森喜朗の顔色が悪いのは病気!?年齢は?前立腺癌?肺癌?腎臓?人工透析受ける?


森元会長の発言がまた炸裂しました。

「女性と言うにはお年」とは、

女性蔑視発言が原因で会長を降ろされたのは

もうお忘れなのでしょうか。

しかし、この森元会長、様々な病気を抱えていると言う話があるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

森元会長の病気とは?

-来年の夏を期限とするのか、来年の今頃、新型コロナウイルスの感染拡大が終息していなければ、さらにそれ以降の開催も可能か

 来年のその頃までにこのコロナウイルスが解決でき得ない、もしそういう世界だったら…日本だけの話じゃないですからねこれは。われわれも一番の心配のもとなんです。今ヨーロッパでああいう状況になっていく。これから南米、あるいはアフリカという風に、南半球にいった場合にどうなるのかと考えたら、そしたら何もできないじゃないですか。

 皆さんの生活も国民の皆さんが今、耐えに耐えておられる。これをこれからずーっと我慢してもらうんですか? そしたら地球、人間社会ってなくなるんじゃないですか。また人間はそんなことまで英知が出てこないとは思わないです。科学技術がこれだけあって、世界中に多くの科学者がいて、そして医療、薬学、いろんなものが進歩している中でですね、これに期待するしかないんじゃないでしょうか。

 私自身がね、もう駄目だと言われたガンが、新薬で助かったんですよ。本当は今頃ここにいないんですよ、ここには。2015年にお医者さんからダメだよと言われたんだ。だけどまさかと思ってた新薬で私は生かしてもらってんですよ。やっぱりそういうことに期待しようじゃありませんか。そうじゃなきゃ世界は救われませんよ。もし駄目だったらまた延ばすんですかなんて、私はそういうことに対してお答えする義務はないと思ってます。

https://www.nishinippon.co.jp/

これは、まだ会長だった頃の森喜朗氏が、

コロナの影響などに関してオリンピック開催について、

記者から質問を受けた時のものです。

「自分は2015年に医師から癌でもうダメと言われたが、新薬で

助かった。だからそう言うことがコロナであると

期待するしかない」

ここで、自身が癌であったことを例に出し、

今後のコロナに関しては、「コロナを懸念していたら何もできない」

という姿勢を示しました。

 

 

 

スポンサーリンク

 


森元首相の年齢は?

https://jisin.jp

現在の森元首相の年齢は、83歳です。

この年で現役なのはすごいことですが、

いささか発言が…。

もう引退すれば?と言うような声も上がっている今日この頃です。

 

 

 

スポンサーリンク

 


首相時代には前立腺癌!

失言、舌禍、と様々な発言が問題視されている森元会長。

女性蔑視だけでなく、他にも様々な爆弾発言をしてきました。

故人である息子の森祐喜氏からは、

親父に使ってはいけない言葉集を持たせておけ」と

森喜朗氏の妻であり、森祐喜氏の母に言われていたそうです。

そんな森喜朗氏は、

首相になってすぐに

前立腺癌

であることが発覚したそうです。

だた、前立腺癌は比較的治りやすく、

森喜朗氏の年齢を考慮するなら、

さほど大きな問題はなかったのかもしれません。

森喜朗氏は、そのまま首相を勤めました。

 

 

 

スポンサーリンク

 


2015年には肺がんに新薬

https://p.ono-oncology.jp/

「オプジーボ」という言葉を耳にした方はいませんか?

オプジーボは、画期的な癌の新薬として、現在注目を集めています。しかし、100mgで約73万円という価格の高さがネックでした。

体重60kgのがん患者が1年間使うと年3500万円かかる計算になると言う、とんでもない薬代です。

現在は国が25%負担にまで引き下げをしましたが、それでも高価であることには変わりません。

オプジーボは、T細胞のPD-1と結合して免疫の働きにブレーキがかからないようにする「免疫チェックポイント阻害薬」です。
オプジーボが血液に入ると、T細胞のPD-1と結びつくことでがん細胞との結合が阻害され、かけられたブレーキが解除されます。
こうしたオプジーボの作用によって、T細胞は、妨害を受けることなく、がん細胞を攻撃できるようになるのです。

https://p.ono-oncology.jp

なんだか、漫画の「働く細胞」で聞いたことがあるような?

この新薬で、森喜朗氏は奇跡の回復を遂げたと言うのです。

この時森氏は肺がんであったとされていますが、前立腺癌からの転移か

どうかは定かではありません。

ですが、医師がダメだといった癌が治るとは、すごいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

現在は人工透析?

https://jisin.jp/

二つの癌を乗り越えてきた森首相ですが、

現在は人工透析を受けている、と言う話があります。

人工透析は、癌とは全く異なり、

腎臓の働きが落ちてしまった人に行われる継続的な治療です。

一回の透析でフルマラソン一回分の体力を使う、

とも言われており、人工透析を必要とする患者にとって、

生活そのものをに大きな影響を与える治療です。

森氏の83歳と言う年齢を考えると、

人工透析はかなりしんどい治療になります。

生活時間もかなり束縛されますし、

何より、老人の場合、血管がある程度強くないと、

人工透析ができない、と言うケースもあるのです。

また、人工透析をしている間に心臓発作を起こして

亡くなると言うケースも多く、

年齢が年齢だけに、心配ですね。

 

老兵は死なずただ去りゆくのみ、とは、

森喜朗氏のための言葉ではないでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)