沢尻エリカの愛車はBWMのM6!カスタムつや消しでヤバ過ぎる車だった!

2019年11月16日に合成麻薬MDMAの所持で逮捕された沢尻エリカさんの車が話題です。
 
沢尻エリカ容疑者は超高級車で「飛ばしていた」?と近隣の住民らは言っておりました。すぐに誰なのか分かっていたそうです。
気になる沢尻エリカさんの愛車はなんと言う車種なんでしょうか?
調べてみました。
 

スポンサーリンク

沢尻エリカの愛車の車種は?

 
沢尻エリカ容疑者(33)の逮捕から一夜明けた17日、都内の自宅マンションには、近隣住民らから本人の愛車だとみられている高級車がとめられていた。
 
この車は塗装が特殊なツヤ消し黒で、新車の車両本体価格は約2000万円といわれる超高級車。ディーラー関係者は「もともと生産台数が少ない上に、現在は生産されていないので、中古市場でも希少価値の高いモデル。ツヤ消し黒の塗装は設定にないはずなので、新車購入時に現地本国とやりとりしたか、購入してから塗装し直したかだと推察されます」と話した。
 
逮捕の報道を受け、近隣住民の多くがマンション前を通過する際、スマホで撮影するなどしていた。近所の住民は「沢尻さん本人がサングラスをかけて運転する姿もよく見かけました。結構飛ばしていましたね」などと話した。
 
 
 
 
沢尻エリカさんが逮捕される前日に自宅マンションに帰宅する際に乗っていた車は愛車のBMWのM6だそうです。
その愛車を運転する沢尻エリカさんの映像をTBSが報じています。
 
 
映っていいるのはクーペタイプのカッコいい黒色の車ですね。
 
超高級車で2000万円ほどのカスタム車と言われています。
 
かなりの車好きですね。

沢尻さんが住んでいるマンションは1階部分が駐車場になっているそうです。
映像では右ハンドルで運転していて駐車もスムーズに入れてますね。
 

スポンサーリンク

超高級車BMWのM6とは?

 
約2000万円といわれる超高級車でBMWクーペタイプのM6になります。
 
4ドアタイプもありますが、沢尻エリカさんの愛車は2ドアのようです。
 
黒塗装のマットつや消しは、あまり見られない車種のため、近隣の皆様にはすぐに誰の車なのか分かるそうです。
 
 

 

M6クーペの2ドアタイプの新車を調べたところ新車車両本体価格は1891万円するそうです。

2ドアタイプは現行モデルF13型の車ではないでしょうか。

参考はこちらBMW M6クーペ(現行モデル F13型)|MOBYより

2012年4月11日に発売されて2019年10月に生産終了のようです。

BMW M6クーペ(現行モデルF13型)


BMW M6クーペの概要

BMW M6にあって、2ドアのラグジュアリー・スポーツ・サルーンとなるのが「M6クーペ」です。スポーツカーの王道とも言えるロングノーズ・ショートデッキの流れるようなそのフォルムは、どの角度から見てもこの車が特別であることを証明しています。

現行モデルは、2012年4月に日本での販売が開始され、現在にいたっています。先代モデルとなる「E63型」よりもエンジンはダウンサイジングしたにもかかわらず、最新鋭のトランスミッションなど総合的なチューニングの結果、よりパワーアップしたハイパフォーマンスカーに仕上げられています。

引用:MOBY

2019年10月に生産終了なので現在は生産してないですね。

スポンサーリンク

BMW M6の性能は?

エンジンはV8の4.4v

ツインターボで加給

最大出力は560ps/6000rpmを発揮するそうです。

分かりづらいでしょうか。

簡単に説明すると、ターボ付き軽自動車9台分の馬力と匹敵するそうです。

ヤバいのは最大トルク69.3㎏/1500~5750rpmと馬力よりこっちの方がヤバいです。

発進する時に軽くアクセルを踏むだけで7000㏄エンジンの最大トルクで走りを楽しめます。

つまりメチャクチャ速い!ということになります。

セダンタイプの車も同じエンジンで存在するのですが、あえて不便な2ドアタイプのM6です。

あえて不便な2ドアタイプのM6にするのは、沢尻エリカさんが車好きなのかが分かります。

2ドアタイプは本当に不便で2ドアは前部座席の人が降りなければ後部座席の人は乗り降りできません。

それに後部座席はかなり狭いし揺れるので、長時間乗っての移動は苦痛です。

スポンサーリンク

BMW M6を所有する難しさ

BMW M6の車幅は1900mmです。

車幅が大きいので都内だと、そこらへんに停めることができません。

1850mm以下ならいいですが。

駐車場が大きいなら問題ないですが、そんな駐車場は目的地から離れていることがほとんどです。

大きな幅の車を停められる駐車場って都内の場合はないんですよね。

しかもM6の前部座席はバケットシートです。

このバケットシートは2ドア車はドアがでかい為、乗降時に隣に車が停まっているとドアが少ししか開けないです。

駐車場で毎回しんどい乗り降りするのです。

車好きでないとこの苦痛は耐え続けることは出来ません。

カスタムのマットブラックとは?

マットブラックとは「つや消しの黒」ということに意味なります。

沢尻エリカさんのBMW M6は カスタム車で塗装は初期設定にない「つや消しの黒」を使ったマットブラックということになります。

街で走ると非常に目立ちます。

教室の黒板のように光沢がないような感じだと思ったらいいです。

このマットブラックは手入れが大変なのがデメリットです。

ザラザラのため、ツルツルの車よりは当然汚れがつきやすいです。

しかも特殊な塗装の為、洗車機にはかけられません。

特殊な洗車をしてもらわなければいけません。

マットブラックというだけで、かなり目立ち注目を集めるのですが、こまめに洗車をして美しく保っておかないと恰好が悪いです。

こまめに洗車と言いますが洗車代だけでどれくらいになるのでしょうか。

普通の一般人では大変ですね。

ということでかなりの沢尻エリカさんはかなりの車オタクでは思いました。

今回は沢尻エリカさんの愛車についてお伝えしました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする