首里城の火災原因は正殿内部!放火?自然発火?内部関係者?タバコ不始末?

沖縄県那覇市の観光名所でもあり、世界遺産である首里城が火災元が、正殿内部であると判明しました。

 

原因は自然発火?内部関係者?

タバコの後始末か?

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

首里城の火元は内部だった!

 

 

 

沖縄県の那覇市消防局は10月31日、首里城火災の出火元は正殿の可能性が高いと明らかにした。同局によると首里城の火災でこれまでに正殿、北殿、南殿など6棟が焼け、約4200平方メートルが焼失している。また、最初に駆け付けた警備員が、煙が正殿の中から出ているのを目撃していたことが分かった。県警は、正殿内部から出火したとみている。同日午前2時40分ごろ、那覇市の首里城で「煙が上がっている」と警備会社から119番があった。正殿などが激しい炎を上げて燃え、消防車両が10台以上出動して消火に当たったが、首里城の正殿と北殿、南殿がいずれも全焼した。けが人の情報はない。那覇署や消防が出火原因や経緯を調べている。

火災を受けて那覇市は災害警戒本部を設置し、公民館や小学校計3カ所に避難所を設けた。那覇署などは周辺住民を避難誘導した。那覇市消防局は火の粉が広範囲に舞っているとして、31日午前4時すぎから防災無線で住宅への飛び火に警戒するよう呼び掛けた。

那覇市の城間幹子市長は、首里城火災を受け市役所で記者会見し「残念でならない。衝撃を受けている」と語った。

出典:https://www.fukuishimbun.co.jp/

 

 

沖縄那覇市で、世界遺産となっている首里城は1429年に琉球王国のシンボルとして政治や文化などに携わってきました。

 

 

同時に、首里城が今回正殿から火災に見舞われてしまい、焼失してしまいました。

 

 

そして火元に関しては、正殿内部からの発火であることが判明しました。

 

 

この首里城の火災を受けて4200平方メートルに及ぶ、正殿、北殿、南殿において火災の影響を受けて焼失しました。

 

かなりの被害であると伺えます。

 

 

 

このとき最初に出てきた警備員が、

正殿の中から煙が出ている事を見かけた

そうです。

 

 

またスプリンクラーに関しては設置しないなかったそうです、法的には問題なかったためにスプリンクラーを設置しなかったと考えられますが、正直残念でなりません。

 

 

費用や時間そして観光資源を考慮するとかなりの資産であることは間違いなかったです。

 

 

スプリンクラーの設置等の火災防止策は練ってほしかったと思うばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

火災映像がヤバすぎる

 

 

 

 

 

 

こちらが、火災映像となっております。見るからに派手に燃えていることがうかがえま。

 

 

わずか半日も経過せずに、50年で完成した城が焼失してしまった悲しみは日本国民のみならず沖縄旅行にくる世界中の人々に対して悲しみをもたらしてしまったに違いありません。

 

 

 

燃え方的にはかなり燃えやすかったのかわかりませんが、びっくりするくらい燃えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

自然発火が原因?

 

 

 

 

出典:twitterから

 

 

 

 

実は人が火につけていないのに燃えることを自然発火といますが、ニスや塗料などは酸化を引き起こすことで、発熱し出火する可能性があるそうです。

 

 

また自然発火原因にはいくつか原因があり

 

・水の入ったペットボトルの太陽光集光

・雷や火山の噴火

・塗料、ワックスの酸化反応

 

 

だと言われています。

 

 

同時に「酸素」「温度」「密度」といった3つのバランスが必須となります。

 

 

今回木造建造物で、風通しがよく酸素はかなり通しやすい形となっておりました。同時に、酸化反応では発火温度まで高まれば、温度がそろいます。

 

 

密度も風通しが良い為そろっています。

 

 

とすれば、3つの条件はそろいますよね。

 

 

以下考えると、ニスや塗料による自然発火が考えられなくもなさそうです。そのあと木造建造物に燃え移り取り返しのつかないことになったというのはありえそうな話です。

 

 

 

同時に他の方の意見では、漏電や配電盤などのショートも自然発火原因としてはありえるのではないか?

 

 

 

といった意見も多く寄せられておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

内部関係者?タバコ不始末か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの10月31日には、首里城祭で関係者が作業をしていたそうです。現場であれば、休憩時間にたばこを吸ったまま始末をしっかりとせず、放置なども考えられそうです。

 

 

どちらにせよ、自然発火に関してはかなり疑いの目を向けるような声が多く飛び交っております。

 

 

早く犯人みつけて、首里城を再建してください。
データはたくさんあるし、ケツメイシや沖縄バブルで儲けてる人も寄付してくださると思います。犯人がみつかれば顔公表お願いします。熊本城も震災で酷いことになりましたが、修復頑張ってます。県民一丸となって寄付し、寄付を募りましょう。

 

 

やはり自然発火の疑いを目を向けている人は、内部関係者含めて犯人捜索に注力すべきではないかといった声も飛び交っております。

 

 

正殿内部であれば、関係者の筋が最も可能性的には高い気がします。

 

 

 

 

それと同時に、自然発火であれば消火設備がしっかりしていなかったのではないか?

 

消火設備はどうなのか?

 

といった声もかなり飛び交っております。

 

 

これだけ燃えるのは消火経路、消火設備が整っていない気がするね。日本国民もだが沖縄県民の方々のショックは計り知れない。

 

 

今現段階では那覇市では原因解明に向けて、尽力を尽くしている最中です。

 

 

内閣府も復建するといっており、芸能界からも様々な声が飛び交っていることは確かです。

 

 

以下菅官房長官の記者会見となっております。

 

 

菅義偉官房長官は31日の記者会見で、火災に遭った那覇市の首里城について「国営沖縄記念公園の施設だ。再建に向けて政府として全力で取り組んでいく。しっかり対応する」と述べ、復元に全力を挙げる考えを示した。

 
 菅長官は「首里城は沖縄にとって極めて重要なシンボルだ。沖縄県民に心からお見舞い申し上げる。大変心を痛めている」と述べた。同時に「火災を検証し、二度とないようにすることが大事だ」と指摘した。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

 

同時に芸能界からも多数の首里城に対する悲しみの声が上がっております。

 

 

 

 

りゅうちぇる「言葉がみつからない。。。」  首里城火災で沖縄出身芸能人ら悲嘆沖縄出身の芸能人らの悲しみは、筆舌に尽くせないものとなった。首里城の火災を受け、31日午前から、ツイッター上には嘆きのコメントが相次いだ。「え。。。言葉が見つからない。。。」と絶句したのはタレントのりゅうちぇる。「どうして? 僕たちの宝物。誇りでありシンボルのような存在が、どうしてこうなってしまったの? ショックが大きすぎるよ」と言葉を振り絞った。「かなしい。燃えてる映像も、写真もみたくないな」とつぶやいたのは歌手の島袋寛子。「今日はかなしい。今日だけは、かなしもう。。」と、ただただ悲嘆にくれる胸中を明かした。

 

 

沖縄出身のりゅうちぇるさんや、島袋さんは以下のような声明を出して、悲しみの声を上げております。

 

また一方ではテレビなどで中学生が近くの公園で焚火をしておりそれが原因ではないか?

 

ともいわれているそうです。

 

真相は不明ですが、原因解明にむけてしばし待つしかないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

みんなの反応

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)