本保佳音(ほんぽかのん)兄弟は?ピアノの腕前が凄い?年齢!wiki!

 

本日は、雪印メグミルクのとろっぴ~CMで話題になっている子役の女の子、本保佳音さんについてまとめてみました!

まだ情報もそんなに多くは無いのですが、実はCMや、TV番組、映画など多岐にわたって出演されており、気になっている方も結構いるのではないでしょうか!

特に、2019年10月末ごろより放送された雪印メグミルクのCMでは、キャッチーな曲に合わせてとてもかわいいキレキレダンスを披露されている姿を観て癒された方が多いと思いますが、筆者もその一人です♪

では、本保佳音さんについてみていきましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

Wiki風プロフィール

本保佳音(ほんぽ かのん、2014年(平成26年)4月27日生まれ)はテアトルアカデミー所属のタレントです。

身長は107Cmで、趣味・特技は、ピアノクラシックバレエ。ピアノの腕前は2つのコンクールで上位賞を受賞するほどの実力を持っています。

 

主な出演作品

 

 

映画 ビューティフルドリーマー

ドラマ フジテレビ『悪魔の弁護人 御子柴礼司』津田倫子役

TV日本テレビ 『解決!ナイナイアンサー』、BSスカパー!『パニパニパイナ!シーズン2』レイレイ役

CM/スチール 『イオンネットスーパー』、雪印メグミルク『6Pチーズ』、フジパン『ネオバターロール』、P&G『パンパース Splashes』、アガツマ『ハローキティキッチンレジスター』パッケージ

BOOK 講談社『げんき』、講談社『いないいないばあっ!』

その他 VP『阪急不動産』、ベネッセ『こどもちゃれんじぷち』DVD

引用:テアトルアカデミータレント紹介本保佳音

 

スポンサーリンク

 

6Pチーズとろっぴ~CMとは?

2,019年10月26日より放送されたこのCMです♪

特に2019年は雪印メグミルクの66周年ということで、よくこのCMが流れていましたね!

『とろとろとろっぴ~レンジで10秒♪』という曲とともに、とてもかわいいダンスをみせてくれていますね♪

 

パッツン前髪で、おしりをフリフリしたり、ポンポン叩いたり、腕をくねくねとしたり、動作が可愛すぎて悶絶ものですね!

それでいて、キレキレダンスであり、最後にはキメのドヤ顔(笑)をしたりと、とても表現が豊かですよね♪

この動画の再生回数は累計で100万回を超えており、SNSでも話題になりかなりバズっていました!

身長が今のほうが伸びていることもあるのでしょうが、他のメディアやSNSなどの写真に比べると、こちらの動画の時は、見た目が若干ふっくらしているようです♪

でもそれがまたこの役にとてもマッチしていてかわいいですね!

 

 

スポンサーリンク

本保佳音さんについて詳しく!

 

2021年1月現在で6歳の保育園の年長さん、または幼稚園生ですが詳しい情報は出てきませんでした。

出身地なども、まだ6歳のため非公開なのか、出てきませんでした。

こちらの情報については、また詳細が分かり次第更新します。

YouTubeの他の動画も観てみましたが、ハキハキと話す様子は、とても6歳とは思えないほどしっかりしています。

 

以下は動画中の本保佳音さんのコメントです。

『色がたくさんあったので選びきれなかったので、もう一度やりたいです。あと、ジオラマがステキだったので、みんなにも見てほしいです。』

6歳の子がこんなにはっきりと、自分の感想を言えるなんて、すごいと思いませんか?

日々の演技のお稽古も、一生懸命に頑張っているのでしょうね。

恐らくこの様子だと、文字などもスラスラと読むことが出来ているのではないでしょうか?

また、とろっぴ~のCMの時とは、全然違う雰囲気で、とても知的で落ち着いた姿ですよね!

ちなみに、筆者には本保佳音さんより1つ年上で小学校1年生の息子が居るのですが、本保佳音さんのしっかりしすぎている姿を見て信じられませんでした(笑)

この立ち振る舞いや、受け応えなどはとても6歳児には見えませんね。

教育がしっかりしていると、こんなにも素敵な6歳児に育つということを身に染みて感じます。

 

 

スポンサーリンク

年齢は?同じ事務所に同級生は?

引用:テアトルアカデミーホームぺージ・タレント紹介より

2014年4月27日生まれなので、現在年齢は6歳ですが、テアトルアカデミー内では、幼児・小学生部門に所属していますが、同級生のタレントはいないようです。

ちなみに、キッザニアでの職業体験で一緒に出演していた、鈴木楽(すずき たの)さんは同じ事務所に所属しており、2013年6月28日生まれで現在7歳の小学1年生ですね♪

 

かわいい写真を集めました

 

 

 

どうでしょう?

どれもとっても可愛らしく、豊かな表情ですよね♪

 

テアトルアカデミーの所属タレントは?

出典:テアトルアカデミーホームぺージ・テアトルアカデミーについてより

 

佳音さんの所属する、テアトルアカデミーは、0歳から40歳以上の方までの幅広い年齢層に、俳優・タレント・歌手・モデル・声優・子役・赤ちゃんモデルなどさまざまな分野で活躍できるエンターテイナーの養成、マネジメントを行っている総合芸能学院です。

鈴木福さん小林星蘭さんをはじめとしたキッズモデルだけではなく、大河ドラマで活躍する女優や俳優などを多く輩出している芸能事務所です。

有名な俳優では仲間由紀恵さんが主演を務めたドラマ『ごくせん』で、”くま”役を演じた脇知弘さんが所属していますね。

テアトルアカデミーでは、以下4つの部門に分かれています。

1.赤ちゃん部門(0歳〜2歳)
2.子ども部門(3歳〜中学生)
3.成年部門(高校生〜39歳)
4.シニア部門(40歳〜)

 

 

 

鈴木福さんは、2005年当時とても愛嬌のある元気な赤ちゃんだったそうで、赤ちゃんの頃にしか経験できない『赤ちゃん向け教育番組』に記念で出演したいという親御さんの思いから、教育番組に多数出演の実績があるテアトルアカデミーを知り、事務所のオーディションを受け所属したそうです!

その後、2006年に念願だった『赤ちゃん向け教育番組』に出演が決まり半年間レギュラー出演をしました。

2011年には、ドラマ『マルモのおきて』に出演し、芦田愛菜さんとのユニット『薫と友樹、たまにムック。』で歌った主題歌『マル・マル・モリ・モリ』は社会現象を引き起こしました。

 

 

小林星蘭さんは、4歳の頃からテアトルアカデミーに入り、現在は天才子役として、多数のTVドラマやCM、声優と幅広く活動されています!2009年に『カルピス』のCMでデビューしました。

その後、2011年には、新小学1年生から出演者を募ったNTT東日本のCM『春のお祝い電報・入学篇』に起用された際には表情が非常に印象に残りやすいことや、女優としての風格を感じさせる点が評価されています。

なんと、ドラマだと映画だけで、すでに30以上に出演している実績がある恐るべし天才子役です!とっても楽しくお仕事をされているようで、正に天職なのでしょうね♪

ちなみに脇知弘さんは、い成年部門からテアトルアカデミーに入ったようですね!

高校卒業後に他の人と違うことをやってみようかなと思って、テアトルアカデミーの無料オーディションを受けてみたそうです。

結果、見事合格を果たし、事務所に入ってわずか3ヶ月で『池袋ウエストゲートパーク』というドラマのオーディションを受けることになり、そこでも1次・2次と合格していき、気づいたら台本に自分の名前が載っていたそうです!

こんな話を聞くと、脇さんによほど才能があったのでしょうが、やはり脇さん自身が人の何倍も努力をした結果でしょうね!

 

佳音さんの部門は、年齢からみて②子ども部門ですね。

部門によって、受けられるレッスンのカテゴリーが異なるようですが、子ども部門では、「劇団コスモス」というテアトルアカデミー付属の児童劇団に所属します。

主に礼儀や挨拶、『演技』や『ダンス』など芸能界で活躍するための基礎を学びます。

その上の成年部門になると、上記のレッスンに加え『ヴォーカルレッスン』、『声優レッスン』、『時代劇レッスン』、『その他レッスン』という種類のレッスンが受けられるようになります。

すでにピアノ、ダンスをやっていることから、成年部門になり『ヴォーカルレッスン』を始めたりするとアイドルや、歌手などの路線も考えられそうですね!

現時点でもすでにルックスは文句なしにアイドルですが、それに加え演技、ダンスも出来るとなると本当に素晴らしいことですね!

是非、多方面で活躍できるよう頑張ってほしいですね♪

 

 

 

スポンサーリンク

 

苗字から予測出来る出身地は?

 

ところで、この本保さんという苗字ですが、字だけ見るとありそうでなかなか無い珍しい苗字ですよね。

そこで、この苗字について、調べてみました!

なんと、日本全国には本保さんという方は、約1,600人ほどしかいないそうです!

これは、日本全国、人口が多い苗字のランキングでも5,992位ということですので、かなり少ない部類に入ることが分かりますね。

日本で一番多い苗字は、佐藤さんで、全国に約200万人ほどいるそうですので、佐藤さん1,250分の1の人口となります。

読み方は、【ほんぽ、ほんぼ、もとやす】が一般的のようですね。

ちなみに全都道府県で、本保さんが多い都道府県の4位までは以下となります!

1位が新潟県(約440人

2位が北海道(約260人)

3位が富山県(約160人)

4位東京都(約160人)

ということですので、恐らく親御さんの出身地はこのいづれかに当てはまるかもしれませんね。

 

確率的には、新潟県が一番多いので、新潟県の出身である可能性が高いと予測できますが、意外に東京都にも多いので、東京都出身で東京住まいである可能性も十分有りますね。

しかし、ここで改めて調べてみるとテアトルアカデミーにはなんと、札幌校が存在することが判明しました!

これにより、出身地や現在の住まいも北海道の可能性も少しだけ出てきましたが、ツイッターやインスタの写真にはらしい雪などの後景などは出てきません。

しかも、これだけ多くのCMやTV番組などに出演しているので、撮影やロケのたびに北海道から東京都までいくとは考えられませんね。

 

これはあくまで推測ですが、これだけ多忙なタレント活動をしていくためには利便性などを考えると、やはり現在の住まいは東京都が有力だと思われますね!

 

ピアノの腕前がすごい?

ピアノが特技ということで、こちらも調べてみましたが、なんと・・・・

☆第22回 ショパン国際コンクール in ASIA 金賞受賞
☆第39回 全日本ジュニアクラシック音楽コンクール 審査員賞 受賞

 

いやいや、すごすぎです・・・

さっそく、この上記二つのコンクールについても調べてみました♪

その結果、日本国内には、実に200以上のピアノコンクールが存在するのですが、その中でもショパン国際コンクール in ASIA に関しては、まだ歴史が浅く2007年より始まりました。

しかし、国内でのピアノコンクールの中でも、何と5番目にレベルが高いコンクールなのです!

ちなみに本家本元となる『ショパン国際コンクール』は、ポーランドで1927年から続く音楽コンクールの1つです。

やはり、ショパンの名を冠しているだけに、レベルの高さもさることながら、歴史も古いようで

そのコンクールに出場し更に金賞受賞なんて、とても輝かしい功績です!

ちなみに、国内で20番目にレベルが高い、全日本ジュニアクラシック音楽コンクールでも、キッズ部門最高位である審査員賞まで受賞していますが、佳音さんのレベルや努力を考えると、このキッズ部門での審査員賞も当たり前の結果なのかもしれませんね!

 

是非、佳音さんの素晴らしい演奏を聞いてみてください!!

https://twitter.com/i/status/1310476673675010048

佳音さんが音楽に合わせて体を揺らしながら弾くかわいい姿は、とても観衆を惹きつけるものがありますよね♪ 

筆者はピアノは弾けませんが、それぞれの動画を何度も観てしまいました。

それほど素晴らしい腕前だと思います!

 

 

 

スポンサーリンク

 

兄弟や姉妹はいる?

 

兄弟は非公開か、または一人っ子の可能性が非常に高いです。

テアトルアカデミーの中にも、佳音さんと同じ、本保という苗字のタレントはいませんでした。

通常、兄弟や姉妹がいる場合は、ツイッターやインスタなどSNSで一緒に写っていることが多いのですが、そういった投稿が見当たらないので、恐らく一人っ子説が有力なのではないかと考えられます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

出演作品の写真など

佳音さん出演作品を調べ、画像を集めてみました!
しかし、画像データが無いものもありました。

 

映画
『ビューティフルドリーマー』
ドラマ
・フジテレビ『悪魔の弁護人 御子柴礼司』津田倫子役
ちなみにこのドラマで、どんな事件も冷静に裁いていくという悪魔の弁護士を演じた要潤さんですが、佳音さんが話しかけると、可愛さのあまり、悪魔のキャラが保てなくなると笑っていたほどだそうです(笑)
TV
・日本テレビ『解決!ナイナイアンサー』
・BSスカパー!『パニパニパイナ!シーズン2』レイレイ役
CM / スチール
   ・『イオンネットスーパー』
  
   雪印メグミルク『6Pチーズ』
  
   フジパン『ネオバターロール』
  
   ・P&G『パンパース Splashes』
   ・アガツマ『ハローキティキッチンレジスター』パッケージ
   
BOOK
・講談社『げんき』
・講談社『いないいないばあっ!』
その他
・VP『阪急不動産』
・ベネッセ『こどもちゃれんじぷち』DVD

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

まだ小学校に上がる前ですが、CMやTV番組などに多数出演されています。

なんと算数検定11級も持っているそうで、こちらは満点合格を果たしています!

おそらく親御さんもとても頭が良く、そのDNAを引き継いでいるということもあるのでしょう。

しかし、本保佳音さん自身が相当な努力をし、色々ななことに挑戦されているのが一番の理由だと思います。

とてもかわいく、それに併せて知性や教養にもあふれた、将来がとても楽しみな素晴らしい女の子ですよね!

小学生に上がると、タレント業、そして習い事と学業などでとても忙しくなるでしょうが、成長するに連れ更にかわいい姿になっていくことでしょう!

そんな佳音さんをこれからもたくさん見せてほしいですね♪

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)