Janne Da Arc解散!kayuの裏切り行為は、恐喝・詐欺か!?

Janne Da Arcが解散する事が、2019年4月1日に明らかになりました。

ビジュアル系バンドとしての地位を築きあげてきたJanne Da Arc

一体なぜ解散?

kayuの裏切り?

内容は恐喝・詐欺?

必見です!

スポンサーリンク

事件概要

出典:https://natalie.mu/

公式サイトでは「Janne Da Arcからのka-yu脱退のご報告並びにJanne Da Arc解散のご報告」として、ka-yuが先月31日をもって所属事務所アップライズ・プロダクトを退社したことを報告。

出典:https://mdpr.jp/

2019年4月1日をもってJanne Da Arcが解散

を決定したことを発表しました。

その際、ベーシストのkayuが3月31日に脱退していたことを受けて、Janne Da Arcの解散が決定したとのこと。

しかし、Janne Da Arcといえば、1991年~2007年まで活動した日本が誇るビジュアル系5人組のメンバーですが、2007年に活動を休止してから、Janne Da Arcのメンバー個人個人が活動していたそうです。

しかしただ単にkayuが脱退したわけではなく、同時にJanne Da Arcもなぜ解散という選択肢を選ばざるを得なくなったのでしょうか?

原因はyasuの病気?

なお、ボーカルのyasuは09年11月に「声帯嚢(のう)胞」で活動を休止、16年10月にも「出血性声帯炎」で活動を休止しており、現在は「身体の治療ゆえアーティスト活動そのものを休止中」と説明。「4人のJanne Da Arc宣言することは非現実的な上、とてつもなく誠意を欠くもの」として、3月いっぱいでの解散を決めたことを明かした。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

yasuは、元々病気を2009年から患っており、ボーカルとしての役目を果たしづらかったそうです。

そして2016年にも声の病気が再発してしまいました。

そもそもJanne Da Arcにボーカルがいないまま活動を再開するというのは、おかしな話ですよね。

バンドにおいて、最もコアで中心となるのはボーカルであり、バンドの人気はボーカルが決定すると言っても過言ではありません。

その為、yasuが声の病気を患ったという事も理由の一つであると言われています。

スポンサーリンク

kayu脱退は裏切りか?

ka-yuに関しては、昨年9月、弁護士事務所から所属事務所に内容証明が届き、「そこに記載されている事柄が、もしも全て事実であるなら、社会的正義から著しく反する行為」だったことを説明。内容証明の内容については「今後裁判で係争していく可能性がある為、公表を控えさせていただく」としている。

 また、「争点となる事実関係の有無に関わらず、争いに至るまでのka-yuの行為にもいささかモラルに反する部分が見受けられた」としている。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

以下のようにkayuが社会的正義に反して、なおかつバンドメンバーを裏切るような行為を行ったそうです。

これによりメンバーや事務所からの信頼が失墜したことでJanne Da Arcとしてやっていくことが困難になったそうです。

社会的正義から反する行為とは一体なんなのでしょうか?

こちらで独自に調査したところ以下の事が判明しました!

出典:https://mato.ma/

こちらは、集団訴訟プラットフォームの”matoma”といわれるサイトですが、こちらによると集団訴訟をする事とkayuさんから受けた被害について明記されてありました。

現状として事務所からこちらのサイトに関して特にコメントがない為事実かどうか不明なところですが、半年も経過しているのに事務所からのコメントがないという事は、

本当なのでは?

と噂されているようです。

ネットの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする