福原愛の離婚理由は、夫のモラハラがヤバすぎる為!不倫相手の超イケメンの顔!

 福原愛離婚モラハラ夫台湾文化中国亭主関白

元卓球選手・福原愛さんが

旦那、子どもがいる身でありながら

台湾に夫と娘息子を残して横浜・中華街で

お泊りデートをしていました!

 

その理由は、旦那のモラルハラスメントに耐えられなかったから?

という声があがっています

台湾の文化と相いれなかったのか?

モラハラは本当にあったのか?

 

調査していきます!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 福原愛プロフィール!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by akane (@akane_tom)

 

 

 

生年月日: 1988年11月1日 (年齢 32歳)
出生地: 宮城県 仙台市
身長: 155 cm
配偶者: 江宏傑 (2016年結婚)
世界ランキング: 最高4位(2015年10月)
両親: (母)福原 千代、(父) 福原 武彦
 
 
 
出身は宮城ですが、
結婚してからは夫の地元・台湾で、子どもと共に暮らしていました。
 
卓球解説やタレントとして活動するときは、
 
その都度日本に帰国していた、ということです。
 
 
以下に、結婚当初の
 
 
 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 福原愛の旦那・江宏傑のプロフィール!

 

 
 
 
生年月日: 1989年2月22日 (年齢 32歳)
出生地: 台湾 新竹市
身長: 180 cm
配偶者: 福原愛 (2016年から)
学歴: 国立台南第一高級中学 (2007年)、 新竹市立民富小学校、 忠孝国中、 国立屏東科技大学、 中国文化大学、 長栄大学
 
 
 
 
福原愛とは同い年で、
 
アプローチは江宏傑のほうから
 
していました。
 
2人の夫婦仲に何があったのでしょうか?
 
 
 
 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 福原愛最初はラブラブのおしどり夫婦だった!エピソード!

 

 

(画像左が福原愛さん)

 

この夫婦、

わりと結婚当初からラブラブ!!と有名でした。

 

中国版Twitterの「微博」には、

ふたりで見つめ合っている写真や、

ノロケをたくさん投稿していました。

例えばこんな感じ☟

《起きると夫が朝食を用意してくれている》

《結婚してから自分で携帯すら充電したことがない》

 

ちなみに両方、元投稿は中国語です

 

こんな見た目よくてラブラブなので、CMにも

2人で出ていました。

 

 


 ふくはらあい、別居を検討していた!テレビ出演時に発言!

福原愛 夫

 

 
じつは、『徹子の部屋』に出演したとき、こんなことを言っていました。
 

「これから拠点を日本に移していこうかなというふうに。子供が幼稚園に入るタイミングなので」

「(夫は)基本土日にしか帰ってこなくて、練習はもちろんそうですし、卓球場を経営したりしているので、そういった部分で忙しくしていることが多いです」

 

旦那の江さんは、

  • 台湾南部の都市・高雄で卓球場の経営
  • 卓球チームへの指導

を行っています。

旦那さんが忙しすぎて、

実質「週末婚状態」だった

ということですね

しかも、江選手は、

卓球選手として決して軌道に乗っているとは言えませんでした。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


 台湾人のモラハラは普通?文化の違い?

碇利恵 facebook

 

 

韓国中国台湾も、亭主関白で夫の家に嫁ぐ。と言うのが主流
というのは前から聞いていたから、その国の人と結婚する人は承知の上で理解して結婚するんだと思っていた。

 

 

中国(大陸)はめっちゃ女性が強かったですけどね…。台湾は違うのかもしれませんが。

 

誘うような口の開け方って、凄いケチの付けようだな。
他にも色々うるさかったんだろうか。

 

 

やけに週刊誌が同じ日、同じ時間に記事(しかも旦那より、妻よりそれぞれに沿った記事)が出てるのをみてると、夫婦間の代理戦争というか、空中戦を感じるよね。

 

 

それぞれの文化のようなものがありますのでなかなか難しいですね。合う人はいいですがー。
台湾の男性は女性を守る、尽くすというところがあったり、家族、特に母親を大事にするということも聞きますので、その事が行き過ぎてみえたり、窮屈に思えたり、格差婚とも言われていましたので、バランスが難しかったりもするかもしれませんね。
想像ですがー。そういった価値観が合わないと、難しそうだなと思います。
浮気もそういった心の闇に関連をしたのかわかりませんが、心の拠り所が必要だったのかな。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA