まっている。

テレ朝ニュースによると10月16日夜に開かれた保護者説明会では、カレーを無理やり食べさせている映像をテレビなどで見てショックを受けた児童らへの対応として、給食のカレーを一時中止することなどが発表された。

これに関して「的外れな対応では?」と疑問の声が上がっていたが、全国のカレー店からも「給食のカレーは悪くない」「カレーに罪はない」と訴える動きがTwitter上で広がっている。

出典:https://www.huffingtonpost.jp/

実は教員間のいじめ問題を受けて、カレーを販売している飲食業の方々がカレーに罪はないと反論しているそうです。

確かに教職員間のいじめで用いられたカレ―は悪魔で、教職員の使い方が悪いだけであり、カレー自身に罪はありません。

カレーを用いたいじめ行動というのは具体的に、被害者教員を羽交い絞めにしてカレーを口もとや目や鼻につける行為のことを指します。

これは児童館ではなく、教員同士で行われているとはかなり驚きですよね。さらにそのうえ、給食のカレーを中止にするとは論点がずれすぎているような気がします。

またtwitterでは以下のような形で、カレーに対する抗議が行われました。

スポンサーリンク

給与差し止めの教員は誰?

兵庫・神戸市の小学校での教師間のいじめ問題で、給与差し止めなどの処分を受けた加害教師の1人が、不服を申し立てていることがわかった。

神戸市の東須磨小学校で、同僚の男性教師に悪質ないじめを繰り返した教師4人は、10月に改正された条例で、休職のうえ、給与を差し止められる処分を受けている。

この加害教師のうち1人が、処分を不服として、神戸市の人事委員会に対して、処分が適正だったか審査を求めていることがわかった。

加害教師は、「4人の行為は、回数や悪質性が異なるのに、一律で処分を受けるのは不服だ」としていて、弁護士は「条例が施行される前の行為に条例を適用するのは問題だ」などと主張している。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

東須磨小学校の教員いじめ問題で、加害者教員がいじめ問題で条例が施行される前の条例をすることはおかしいなどと不服申し立てていることが判明しました。

確かに条例というのは、制定されたあとに条例違反という形で罰せられるのが性質上自明だと思います。

しかし今回のケースは社会問題のスケールの大きさを気にしてなのか、条約制定をする前に

・有給を取り消そう

・加害者教員に罰則

といったことが世論に流されてしまい決定したといった背景は確かにあります。

しかしながら、この教員達は不服を申し立てるのも法律上わからなくもないですが、そもそも教員つまり学校の先生としてのモラルがかけている気がします。

まず生徒や保護者に向かって謝罪の言葉や反省の言葉を面を向って話すべきじゃないかなと思います。

そしてこの加害者教員が

「4人の行為は、回数や悪質性が異なるのに、一律で処分を受けるのは不服だ」

と申し立てている事から、

①回数や悪質性が他の加害者教員より薄い人

②給与が止まってしまうと困るような人?

この2つの観点からすると、30代の男性教員の3人であることが候補としてうかがえます。

そして給与が止まってしまい困るのは、やはり奥さんや子供がいる家庭である可能性があることから、

柴田祐介
蔀俊
佐志田英和

の三人のどれかではないか?といった推測となりました。

しかし現状としては誰なのかは一体わかっておりません。下記にコメントを掲載しておきますので、ご覧ください。

加害者である意識がまるでない事に怒りを感じます。
自分は回数も少ないし悪質性もないと言いたいのでしょうか?
被害者教諭はどれだけ悩み苦しんだか。
教師以前に人としてどうかと思います。

確かに遡及して法律を適用するのは問題があるかもしれないが、それくらい判断出来るなら出勤して記者会見すれば良いのでは?

権利を主張するのは勝手だが、その前に果たすへき義務があると思います。
顔とか実名なんて既にネットには出ていてどうてもよいので、1日も早く児童や保護者の前に出てきて謝罪すべきだと思います。それもせずに処分がおかしいなんてよく言えたものだと感じます。暴行暴言は論外だが、子供達から大切な先生を奪った罪は重い。

この方は本当に教師なのか?
今回の件は回数とかの問題では無いと思います

この方は本当に教師なのか?
今回の件は回数とかの問題では無いと思います

市議会のやり方に問題はあったと思うけど、加害者が言うのはどうなんでしょう。誰か周りで止めなかったのかな。これによって、余計復帰は遠退きましたね。教育を受ける側には良かったのかもしれないですけど。

教師に対する懲罰の権限があるのは任命権者である。それは必ずしも司法の判断を待たずに行使出来るものであると思う。従って今の時点で懲戒免職の処分も出されるはずである。

ネットやTwitterでは実名が晒されているし、処分が下されたなら、その処分を受けた教員が誰なのか分かってしまうでしょう。そうなれば、不服申し立てをしたのは誰かも、消去法で分かってしまう。そうなれば、処分を受けた教員以上に批判と注目を浴びてしまうのに、何のメリットがあるのか。同僚に危害を加えたけど、給料がほしいとは、人としてどうかと思う。
他人を傷つけたら、職も地位も、住むところすらも失くなる事を身をもって子供に教えて欲しい。
他人を虐めても、税金から報酬を貰えるなんて姿を子供に見せることが出来るのか?教えて欲しい。

他の人は5000円の商品を万引きしたけど、自分は1000円しかやってないから同じ様に捕まるのはおかしいって理論が通じると思う?

金額は違えど万引きは万引き!
程度は違えどイジメはイジメ!
もっと言えば、コレはイジメじゃなく犯罪。

市長の、「懲戒処分まで待てない」思いが痛いほど分かる、

ある副園長が逮捕されました。
園児の保護者から被害届が複数出されているそうです。

なぜ神戸のこの事件は動きが遅いのでしょう?

良い根性してるワ。ここでも生来の性根の悪さが露出してる。到底、教員としての資質には欠ける人物であると感じる。これだけことが大きくなったのだから、陰でコソコソと権利を主張するのではなく、全員表に出て、状況説明をするべきだと思う。

加害の度合いが違うのは理解出来ます。
でも五十歩百歩でしょう。
メディアの方々はこの教師の氏名、写真、実行した事なとをつまびらかに公開するべきだと思います。
他のいじめ教師との違いを含めて。

どんな会社でも、著しく信頼を損なう行為をした場合にはクビになることありますよね。
教員としての信頼を著しく損なう行為に当たると思うけどなぁ。
というかこの世論の中で不服申し立てできるのがものすごいメンタルだと思う。

分からんでもない
その当時は懲罰事案ではなかったのだから
ただ、人の道に外れた行為、ボスがどうとかいうても荷担してた以上下手したらバッシング対象は自分になりかねないかもね

教員として相応しかったのか?
それを考えるべきではないてしょうか!
すでに暴行行為は認めているのでしょう?
カレーの件は知らないだの、車の上に上がってないだの、そんな問題ではないでしょう!
学校の生徒たちに与えた不信感、心理的影響を考えてますか?
虐めをされた教員がどうだった!だけの問題では収まらない所に来てるんですよ。
よく考えて下さい。

被害に遭われた教員の気持ちを思うと憤りを感じます。加害教員は早急に全員を懲戒免職にするべきです。給与の差し押さえは当たり前だと思います。自分さえ何とかなれば良いような発言をするこの教員は社会人としてどうかと思います。早く懲戒免職にして下さい。こういう教員を二度と教壇に立たせてはいけないと思います!

当然、不服申し立ては出るでしょう。教育委員会は当然、読んではいたでしょうが。
・退職も出来ない
・収入も切られた
・処分もいつ出るか不明
なら誰でも生活に窮するでしょう。

教育委員会が法の不遡及に反して行っている処置の可能性が否定出来ないですし、その点では異論はあると思う。

やった事は人として最低だと思うがね。。

まぁ、4人同等の罪なわけはないし
いつになるか分からない処分確定まで無給なのも納得出来ないだろう。

しかし、自分の意見を言いたいなら
堂々と人前に出て、所見を述べれば良い。

一律ではないという主張かもしれませんが、4番目の人の処分を軽減するのではなく、他の3人をもっと重い処分にすべきだと思います。
処分の重さを不服としているのでれば加害者の自覚がないです。被害者の方が教職を続けられていないなか、教職にとどまれているだけでも大甘の処分です。

この人も30数年、生きて来られた人ですよね。
今まで色々な事件のニュースを見てきたでしょう。

自分が当事者になった。
それだけの話です。
有給休暇を使って雲隠れすれば世間は忘れるだろう。
そんな感じかな?
公務員が悪いことして雲隠れして給料貰えるなんて考えれないだろ!

何で、この人は教師と言う道に就いたのだろう?
人に教えるの間違っています。

条例が施行される前の行為に条例を適用するのは大きな問題です。教師の弁護士の言う通りなので神戸市と市教委としては裁判になれば敗訴になります。
もともと神戸市の人事異動と当該校長の管理に問題があったわけです。神戸市教委が逃げてはいけないことですが、ほかに蒸し返される事案が山ほどあるのだと思います・

教師でありながらこんな発言ができるから、
例の行動が普通にできたんだなと思います

病気ではなく単なる自身の不始末で職場放棄して
現場、子供達に多大な迷惑をかけていても
権利を主張している事に神経を疑います

傷害罪で起訴され罪の酌量はあると思いますが
一般企業で考えれば、職務性から全員懲戒解雇レベルに十分達していて退職金も不給になると思います

地方公務員なので副業はできない。辞職することも出勤することも止められている。給料が差し止められた。 
ということは、生活できませんよね。憲法の「最低限度の生活」もままならないような状態になっているのでは?
給料を支払いたくない世論の感情も分かりますが、無理やりこれに合わせた条例を作って適用することに違和感を感じます。
また、「本人が出てきて謝罪を」というのは難しいでしょう。本人がその気でも、学校側が止めているはずです。
刑事事件として立件し、懲戒免職&実名公表するために一日でも早く調査をすることが最優先なのではないでしょうか。

給与差し止めを支持する意見が多いけど、これは違法だと思います。

これは後付け処罰を認める事になります。これではゴールポストを移動させる隣国と同じ情治国家です。
最近は隣国のような感情的正義を主張する日本人が増えました。
日本は法治国家の筈です。

加害教諭は辞職も出勤も認められず命令で自宅待機状態である事を考えれば、給与は支払わざるを得ません。支払わないなら懲戒免職にすべきです。
懲戒免職なら給与支払い義務はありませんが、懲戒免職にするには当然ながら懲戒免職の要件が成立する必要があります。

規定不備等で懲戒免職に出来ないけど、国民感情を考慮して免職相当の処分をするというのでは、まさに情治国家そのものです。
法治国家である以上、「悪法も法なり」という法治主義の基本を忘れるべきではありません。

ちなみに隣国は独特の「正義」の概念が「悪法も法なり」と矛盾するので情治国家になるようですね。

スポンサーリンク

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. ねこ より:

    やっぱり狂死ですか???

  2. 通りすがり より:

    謝罪文から滲み出る腐った人間性。
    特にこの”40代女性教師”の更生は不可能としか思えない。

  3. rin より:

    女帝と言われている方のコメントを読み…
    胸がムカムカしています。

    『他の職員を傷つけることになり、子どもたちの前に出られなくなり』
    ⁇ 傷付けたのはあなた方ですよ。
    そして、子供達を傷付けたのもあなた方。
    だから、子供達の前から姿を消して。

    被害者の方が遺書を書かくまでに、精神的に追い込んだのはあなた方です。
    『思いがあって』とは?
    暴行、傷害行為をする”思い”とは何ですか?
    『彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです。』
    本当に他人事の様な言い草ですね。
    あなた方が今後教壇に立つ事を、日本国民は断じて望みません。あなた方が人と関わる仕事をするのも嫌です。

  4. ライドオンエクスプレス より:

    ■東須磨小学校 
    〒654-0032 神戸市須磨区堀池町1-2-1 TEL 078-731-0448

    長谷川雅代(主犯格の女教師)
    いじめ加害者4人の実名(柴田祐介、蔀俊・しとみたかし、佐志田英和、長谷川雅代)。
    校長は仁王美貴。
    前任校長・芝本力。

    この外道どもに美しい制裁を与え、日本のモラルの高さを世界に証明したいですね。

  5. mikan より:

    学校に出入りしている業者で
    先生の表や裏の顔を知るものです。
    皆さん、びっくりされるかもしれませんが、
    今回の事件程度の嫌がらせ・イジメは
    ほとんどの学校に普通にありますよ!
    先生が気にいらない児童のプライベートな家庭事情を
    仲の良い保護者にわざと漏らして
    気にいらない児童がイジメられるように仕向けるとか
    ある、子がアンケートに他の子のイジメを
    書いたら、イジメ対策は行われず、
    次の学期からアンケートを書いた子の通知表が
    一気に下げられたようです!
    まだまだ、イジメが学級内にあってなならぬ、
    あるはずがない事にしないとまずいと言う考えがあって
    残念ながら見て見ぬふりが当たり前ですよ!

  6. むー より:

    教師が腐ってるなんて昔からある。虐めを何とも出来ない奴も居た。無視されてるのは「気のせい」「もっと自分から行き」とほざく輩が居た。自分から遊びの輪に「入れて」と言ったら《合議》が始まる。それを「気のせい」で片付けてる輩が❰教師❱。また学級崩壊させた教師がクラス替えと担任交代を訴えたら校長の判断で行った。異を唱えた教師が転任させられた。強制的な転任だったが転任させられた教師はこの件で発言も封じられた。そんな世界です。

  7. ねこ より:

    狂師でいじめの偏差値が高すぎるぞ、いじめのデパート、いや東大ですかwwww

  8. 匿名希望 より:

    もしも加害者がこの程度で許されるのなら今後学校の中では何をやっても「いじめ」として片付けてしまう可能性があるので4人はキッチリ刑罰を受けるべき。

    子供に悪い事は悪いと教え込むためにも学校側は勘違いしないでほしい。加害者は引きずってでも会見の場に出させて正直に話させた方が学校のイメージもここまで下がる事は無かっただろうに。この後に及んで庇う意味が分からない。