小室圭母の小室佳代の現在!元婚約者との結婚は詐欺!?遺族年金不正受給のため口止めメール!


世間で取りざたされている小室圭さんの母、

小室佳代さん。

この小室佳代さんの言動を巡り、

新たな問題点が発覚しました。

それは、「遺族年金の不正受給」です。

詳しく見ていきましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

小室佳代の遺族年金不正受給!?

 秋篠宮家の長女・眞子さま(29)との結婚問題の行方が注目される小室圭さん(29)。小室さんが、母・佳代さんと元婚約者・X氏の金銭トラブルについて説明した文書(4月8日公表、計28頁)が波紋を広げ続けている。 【画像】“遺族年金詐取計画”疑惑のメール  今回、「週刊文春」がX氏と佳代さんの金銭を巡るやり取りを精査したところ、佳代さんがX氏と事実婚をした上で、亡夫の遺族年金を受け続けようと計画していたことがわかった。佳代さんがX氏に送ったメールに、綿密な計画が記載されていた。この計画は、遺族年金の詐取に当たる疑いがある。  

佳代さんは婚約直後の2010年9月5日にこんなメールをX氏に送っていた。 〈*お互いの総収入+主人の遺族年金でお互いの生活を賄う事*その他預金や財産に関してもお互いのものとしてみなす事*パピーの生命保険の受取人を私にして下さる事先ずは以上を実践する=事実婚をします。そして4年後パピーの年金取得時に改めて入籍する〉  このメールからは、佳代さんがX氏と生計を一にしながら、同時に、亡夫の遺族年金ももらい続け、圭さんを含めた3人で生活していくことを計画していたことが分かる。  

だがこれには問題がある。遺族年金の制度について、税理士の栁沼隆氏が解説する。 「遺族年金は、一時期でも再婚したり、入籍せずとも事実婚の関係になると、その時点で受給資格が失われます。内縁関係にある人物が、それを隠して受給を続けていたならば、遺族年金の“詐取”にあたります」  また、計画が実現した際の違法性について、佳代さんも十分に認識していた疑いがあることが下記のメールからは読み取れる。 〈考えた結果、正式に入籍する時迄は友人や会社には事実婚の事は内密にします(9月6日)〉  さらに翌月、10月16日にも念押しするかのようにこうメールを送っている。 〈私達の事実婚はなるべくどなたにも知られたくないのです。万が一どなたかが役所に告発すると最悪の事態になりかねません〉 〈●●ちゃん(編集部注・X氏と別れた妻との娘)方にも出来れば内密にして頂きたい気持ちです。勿論●●ちゃんは信用していますが、ご主人やお義母様。又●●ちゃんのお母様やご主人様・・etc人の口に戸は建てられませんから 要、注意です 会社の方にも気をつけて下さい〉  小誌はこうした遺族年金を巡る問題について、佳代さんに事実関係を尋ねる手紙を届けたが、期日までに回答はなかった。  小室さんの説明文書では、この件について触れらておらず、今後どのような説明をするのか、注目される。

 4月21日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」および同22日(木)発売の「週刊文春」では、小室佳代さんの「遺族年金詐取計画」メールの全貌や、生命保険の受取人変更を巡るX氏とのやり取り、X氏の年金に関する佳代さんのプランなどについて、5ページにわたって詳報している。

https://news.yahoo.co.jp

またもや、小室家関連で、とんでもない事情が

明らかになりました。

 

 

それは、遺族年金の不正受給。

 

 

遺族年金は、伴侶が先に亡くなってしまった場合、

残された側が、亡くなった伴侶の分の年金を

受給できるサービスですが、

 

一時期でも再婚したり、入籍せずとも事実婚の関係になると、

その時点で受給資格が失われる、というものです。

 

 

入籍しなくとも、内縁関係にある人物が、

それを隠して受給を続けていたならば、

遺族年金の“詐取”にあたるのです。

 

 

つまり、佳代氏は、こう言った遺族年金についての

細かな取り決めを知っており、

 

その上でなおかつ、

元婚約者との内縁関係、事実婚関係が

周囲にバレないよう、

 

 

口止めをしていた、ということになるのです。

 

いらないところによく回る頭ですね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


遺族年金とお互いの総収入で生活をなりゆかせる計画

 

お互いの総収入+主人の遺族年金でお互いの生活を賄う事*その他預金や財産に関してもお互いのものとしてみなす事*パピーの生命保険の受取人を私にして下さる事先ずは以上を実践する=事実婚をします。そして4年後パピーの年金取得時に改めて入籍する。

https://news.yahoo.co.jp

お互いの総収入+主人の遺族年金でお互いの生活を賄う事*

 

その他預金や財産に関してもお互いのものとしてみなす事*

 

パピーの生命保険の受取人を私にして下さる事先ずは以上を実践する=事実婚をします。

 

そして4年後パピーの年金取得時に改めて入籍する。

 

 

この文面からは、お互いの収入だけでなく、

亡き夫(圭氏の実父)の遺族年金も、

生活費としてしっかり計上されていることがわかります。

 

 

さらに、事実婚から入籍まで間を開けることで、

遺族年金を搾取する年数を増やしていることも

 

また同時にわかります。

 

しかもその事実を、事実婚しているにも関わらず、

 

元婚約者X氏の実の娘さんにも言わないで欲しい、と

 

口止めするような内容も含まれており、

 

 

ここまでくると、どこまでも

信用ならない人物であることがわかります。

 

 

その上、元婚約者X氏からは、

 

「借金という認識はなかった」という借金をしており、

 

それを皇室でサポートして欲しい、などという発言も

 

見受けられます。

 

 

皇室としても、ここまで法律違反をし、国民の血税を

 

不正に受給しているような人と、

 

家族関係になる、というのは…

 

今後の皇室のあり方に、大きく影響してきそうですね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


一部では皇族を外れての結婚も…?

https://bunshun.jp

眞子様は、小室圭文書に関わっていたり、

ここまで国民からバッシングを受けている

小室さんと、婚約破棄をする意向を見せません。

 

 

今結婚を逃したら、もう結婚できないのでは?という

 

恐れもあるのかもしれませんが、

 

だからと言って、国民から祝われない結婚をするのは、

 

本当に幸せになれるのでしょうか?

 

 

小室さんにしても、お母さんの佳代さんにしても、

色々と問題ごとが多く見受けられます。

 

 

意固地になっているのならば、

今のうちに婚約破棄という

英断をするのも、

大きな手段だと思うのですが…。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


ネットの声

最低だな〜。詐欺だよ。
本当に結婚したいと思うなら、今回のことも含め元婚約者に心から非礼を謝罪して借金を返済し、今まで助けてもらった事を素直に感謝する。一時金1億5千万円と年間915万円の皇族費も辞退して皇室との関係も断ち、皇室行事も参加しない、コネを使って就職したりしない。企業、財団、NPO法人等の顧問や名誉会長、理事にも就任しない。日本の司法試験を受けて弁護士になり、一般人として二人で頑張って生きていくので妻の警護だけお願いします!!これで僅かだが理解してくれる人も増えるのではないかな。それも出来ないなら結婚辞退しかない。



あと母親は年金不正受給を認め謝罪して返金。警察に自首して時効を援用せず罪を償う。更に小室氏は自身の不正、お金の出どころ等も国民が納得するまで責任をはたし説明する。



国は国民や企業にコンプライアンスの徹底を求めますが皇室は除外なのでしょうか?

 

 

 

こういう口止めメールについても正々堂々と受けて立って、それであの文章量ならまだしも。
不都合なことをスルーして一方的なプライドを誇示して、印象良くなる訳はない。
むしろ、母子で確信犯的な行動だったんだろうな、と想像だけ働いてしまう。

親を敢えて咎める、親の非を正す、という彼に残された起死回生の一手をふいにした自覚はないんだろうな。

 

 

この母にしてこの息子と言う感じか。
一連の言動からしても、皇室関係者を娶るに相応しい人物であるかどうか一目瞭然であると思うが。

 

 

この詐欺師的な発想をする方が、皇族と親戚になるのは非常に不適格だと思います。

すでに借金を返す返さないの次元では無く、人柄の問題です。

 

 

 

この内容が正しければすべての話が繋がる。
元婚約者ではなく事実婚だったから、
当たり前のように子供の教育費を負担した。
だから貸したつもりはない、と。

 

次々判明する目を覆いたくなるであろうような事実を前に、それでもご結婚の意思は揺らがないのだろうか。生きる世界が違うと言う事が自然と悟られてしかるべきと思うが

 

〉小室佳代さんが送っていた遺族年金“詐取計画”メール 口止めも…

もはやタイトルが次の世代の皇位継承に関わる家族の家系に入る人のものとは到底思えない。

多くの方がこの結婚に多額の税金が投入されることを指摘されているが、個人的にはそれ以上に、この方が皇位継承に関わる世代の義理の兄になることの影響が今の段階の報道が真実なら、結婚後に自分達親子に都合が良い様に我田引水したり、ここまで突いてきたマスコミ、国民に良い影響を与えるのか?ということの方が不安で心配だ。

いちど新しい風を吹き込んだら元に戻すのはほぼ不可能で、クセが強い方が変化をもたらすと思う。

 

 

この方の記事は、もういいわ……と思いつつ開いてしまいますが、一番見たいのは【破談】の速報です。

年金不正受給なんて庶民なら一発でアウトなのに。

 

元婚約者をATMにするだけでは足りなくて生命保険に元婚約者を加入させて受取人を自分にしながら遺族年金も放したくない。
小室親子に泣かされた表に出てない事柄や被害者がまだまだいるかも知れないね。

こんな親子が皇室の親戚になるなんて許されない。

 

 

今すぐ逮捕願います。

役所は訴えるべき。
警察は忖度なしで調べるべき。

立件できなくてもやっていることは明らかに詐欺です。

結婚する気が本当にあったかどうかも調べる価値あり。
結婚詐欺が立件できるかも。

自殺に追い込んだ原因があるなら 保険金詐欺も?
味しめた?受取人を自分にしてって怖すぎる。

マスコミの力で真実を明らかに
期待しています。

 

 

 

詐欺まがいの提案までしてこんなお金に執着してる母親に育てられたのだから、
小室氏のあの文章も、
すり替え言い訳と母親おかばう部分が多かったのも納得。
これ以上この親子に私達の血税が1円たりとも使われる事は絶対イヤです。

 

 

はい、もうダメ。
今彼のために使われている費用も全てストップしてもらいたい。
アメリカで資格取りたいなら自費でどーぞ。

 

 

もし私が同じ様な事をしていても日本と言う国は調査も入らずという事ですか?
それとも眞子さんの婚約内定者の母だから遺族年金の不正受給もスルーされるのですか?

400万の問題は個人的貸し借りだけど、年金は違います。
小室親子が説明するとかではなく、きちんと国が調査して誤りがあれば正すべきです。

確かに、この親子に血税が、現在進行形で

使われているのは事実です。

 

そう考えると、やはりなんともいない気分になりますよね。

どう考えても許される行為ではありませんし、

一般家庭であれば、不正受給は即検挙です。

 

 

それが週刊誌に報道されている程度ですんでいるのは、

やはり皇室の力なのでしょうか?

これ以上、皇室という古来から続く場を

 

汚さない為にも、

 

早く破談にして欲しいものですね。

 

少なくとも、私たちの税金が使われていることは

 

確かなのですから。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)