和田はなの高校はどこ?早稲田の学部は?姉の和田あきも女流棋士!美人姉妹画像集!


 

現在、早稲田大学に在学中の和田はなさん。

なんと今年、9月1日付で女流棋士2級となり、プロ入りしました!

今回は女子大生棋士、和田はなさんの気になることを色々調べてみました。

最後に画像集もまとめていますので、是非、みてください!

 

 

スポンサーリンク

 

 

和田はな女流棋士のプロフィール

 

 

名前:和田はな(わだ はな)

生年月日:2002年1月14日

年齢:18歳

星座:やぎ座

出身地:埼玉県和光市

所属:日本将棋連盟所

プロ入り年月日:2020年9月1日(18歳)

師匠:藤倉勇樹(ふじくら ゆうき)

棋士番号:69

段位:女流2級

 

実は、お姉さんの和田あきさんも女流棋士なんです!

 

 

スポンサーリンク

 


姉も女流棋士?

 

ここで姉:和田あきさんのプロフィールも紹介します。

 

 


【和田あき女流棋士のプロフィール】

名前:和田あき(わだ あき)

生年月日:1997年11月14日

年齢:23歳

星座:さそり座

出身地:北海道札幌市

所属:日本将棋連盟所

プロ入り年月日:2014年8月9日(16歳)

師匠:藤倉勇樹(ふじくら ゆうき)

棋士番号:50

段位:女流初段

 

姉妹そろって棋士なんてすごいですね!

 

 

 

スポンサーリンク

 


女流棋士への道

 

はなさんが将棋を始めるきっかけは、家族が将棋を指しているのを見て、勝手に覚えたそうです。

5歳で将棋を始め、女流棋士の道が開かれます。

小学生の時には学校がお休みの日に道場に通って8時間も対局していたそうです。

 

その後、はなさんは2011年10月に関東研修会に入会します。

2013年、第7回小学生女子名人戦で優勝し、2014年、第46期女流アマ名人戦でも優勝します。

2018年、当時、ご両親がヒューストン在住であったため、第23回全米将棋大会に出場し、みごと優勝します。

2020年7月26日、研修会の定例会で4連勝し、ここ12局の勝敗が9勝3敗となったため、C1クラスからB2クラスに昇級します。

これにより女流棋士になる権利を得て、女流棋士資格申請書を提出し、承認されます。

2020年9月1日付で東京本部所属の女流棋士2級(新女流棋士)となり、女子大生棋士が誕生します!

 

今後ますます活躍が期待される、和田はなさん。

 

どんな学校生活を送っていたのでしょうか?

 

彼女が通っていた高校や在学中の大学についてまとめてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 


通っていた高校は?

 

通っていた高校は、埼玉県にある『細田学園高校』です。

偏差値は47~66くらいのようです。

 

 

埼玉県志木市本町にある、男女共学の私立高等学校です。

設立は1921年10月と歴史ある高校です。

2019年には中高一貫教育をおこなうために、中学校を開設しています。

敷地内には細田学園幼稚園も併設しているそうです。

はなさんは、中学2年生~高校2年生までアメリカで過ごしていて、帰国後にこの高校に編集しています。

ちなみに2018年(16歳)に、「第23回全米将棋大会」で優勝しています。

ただ海外生活ではあまり大会に出場できなかったので、編入後は、将棋部に在籍し、また将棋の腕を磨いていったようです。

 

尚、この高校は、近年、東京大学への合格者を出していますが、部活動にも力を入れています。

2003年には春の高校バレーで初出場ながら、ベスト8

2006年には元全日本女子バレーボールチームのキャプテン吉原知子をコーチに迎えてベスト8

2007年に高校総体(佐賀県鳥栖市)でベスト8

2013年に春の高校バレー出場(10年連続15回目)

特にバレーの成績が目立ちますね。

そのため、この高校の出身者には、荒木夕貴さん(女子バレーボール選手)小野寺夏希さん(女子バレーボール選手)がいます。

 

この高校は、6つの学科・コースがあります。はなさんがどの学科であったかは不明ですが、参考までに各学科の偏差値と合格点を明記しておきます。

学科・コース偏差値・合格点
普通・選抜G57・339
普通・特進60・360
普通・特進H66・402
普通・選抜L 55・325
普通・進学α 52・304
普通・進学β 50・290

 

ちなみに高校での活躍は学校の公式アカウントにも紹介されています。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

早稲田の学部は?

 

はなさんは、高校を卒業した後、推薦で早稲田大学に入学しています。

では現役女子大生のはなさんは、早稲田大学で何学部に通っているか気になりますね。

調べてみると、『社会科学部』に通っていることが判明しました!

 

 

 

この学部では、「コミュニケーションをとりながら自己の考えを主張できる人材の養成」を目標としています。

私たちの日々の生活における問題点を様々な視点から見つめ、解決策を見つけていくことを学んでいきます。

各学問分野からの基本的アプローチ、基盤専門科目・先進専門科目など専門性の高い科目を学び、問題や課題に対して、様々な角度からアプローチしていけるスキルを身につけていきます。

将棋の対局では、常に何十手も先を読みながら、次の一手をさしていく勝負となります。

こうした様々な角度から物事を考える力をつけることで、より一層、将棋の対局に役立てられているかもしれませんね。

ここ最近の『社会科学部』の偏差値は、70前後です。

 

ちなみにこの学部出身の有名人には、女優の室井 滋さん(むろい しげる)、ミュージシャンの小室 哲哉さん(こむろ てつや)、デーモン閣下さん(デーモンかっか)、北島康介さんを指導していた、水泳指導者の平井 伯昌さん(ひらい のりまさ)などがいらっしゃいました。

 

せっかくなので、中学校や小学校についても調べてみました。

 

中学校は、埼玉県の『和光市立大和中学校』です。

中学1年生の時に、「第46期女流アマ名人戦」で優勝しています。

左から3位:大城千花さん、準優勝:橋本智佳子さん、優勝:和田はなさん、3位:小山田友希さん

その後、14歳からは父親の転勤に伴い、両親と一緒にアメリカのヒューストンに移住しました。

そのため、日本国内の大会にはほとんど出場していません。

ただ、4年間のアメリカ生活で英語が得意教科になったようです。

 

小学校は、埼玉県の『和光市立第三小学校』です。

はなさんの活躍は、和光市の公式ホームページに「輝けわこうの光!様々な業界の第一線で活躍する人を紹介します!」というコーナーで紹介されています。

和光市公式ホームページはこちらへ!

 

 

 

スポンサーリンク

 

父親は元競技かるた選手?

 

将棋に勉強にがんばっているはなさん。

ここでお姉さん以外の家族についても紹介していきますね。

家族構成は、父、母、長男、長女(和田あき)、次女(和田はな)の5人家族です。

 

父親は、仕事熱心でストイックな方のようで、一時期アメリカに移住しているので、海外関係のお仕事なんでしょうか。

ちなみに元競技かるたの選手だったそうで、その集中力は、はなさんにも受け継がれているようですね。

【競技かるた(きょうぎかるた)】とは、小倉百人一首を用いて、一般社団法人全日本かるた協会が定めた規則に則って行う競技です。

恐らく、この説明よりも漫画や映画になった『ちはやふる』の題材と言った方がわかりやすいかもしれないですね。

 

また競技かるた以外にも将棋も得意で、アマチュア将棋に参加していたようです。

はなさんが将棋をはじめたのは、兄と姉のあきさんが指しているのを見て、勝手に覚えてしまったようです。

このエピソードからもご両親も兄弟・姉妹もみなさん、頭が良いことがわかりますね

 

 

 

スポンサーリンク

 

性格がツンデレって本当?

 

さて、頭も良いはなさんですが、性格はどうなんでしょうか?

日本将棋連盟のコラムで姉のあきさんが妹さんについて語っている記事がありました。

 

【質問】

妹さんも、和田女流初段の対局を気にしていたり?

【あきさんの答え】

妹に直接「私の対局観た?」と聞くと「え、観てない」みたいな反応をされるんですが、後で家族に聞いてみると「お姉ちゃんの対局、ずっと観てたよ」と教えてくれるんです。妹、私に対してツンデレなんですよ(笑)。

 

【質問】

姉妹で、お互いの対局を気にしたりするものですか?

【あきさんの答え】

気になりますね。先日、妹が公式戦に出る機会があって、一斉予選で私も対局があったのですが、妹の対局の方が気になってもう気が気じゃないというか‥‥、胃が痛かったですね。

 

【質問】

じゃあ、あまり姉妹で将棋の話もしないですか?

【あきさんの答え】

私が妹に質問することはあるんですけどね。妹は振り飛車党なので、私の対局相手が振り飛車の時に質問したり。でも、質問しても適当にあしらわれちゃって(笑)。‥‥妹からアドバイスを求められることは、ないですね。

 

【質問】

お姉ちゃん、ちょっとさみしいですね(笑)

【あきさんの答え】

そうなんですよ。例えば、家にいる時に「10秒将棋指そうよ!」って誘っても、断られちゃいます。「今、忙しいから」って(笑)。でも妹は高校の勉強と将棋の両立で、本当に忙しいんだと思います。それを身近で見ているので、よく頑張ってるなと思いますし、心から応援しています。

 

引用:★日本将棋連盟将棋コラム記事の詳細はこちら

 

この記事から見ても、はなさんは、お姉さんに対しては、ツンデレな所があるみたいですね。照れ隠しなんでしょうか?

姉妹でも性格はかなり違うようです。今後も姉妹対決が楽しみですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

美人姉妹の画像集

 

さて、お待たせしました。はなさんと姉:あきさんの美人姉妹の画像を集めてみました。

是非、見てください!

左:はなさん、右:あきさん

左:はなさん、右:あきさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

さいごに

 

今回は、和田はなさんについて紹介させていただきました。

女子大生棋士として活躍している注目の若手です。

今後の将棋界を担うことは間違いないでしょう。

ちなみに将来の夢は、「タイトルを取ること」と「海外への将棋の普及に携わること」だそうです。

やはり4年間のアメリカ生活があったからでしょうか。

 

また同い年である藤井聡太八段に関しては、インタビューで「藤井先生を同世代と考えたことはありません。強さはもちろん、立ち振る舞いや謙虚な姿勢など、いつも素晴らしいなと思っています。」と語っています。

はなさんも十分謙虚だと思いますが、やはり同世代にこれだけ強い方がいると良い刺激になるのかもしれませんね。

これからも活躍に期待して、応援していきたいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)