竹俣紅は森内俊之から破門された?退会&引退理由は年収?今後はフジアナに!


今回は美人棋士の竹俣紅さんについて詳しく調べてみました。

竹俣紅さんと師匠である森内俊之九段の関係や、

今後の活動についてなども見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

竹俣紅のプロフィール!

 

竹俣紅 TAKEMATA BENI

名    前竹俣紅
生年月日1998年6月27日
出 身 地東京都
身    長155cm

 

竹俣紅さんという名前は珍しい名前ですよね。

家計をたどってみると米沢藩の重臣だった竹俣氏の末裔だそうです。

 

また下の名前は山形県の県花である紅花から付けたそうで、

由緒正しい家庭でまさに紅花のように大切に育てられてきました。

 

 

そんな竹俣紅さんは6歳から将棋を始め

小学4年生の時に日本将棋連盟主催の第1回駒姫名人戦優勝するなど、

才能を発揮して14歳でプロ入りを果たしました。

 

竹俣紅さんは美しい容姿だけでなく、

頭脳明快でまさに欠点のない女性です。

 

小さいころは医師を目指していたそうで、

小学5年生で漢字検定2級に合格するなど頭の良さを発揮していました。

 

中学校、高校は都内でも頭の良い

渋谷教育学園渋谷中学校・高等学校の出身です。

 

 

竹俣紅さんは中学受験で塾に通わず、

自分で教材を購入して入学するなど頭の回転は幼少期から早かったようです。

 

 

その後、2016年には受験ということもあり、

将棋はお休みをして受験勉強に力をいれていきました。

 

その結果、私立第一志望だった早稲田大学の政治経済学部に合格して、

在学しながらタレント活動なども行っているとのことです。

 

竹俣紅さんの家族構成はご両親と兄がいる4人家族です。

父親は大学病院の教授として勤めているそうで、

母親は専業主婦ですが相当な美人の方のようです。

 

父親が医療系で働いてたこともあって、

当初は医師を目指していたんですね!

 

ご両親との仲はとてもいいみたいで、

愛情をたくさん注がれて育ってきたのですね。

 

2019年3月末で日本将棋連盟を退会し、女流棋士を卒業した。
フジテレビ「ワイドナショー」でワイドナ高校生として話題となり、現在、様々なクイズ番組やコメンテーターとして出演中!

ワタナベエンターテインメントより引用」

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


竹俣紅の師匠は森内俊之九段!

 

竹俣紅さんの師匠は森内俊之九段です。

 

森内俊之 MORIUCHI TOSHIYUKI

 

棋士番号183
生年月日1970年10月10日(50歳)
出身地神奈川県横浜市
師匠勝浦 修九段
竜王戦2組(1組以上:18期)
順位戦フリークラス(宣言)

 

 

 

実績も永世名人の資格を持つほど優秀な方で、

また外見もスポーツ選手に劣らない体格をしているそうです。

 

身長は176㎝、体重は76キロと、

プロスポーツ選手のような体格をしています。

 

彼は永世名人の資格を持つ棋士なのである。名人制度が世襲制から実力制に移り約100年が経つが、森内がその称号を獲得するまでには、わずか4人しか到達できなかった頂上だ。

ちなみに、この称号は子どもの頃からのライバルとされる「猛手」羽生善治よりも先に獲得している。また棋界の最高峰のタイトルとされる竜王位と名人位、この2つを同時に保持したこともあるスーパー棋士でもあり、圧倒的な棋歴は「目立ちすぎ」なのである。

ALL Aboutより引用」

 

 

将棋界のトップを手にすることは簡単なことではありません。

ですがこれだけ優秀な実績を残してきても、

森内俊之九段は下記の記事からもわかるように一歩引いた姿勢

いつまでも持ち続けてるのが伝わってきます。

 

 

森内は、みごとに気配を消す。まず、機会あるたびにこう語る。
「誰か輝いている人がいて、自分は脇役という構造がしっくりきます」
「自分にはトップ指向がありません。できる人の下で自分をいかしてもらいたい」

将棋の世界は弱肉強食、究極の個人勝負の世界である。しかも、プロとなっているのは幼い頃から神童とあがめられ、その中を勝ち進んできた、ほんの一握りの超天才なのだ。もちろん森内もその一人である。棋界の頂点に君臨する永世名人、主役中の主役なのだ。そんな彼が「自分は脇役がしっくり、トップ指向がない」と語るのだ。

ALL Aboutより引用」

 

主役というよりか脇役の方が向いているという森内俊之九段。

苦手なことは人前では話すこととしていますが、

実際自分のYouTubeチャンネルを持つなど積極的に活動しています。

 

 

 

ちなみに登録者数は5万人を超えています。

新しいことに挑戦していく姿勢はさすがですね!

 

 

将棋以外にもゲーム対決をしたりと様々なことをしていて、

普段見れないような森内俊之九段がみれますね!

 

 

森内俊之九段の独特な雰囲気も必見ですね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


竹俣紅は引退じゃなくて退会!?理由は?

 

竹俣紅さんは現在、プロの将棋棋士でありません。

2019年に日本将棋連盟を退会しました。

 

正式には引退でなく退会ということだそうですが、

どのような違いがあるのでしょうか。

 

引退である場合は公式戦には出れないもの、

日本将棋連盟の肩書は残ります。

しかし、退会になると日本将棋連盟の会員でなくなるため、

プロ棋士としての資格をはく奪されて将棋から離れなくてはいけません。

 

そのため、女流棋士という名前を捨てても次に進みたいという、

大きな覚悟を持って判断したのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


竹俣紅は森内俊之から破門?

 

退会理由に関してはネットで様々なことで騒がれています。

噂では師匠の森内俊之九段に破門されてしまったのではないかと言われています。

 

 

竹俣紅さんは小学校5年生の時に森内九段のもとに弟子入りしました。

 

実際は森内俊之九段の初弟子ということもあり、

おそらくかわいがっていたのだと思います。

 

そのような師匠がいる中で、竹俣紅さんは途中で1年間休場したうえに、

芸能事務所と契約を結ぶなどタレント業という将棋以外の新しい道にも、

活動を広げていくようになりました。

 

そのようなこともあって、将棋界のファンなどからは様々な意見が出て、

噂やデマとなっているのでしょう。

 

先ほどの森内俊之九段のYouTubeチャンネルなど

見ていただければ伝わってきますが、

あまり激昂や破門などにするような感じではないですので、

おそらく噂やデマになるのでしょう。

 

しかし実際はどのような理由なのでしょうか。

 

大学生とは思えないくらいの

しっかりとしたコメントを自身のブログで述べています。

 

 

いつもありがとうございます。
皆様にお知らせがあります。
 
私は、今年度末(2019年3月31日)をもちまして、公益社団法人日本将棋連盟を退会し、女流棋士を卒業することにいたしました。
 
 
小学1年生になる少し前、近所の本屋さんでたまたま子ども向けの将棋の本に出合って将棋を始めてから、
将棋界にはプロというものがあることを知って、なんとなくプロを目指すようになり、
中学2年生でプロになりました。
しかし、まだそのときは自分のなかに「好きなことを職業にするのが良い」という価値観しかなく、
自分にその考え方が向いているかどうかや、大人になったときのことについて、あまり深く考えられていませんでした。
 
好きなことを職業にする生き方ももちろん良いと思いますが、
大学に入って、世の中にあるさまざまな価値観に触れたことで、
そうではない生き方をしてみたいと思うようになり、
将来は別の職業に就きたいと考えるようになりました。
学生である今は、学業を中心に、いろいろなお仕事を経験させていただくことで、
新しい職を見つけられたらと思っております。
 
来年4月からは、外から将棋界を見守っていきたいと思います。
今までも、これからも、ずっと将棋が大好きですので
それが何か役に立つ日が来たら嬉しいです。
 
ファンの皆さまには、引き続きよろしくお願い申し上げます。
 
 
竹俣  紅
 
竹俣紅公式ブログより引用」
 

大学生でここまで考えて発言できる人は珍しいのではないでしょうか。
 
おそらく破門されているという事はなく、
 
しっかりと話し合いで今後の進路ややりたいことを決めていったのでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

女流棋士は割りに合わない!?

 

竹俣紅さんが辞めた理由として、

進路のことや様々なことがあると思います。

 

その一つとして女流棋士の賞金の低さがあげられると思います。

女流棋士で稼ぐのはなかな難しいと言われています。

 

対局一回で20万くらいの賞金がもらえると言われていますが、

若手棋士は対局の数も少ないのであまり稼ぐことができません。

 

そのためアルバイトをしながらプロの棋士生活を

送っている人も少なくないそうです。

 

トップの人でも年収1000万が多いほうで、

竹俣紅さんは対局数も少なかったので年収は100万くらいだったと言われています。

 

 

大学卒業後の進路を真剣に考えた時、

普通に考えたらこの道で進んでいくのは厳しいと感じるのは当然でしょう。

 

様々なことを考慮してプロ棋士を辞めることにしたのでしょう。

 

 

 

 

竹俣紅はタレントでも活躍中!

 

竹俣紅さんはタレントとしても活動しています。

 

 

クイズ番組も出ているのですが、

師匠の森内俊之九段もかつて「アタック25」で

優勝したことのあるほどの実績があるそうです。

 

やくみつるを破って優勝した、森内九段

――竹俣さんの将棋の師匠は『アタック25』で優勝経験もある森内俊之九段ですよね。

竹俣 それこそ、やくみつるさんを破って優勝されたと伺っています。

――師匠とクイズのお話をしたことはあるんですか?

竹俣 小学生のときに将棋を教えていただいていた際、奥様が「紅ちゃんにクイズも教えて差し上げたら?」って、よくおっしゃっていて。でも、森内先生は「僕はもう、今のクイズは分からないから」って。でも、絶対に強いのにって思ってました(笑)。

 

文春オンラインより引用」

 

写真集なども出したりと活動しています。

また発信も積極的に行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々なテレビにも出ていますので、

徐々に将棋の楽しさだけでなくタレントの方に

気持ちが行ったのかもしれませんね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

竹俣紅の今後はフジテレビアナウンサーに!

 

今後の進路ですが2021年から

竹俣紅さんはフジテレビアナウンサーになります。

 

 

 

「美人すぎる女流棋士」として名を馳せた竹俣紅(21)が来春(2021年)入社のフジテレビのアナウンサーに内定していたことがわかった。現在はタレントとしてクイズ番組を中心に活躍する竹俣が入社となれば、大きな注目を集めることになる。

NEWSポストヘブンより引用」

 

 

フジテレビの社長は将棋愛好家です。

 

 そのフジテレビを統べる遠藤龍之介社長(64)はと言うと、作家の遠藤周作の子息であることはつとに有名だが、将棋愛好家としても知られ、結構な腕前をお持ちだとか。

 フジの幹部によると、

「遠藤さんは、都心の高級ホテルに併設されている囲碁・将棋の会員制サロンによく通っておられます。竹俣嬢にも個人的に指南を受けたことがあるのでは、なんて言われてますよ」

 真相を社長ご本人に尋ねると、

「サロンに女流棋士をお招きしたことはありますが、竹俣さんではないですよ」

 と、笑って否定。

「それどころか、彼女とはアナウンサーの最終面接の時しかお会いしていません。後にも先にもそれ一回きり。いまはコロナの影響で、内定式や懇親会もできないですからねぇ」

 では、他所で教わったこともないわけですね。

「対局したこともないよ。なので、よく分かんないんだけど、そもそも僕はアマ五段だからね。正直言って僕らは同じくらいの棋力だと思う。将棋について彼女から教わることってないと思うんだけどなぁ」

 入社後は手合わせを?

「まぁ、入社したら将棋を指すことくらいあるかもしれないけどさ。なかなか俺は負けないから、その時はやっつけてやりますよ!」

dmenuより引用」

 

プロの将棋棋士ではもう見れませんが、

今後もフジテレビアナウンサーやタレント活動として、

活躍を期待していきましょうね!!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)