橋田寿賀子が死去!死因は何?過去に安楽死の遂行?コロナ感染の可能性もある?

『渡る世間は鬼ばかり』で有名な脚本家・橋田壽賀子さんが死去されました。誰もが名前を知っている国民的ドラマの脚本家ということもあり、驚いた方も多いのではないでしょうか。また、数年前に安楽死宣言をしていたことや、コロナ禍ということもあり、死因も話題になっています。

 

スポンサーリンク

 

 脚本家・橋田壽賀子さんの訃報報道!

有名脚本家の橋田壽賀子さんの訃報が報じられました。

まずは訃報内容の概要です。

「渡る世間は鬼ばかり」などを手がけた脚本家の橋田壽賀子さんが、4日、亡くなりました。95歳でした。  橋田壽賀子さんは、脚本家として、TBSテレビのドラマ「渡る世間は鬼ばかり」やNHKの連続テレビ小説「おしん」など数多くの名作を世に送り出しました。2015年には文化功労者として顕彰されたほか、昨年秋には文化勲章を受章していました。  橋田さんは、今年2月下旬から、急性リンパ腫の治療のため東京都内の病院に入院。先月には、自宅のある静岡県熱海市内の病院に移り、治療を続けてきました。そして3日、自宅に戻り、4日午前、息を引き取ったということです。  橋田さんの遺志により、通夜・告別式、「お別れの会」などは行われないということです。

出典:Yahoo!ニュースより

誰もが名前を知っている国民的ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』の脚本家である橋田壽賀子さんの訃報が報じられました。

訃報が報じられると瞬く間にTwitterでトレンド入りするなど、大きな悲しみが広がっています。

今回は、橋田壽賀子さんの死因や安楽死の噂についてまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 橋田壽賀子さんの死因は何?

95歳で亡くなった橋田壽賀子さんですが、死因は何なのでしょうか。

老衰の可能性も高そうですよね。

報道によると、橋田さんの死因は急性リンパ腫ということです。

脚本家の橋田壽賀子(本名:岩崎壽賀子)さんが、急性リンパ腫のため4日午前9時13分死去した。95歳。5日、一般財団法人・橋田文化財団が発表した。橋田さんは、今年2月下旬、都内の病院に入院し、治療に専念。3月中旬、熱海市内の病院に転院。4月3日、熱海市内の自宅に戻り、翌4日、静かに息を引き取った。なお、故人の遺志により、通夜、告別式は執り行わず、きょう5日、茶毘(だび)に付された。書面では「皆さまへ事前にお知らせできませんでしたことをお詫び申し上げますと共に、ご理解を賜りますようお願い申し上げます」と伝え、橋田文化財団については今後も「故人の想いを引き継ぎ、今後も、放送文化の発展に微力ながら貢献して参る所存です」としている。

出典:岩手日報より

今年の2月から病院での治療をしていたようですね。

橋田壽賀子さんの意思により告別式やお別れ会などは執り行われないようです。

また、事前に闘病が知らされていなかったのも、故人の遺志を尊重されたようです。

 

 

スポンサーリンク

 

 安楽死やコロナの可能性が噂されている?

急性リンパ腫で死去された橋田壽賀子さんですが、安楽死やコロナの可能性が噂されています。

安楽死についての根拠は、過去に橋田壽賀子さんご自身が安楽死宣言をされたことにあるようです。

 

安楽死という選択を心の保険にしていたようですね。

ただ、最後に安楽死を選択したというわけではないようです。

また、コロナ感染の噂については、現在の時世が原因のようです。

 

 

スポンサーリンク

 

 泉ピン子さんがコメント

訃報を受けて、泉ピン子さんがコメントを発表しました。

昨日意識がなくなったとき、「ママ」って呼ぶ私の声が聞こえたのか、最後に目を見開いたんです。それが最後でした。クルーズ旅行に行くとき、お正月に着ていたお気に入りのドレスと、橋田文化財団を設立したときに作った松竹梅の思い出のドレスを着せて、私がお化粧をしてあげて、旅立ちました。橋田さんは「悲しまなくていい。千の風になっているんだから。あなたの周りにいるから」といつも言っていました。「でも、私が先に逝くとは限らないけど」と茶目っ気たっぷりで付け加えたりして。ですから最後は「千の風になって」をかけて送りました。今の私があるのは橋田先生のおかげです。舞台もドラマもやらせてもらいました。ずいぶん喧嘩もしたし、泣いたこともあったけれど、橋田さんとご主人には本当の娘のようにかわいがっていただきました。私も熱海で暮らすようになって、最後はずっとそばにいられたから熱海に越してきた意味があったと思います。

出典:TBS NEWSより

橋田壽賀子さんと泉ピン子さんは名コンビのイメージがありますので、悲しみも深いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 世間の反応は?

最後に今回の訃報について、世間の声を紹介します。

 

ご冥福をお祈りします。

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)