アントニオ猪木の現在は?病気に入院し闘病生活?妻と子供について


アントニオ猪木の現在は?

病気に入院し闘病生活?

妻と子供について調べてみました!

 

 

スポンサーリンク

 

アントニオ猪木のプロフィール

 

本名:猪木 寛至(いのき かんじ)

生年月日:1943年2月20日(78歳)

出身地:神奈川県横浜市鶴見区

出身校 横浜市立寺尾中学校

職業 プロレスラー/政治家/事業家

身長 190 cm 

体重 102 kg

結婚歴:4回目

子供:娘1人と息子1人

 

 

 

スポンサーリンク

 


アントニオ猪木の現在は?

 

「元気ですかー!」のフレーズで有名なアントニオ猪木さんですが、

入院されていたということがわかりました。

 

 

 

スポンサーリンク

 


病気に入院し闘病生活?

 

ご年齢もあってか入退院を繰り返されているそうですね。

元気なイメージしかありませんでした。

猪木さんは、2009年と2018年の2度にわたって腰の手術を受け、2019年秋には心臓の病気で2カ月半も入院。2021年1月、腰の治療で再び入院し、腕周りを動かすリハビリに取り組んでいました。1週間前の21日に公開した動画では、腰の痛みに加えて息苦しさや手足の脱力にも襲われていると告白しつつ、「外ももう桜が咲く寸前だしね。頑張って桜を見たいな」と今後の目標をコメント。

出典:https://news.yahoo.co.jp

アントニオ猪木さんは難病「心アミロイドーシス」を告白を昨年されていました。

Q:「心アミロイドーシス」とは、どのような病気なのでしょうか?
——–
まず、「アミロイドーシス」とは、アミロイドと呼ばれる難溶性のタンパク質繊維が、心臓、肺、腎臓などのさまざまな臓器の細胞外に沈着し、臓器機能が低下して発病するものです。

アミロイドーシスは、複数の臓器にアミロイドが沈着する「全身性アミロイドーシス」と、特定の臓器にだけアミロイドが沈着する「限局性アミロイドーシス」に大別されます。

限局性アミロイドーシスの一例としては、脳にアミロイドβというタンパク質が溜まって発症する、アルツハイマー型認知症などがあります。

全身性アミロイドーシスのうち、心臓にアミロイドが蓄積し、心臓の働きが悪くなる状態を「心アミロイドーシス」といいます。診断確定が難しく、治療困難な疾病と見なされてきましたが、近年、診断法の進歩により、心不全の原因として珍しくないことも明らかになってきました。

予後は病状の進行具合により大きく異なるため、早期診断・治療が極めて重要といわれています。

現時点での発症者は人口100万人あたり6.1人と推定されています(「心アミロイドーシス診療ガイドライン」2020年版より)。

出典:https://news.mynavi.jp

心の強いアントニオ猪木さんもさすがに弱音をこぼされたそうです‥

こもり気味の声で「もういいだろう、楽にさせてくれよ、っていう」と力なくこぼす一方で、「まぁ、けがはしょうがないと思ってね」「けがと手術の数なんて自分の歳よりはるかに多い」と、自身の78歳という高齢を引き合いに出し冗談めかして語りました。

出典:https://news.yahoo.co.jp

 

 

 

スポンサーリンク

 


Twitterでファンの方たちは…

みなさん元気になられることを期待されているようです。

まだまだ、元気でいてほしいですね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

アントニオ猪木さんの妻と子供について

アントニオ猪木さんは3度の離婚をされており、

2017年に16歳年下の女性との4度目の結婚しております。

お相手女性は橋本田鶴子(はしもと たづこ)という方です。

出会いについては以下の通りみたいですね!

そんな奥さんですが、2019年8月27日にお亡くなりになりました。

お悔やみ申し上げます。

橋本さんは、1990年代後半から、
猪木さんのプロレスの写真を撮っていたそうで、
2001年には、猪木さんの写真集を出版。

その後、猪木さんが、2013年に18年ぶりに国政に復帰されると、
橋本さんも議員会館に出入りし、猪木さんの北朝鮮訪問などにも、
同行されるようになっていたそうで、結婚は自然な流れだったのでしょうね。

 

元プロレスラーで参議院議員としても活動したアントニオ猪木(76)が27日、自身のツイッターを更新し、同日未明に妻の田鶴子さんが亡くなったことを報告した。

出典:https://www.oricon.co.jp

お子さんについては、

娘さんについては情報がありました!

お名前:猪木寛子

幼い頃には、ミュージカル「アニー」で主人公のアニー役を演じられたことがあるそうですが、

その後、女優の道には進まなかったようで、倍賞さん・猪木さん夫婦が離婚した後は、お母さんである倍賞さんに引き取られたそうです。

その後、成長した寛子さんは、思春期の時に両親が離婚したせいか、お母さんへの反発もあり、ボストン大学へ留学。

帰国後も、お互い意地の張り合いで、なかなか素直に仲良くできないでいたそうです。


ちなみに、その寛子さんのご主人は、サイモン・ケリー猪木さんで、猪木さんが会長を務める、プロレスと総合格闘技の団体「IGF」の取締役をされており、現在は、カリフォルニアで暮らされているそうですが、

寛子さんとサイモンさんは、幼稚園の頃から同じインターナショナルスクールに通っており、両家がずっと家族ぐるみの付き合いをされていたことから親しくなり、結婚に至ったのだそうです。

出典:https://koimousagi.com

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)