【教員いじめ】東須磨小学校の教師4人謝罪文・コメント公開!赤ペン添削される!


神戸市東須磨小学校で、教員間のいじめがあった事件を受けて加害者教師4人が10月16日の保護者会で、謝罪文を発表しました。

 

以下全文となっております。

 

女性教師の謝罪文がヤバすぎる?

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

加害者達の謝罪文!

 

 

神戸市市立東須磨小学校において、加害者教員の4人の謝罪文が読み上げられました。

10月16日に保護者会が行われた内容となっております。

 

 

【30代男性教員A】

 ここまで被害教員を大切に育ててこられたご家族の皆さま、このたびはこのようなあってはならない事態を引き起こしてしまい、大変申し訳ありません。ご家族の皆さまには直接お会いして、謝罪の辞を述べさせていただきたいと思います。

 東須磨小の保護者の皆さま、そして子どもたちに、おわびをしなければいけません。いけないことを教える立場の私が、加害者となり、混乱と不安を与えてしまうことになってしまいました。信頼を裏切ることになってしまったことを、深くおわびしたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

 

 

 

【30代男性教員B】

 自分自身の相手への配慮に欠ける言動や、軽はずみな言動に、最低な人間だと実感しました。一社会人として、人間として、恥ずべきことと考えています。もし、許されるのであれば、被害教員やご家族に直接、誠心誠意、謝罪したいと思います。

 東須磨小の児童、保護者の皆さん、自分の身勝手な言動で、たくさんの迷惑をおかけしました。この事案を機に自分の在り方をしっかりと見直し、自分の言動に対して猛省を続けたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

 

 

 

【30代男性教員C】

 相手のことを思いやらずに、自分勝手な行動で相手を傷つけたことを反省しています。被害教員をはじめ、私の行動で嫌な思いを先生方にさせてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 東須磨小の子どもたちや保護者の皆さんには、申し訳ない気持ちです。私の犯した行為は、許されることではありません。東須磨小の子どもたちは、素直な明るい子どもたちなので、そこを伸ばしてほしいと願っています。ただ、私の行為はその成長の邪魔をしてしまったと思っています。

 

 

 【40代女性教員】

 子どもたちに対しては、こんな形になって申し訳ないです。子どもたちを精いっぱい愛してきたつもりですが、他の職員を傷つけることになり、子どもたちの前に出られなくなり、申し訳ありません。私の行動で、迷惑をかけてしまったことに対して、本当に申し訳ないと思っています。

 被害教員に対しては、ただ申し訳ないというしかありません。被害教員のご家族に画像を見せられ、入院までしている事実と、苦しんでいる事実を知りました。本当にそれまでは、被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです。自分の行動が間違っていることに気付かず、彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです。どうなっているのかと、ずっと思っています。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


女性教師の謝罪文がヤバイ

 

 

 

 

実はネット上では、他の加害者教師と比較して

女性教師の謝罪文がヤバすぎるとかなり話題となっております。

一体どういうことなのでしょうか?

 

謝罪文の中に明らかにおかしな文書や表現があるそうです。

 

 

 

女性教員はコメントの冒頭で「子供たちに対しては、こんな形になって申し訳ないです」と生徒に謝罪。被害教員に対し、「被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです。自分の行動が間違っていることに気づかず、彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです」としていた。

 ネット上では「加害者女性教師の言葉が恐ろしい。この段階でも未だに『可愛がってきたのに…』とか言えるの有り得ない」「特に40代女性教員の文章には怒りを通り越して気持ち悪さを感じます。謝罪に見せかけた自己弁護でしかありません」「女性教員の謝罪文だけ歪みきった筋がなぜか真っ直ぐに一本通っててまじで怖いな」「主犯格って言われてる40代女性教員の文がやばくない?子どもたちの前に立てなくなったのは被害教員が声を上げたせいで、私は指導のつもりだった。私がこんな目になったのは本当に私のせい?って感じが透けてて気持ちが悪い」などと女性教員の心理を読み解こうとする投稿が。

 また、「辞めた職場に完全パワハラ体質の女がいて、誰からどう責められても被害者面をするのが不思議でならなかったんだけど、女性教員の文を読んで納得いった。加害者であるという自覚は一生出来ないんだな。逮捕されても『なんで?』って思うんだろう」と自身の体験と重ねる投稿もあった。

出典:https://jp.news.gree.net/

 

 

 

 

 

 

 

ここでかなり矛盾が生じる発言をしているのが、

 

40代の女性教師が20代男性教師に対して、今さらになって

 

「かわがってきただけに本当につらい」

といった形で証言をしていることです。

 

 

 

 

 

本当にかわいがってきたのであれば、療養中となるほどいじめをしないと思います。

 

これまでのいじめの数々を振り返るとかなりの数があることが伺えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

・「ボケ」「カス」といった暴言を浴びせる

・羽交い締めにして激辛カレーを目にこすりつける

・車を傷つける

・車の上に乗る

・車内に飲み物をわざとこぼす

・「LINE」で同僚女性教師にわいせつな文言を送らせる

・拡大コピー用紙の芯でお尻を殴る

・無理やり車で自宅まで送らせる

・無理矢理酒を飲ませた

・背中を肘でぐりぐりと押した

・足を踏みつけた

・ポンコツということで、「ポンちゃん」と呼んでいた

・携帯電話にロックをかけて使えなくさせた

 

数々の暴行、いじめなどを考慮するとありえない言動だと思います。

 

 

被害者男性が療養している最中に

「謝ればいいんでしょ?」

といった形で、暴言を吐いていたのにもかかわらず今さらになって

 

「かわいがってきたつもり」

というようなどうかしていると思います。療養までさせておいたのに、かわいがってきたという発言はどう考えてもおかしいです。

 

 

明かな自己保身でしか過ぎないと思います。反省しているのかいささか疑問です。。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


謝罪文を素人に添削される!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらを見てわかる通り、40代女性教師の謝罪文がはるかに自分目線でありなおかつ、恩着せがましい文章である謝罪文であると伺えます。

 

「子供たちを精一杯愛してきた」

「子供たちに出られなくなった」

「被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです」

「かわいがってきただけに」

 

 

これらの文章は自分目線すぎる文章であることに気付かず、謝罪文をするとはかなり怖いですし、本当に教師だったのか?教育者だったのか?

 

と疑いたくなるような文面でした。

 

 

投稿者に関しても

 

「40代女性教師の文章が特にひどい、さじを投げたくなった」

 

などと言っています。

 

 

この機に及んで、以下のような表現をするとはどういうことでしょうか。。

反省していないのか、それともまだ自分のことが悪いと思っていないのか。。

 

 

怖すぎる気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


みんなの反応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)