【歴代最高】大卒就職内定率91.9%更新!過去最高の理由とは?【就職氷河期と違いは?】

2019年卒業予定の大卒就職内定率が、過去最高であ

る91.9%を更新しました!

今年の就職内定率が良い理由とは!?

就職氷河期と何が違うのか!?

必見です!

スポンサーリンク

概要

文部科学、厚生労働両省は18日、2019年春卒業予定の大学生の就職内定率が、2月1日時点で18年同時期と比べて0.7ポイント増の91.9%になったと発表した。8年連続の上昇で、この時期のデータがある00年以降で過去最高を更新した。

出典:https://www.nikkei.com/

就職内定率が2000年以降過去最高の91.9%となりまし

た。

男女や理系文系問わずに就職内定率は全体的に上が

る売り手市場が続いております。

就職活動において、売り手は「就職したい学生側」

買い手というのは、「採用したい企業」となっておりま

す。

売り手市場というのは、学生側の方が立場が強いわけです。

その為、学生は就職したい企業を選べる立場になりま

す。

対して、企業側は採用したい学生を選べる立場でなくな

ります。なぜなら1人当たりの学生に対して、いくつもの

企業が内定を出すからです。

売り手市場というのは、企業にとっては不利であり

学生側にとっては有利であると言えるでしょう。

では一体なぜこんなにも大卒就職内定率が良

いのでしょうか?

過去最高の理由とは?

スポンサーリンク

要因としては2つあります。

まず1つ目が

「景気の穏やかな回復で企業の採用意欲が増している」

といった形で日本全体の景気が回復しているためです

景気が回復すると、消費の回転率が上がります。

そのため企業としては働き手が欲しいわけです。

次に2つ目ですが、少子化」

が大きな理由であるといわれています。

少子化に伴い、大学卒業者数が全体的に年々減少傾向に

あると言われています。

その為、学生はどうしても内定をいくつも保持している

形となり有利となるわけです。

以上2点の

①景気が回復している 

②少子化

が過去最高を更新した理由です。

2010~13年の就職氷河期はなぜか?

①リーマンショック

就職氷河期の原因にあげられるのが、このリーマンショ

ックです。2008年にアメリカの大手企業であるリーマ

ン・ブラザーズが破綻してしまい、世界的金融危機とな

りました。

これにより、日本の株価も下落し、雇用自体も減少とい

った波紋を招くことになりました。

そしていつしか就職氷河期になったのです。

ネットの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする