【卓球】張本智和は頭がいい!!高校は日大!進路は東大?東北大?

 

 卓球界で怪物、神童と呼ばれる張本智和選手(16)は机の上でも怪物だった!?今回はそんな張本選手について書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

張本智和選手のプロフィール!身長は!?(2019年時点)

出典: https://www.butterfly.co.jp/takurepo/topics/

名前張本智和(はりもとともかず)
年齢16歳
身長175cm
体重64kg
世界ランク5位(2019年9月時点)

こちらが2019年9月時点での張本選手のプロフィールになります。現在16歳なのでまだまだ身長が伸びる可能性もありますね!!

現在世界ランク1位の許 昕(シュー・シン)選手の181cmを始め、世界ランク上位の選手は173cm~181cmくらいの身長の選手が多いので、このままの身長でも十分に世界と戦っていける身長であるともいえると思います!

許 昕(シュー・シン)選手

出典:https://takkyu-navi.jp

スポンサーリンク

高校はどこに通っている!?

張本智和選手は現在日大高校の1年生です。

日大高校は神奈川県横浜市にある私立高校で、2019年度は国公立、難関私立大学に204名合格している県下屈指の神学校です。

卒業生には、

坂本九さん(歌手)、黒沢年雄さん(俳優)、斉藤司さん(お笑い芸人)などの多くの著名人がいる歴史的にも由緒正しい高校であると言えると思います。

出典:https://hiyosi.net/

スポンサーリンク

日大高校の偏差値は!?

大手受験サイトによると日大高校の偏差値は65-67で神奈川県内19位(327校中)だそうです。

卒業後はほとんどの生徒が系列の日本大学をはじめとした大学への進学をしています。また、その他の卒業生も多くは都内の大学へ進学をしているということがわかりました!

日本大学

出典:https://ja.wikipedia.org

スポンサーリンク

なぜ日大高校を選んだのか!

高校選択の決め手は、海外遠征続きの中学時代に成績が下降してしまったことにあるそうです。レベルの高い日大高校でハイレベルな文武両道を実現する為、進学を決めたそうです!

ちなみに、日大高校には卓球部がありますが、張本選手は部活には属していません。(張本選手は競合ノジマTリーグ 木下マイスター東京の所属です)

練習は学校から近い木下グループの体育館で行っているようです。

スポンサーリンク

張本選手はどれくらい頭がいい!?

小学校時代に学力テストで全国1位を取ったこともある秀才ですが、高校卒業後の進路としても超名門大学の名前が噂されています。

こちらのインタビュー動画からも非常に考えて話をするタイプであることがわかると思います!

出典:https://www.youtube.com

そこで今回は、張本選手の進路に関する噂を発見したため紹介したいと思います!

1. 東京大学

東京大学には2016年より始まった推薦入試があります。

各学部毎に募集要項があり、いずれも非常に厳しい条件が設定されています。

以下が東京大学の中でも名門である法学部の推薦入試の募集要綱です!読んだだけで非常に狭き門であることがわかると思います。

(1) 募集人員 10人程度
(2) 求める学生像

現代社会,とりわけグローバルな場でリーダーシップを
発揮する素質を持つ学生。すなわち,優れた基礎的学力を
備えるとともに,現代社会のかかえる諸問題に強い関心を
持ち,実社会の様々な事象から解決すべき課題を設定する
能力,さらには他者との対話を通じて,その課題の解決に
主体的に貢献する能力を有する学生。
(3) 推薦入試入学者に対する教育方針
グローバルな場で活躍するために基礎となる幅広い視野
をそなえ,法的思考と政治学的識見の基礎を身に付けた人
材の養成をめざす教育を行います。
本入試で入学した学生に対しては,学生の関心に応じて
発展的内容の学習を可能にするため,教養学部前期課程に
おいて法学部専門科目の受講を許可し,法学部進学後に法
学部卒業に必要な単位として認定します(前期課程の単位
とはなりません)。法学部3年生以降においては大学院(法
学政治学研究科)の授業科目の受講を許可し,法学部の選
択科目として単位認定します※a。また,履修について個別
的に助言・支援する教員を配置します。

(4) 推薦要件

以下の全てに該当する者とします。
① 学業成績に秀でていること。(第3学年第1学期に履修
した全教科(美術などの実技技術科目を含む)の学業成
績に基づいて,志願者が文系・理系を含めた学年全体で
上位概ね5%以内であること)
② 現実の中から本質的な問題を発見し,独創的な形で課
題を設定する能力を有すること。
③ 問題の解決に向けてイニシアティブを発揮できるこ
と。
④ 異なる文化的背景や価値観を有する他者とのコミュニ
ケーション能力に優れていること。

(5) 学部が求める書類・資料
各学部共通に求める調査書等のほか,志願者が本学部の
推薦要件に合致することを具体的に証明する資料※b。
例えば,
・ 在学中に執筆した論文で,志願者の問題発見能力・課
題設定能力を証明するもの※c
・ 社会に貢献する活動の内容を具体的に証明する資料
(表彰状,新聞記事など)
・ 留学経験など,志願者が異なる文化的背景や価値観へ
の理解を有することを示す資料(留学の事実を証明する
資料,外国人との交流や支援活動を行ったことを示す第
17
三者の推薦状など)
・ 国際通用性のある入学資格試験における優秀な成績を
証明する資料(国際バカロレア,SATなど)
・ 外国語に関する語学力の証明書(TOEFL,英検,IELTS,
TestDaF,DALF,HSKなど)
などです。
以上はあくまでも例示であり,志願者が本学部の推薦要
件に合致することを証明できる資料であれば,上記以外の
資料でもかまいません。

(6) 面接等の方法

グループ・ディスカッション及び個別面接を行います。
グループ・ディスカッションは,その場で与えられたテー
マについて,少人数のグループで議論してもらい,論理的
思考力,発想力,コミュニケーション能力などを審査しま
す。個別面接では,提出書類・資料に関連する質問などを
通して,法や政治に対する関心と,それを学ぶ能力とを確
認します。

出典:https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/admissions/

非常に狭き門ですが、張本選手の卓球で培った集中力ならこの狭き門も潜り抜けるのかもしれません。

2. 東北大学

張本智和選手の出身地、宮城県仙台市に位置する超名門大学、東北大学も進学先の候補としてあがっています。

東北大学

出典:https://www.tohoku.ac.jp/

河合宿のホームページでは2019年の東北大学法学部の偏差値は60.0と記載されています。

東北大学にも若干名ではありますがAO入試枠があるので、一般入試、AO入試共に受験の可能性はあるのではないでしょうか!?

この2つの進路に関する噂が確認できました。

どちらかの大学に進学するのか、はたまたその他の進路に進むのか、張本智和選手の今後に注目です!!

スポンサーリンク

東京オリンピック後の現役生活について

東京オリンピック代表を座をほぼ確実にしており、金メダルの候補にも上げられていますが、

その後の現役生活につてはどのようなプランを立てているのでしょうか!?こちらについても調べてみました。

あるインタビューの中でプレイヤーとしての今後について下のような想いを語っている。

東京で始まる五輪人生についても明確なプランがある。

「33歳で迎える2036年のオリンピックまでは出られると思ってやっています。まだまだ動けると思う。その次の37歳(2040年)と33歳では動きに違いが出てくると思う」

世界各国の選手傾向も分析している。「アジアよりヨーロッパの方が競技人生が長い。ドイツのブンデスリーガなどリーグがしっかりしているからなのか。日本ではTリーグができたばかり」と語った。

そのTリーグ。昨年、発足したばかりだが、令和時代さらに日本卓球界を発展させたい思いがある。

「理想はプロ野球、サッカーのJリーグに近づきたい。卓球のワールドツアーもテレビ放映されるぐらい、すごい競技にしていきたい」

5月11日に行われたバスケットボールBリーグの決勝もニュースなどで見た。

「1万人以上入ったと聞いた。Tリーグも団体戦なんですけど、団結力がバスケの方が見ててすごいなと思いましたし、ゴールシーンでダンクとかが、格好いい。卓球ももっと格好いい技を見せて、格好いいと思ってもらえるようなスポーツになれたらいい」

出典:https://www.nikkansports.com/

張本智和選手は東京含めオリンピックに5回ほど出場したいと言っています。2020年の東京オリンピックに加えてあと4回のオリンピックを経験するころには張本選手は34歳になっています。卓球男子日本代表としてオリンピック5回出場となれば、歴代最多の出場回数となります!現在16歳の怪物はこれからも成長を続け、日本の卓球の歴史のトップページに名前を残す選手へとなっていくのでしょうか!?また、どれだけの数のメダルを獲得していくのでしょうか!?

これからどのような成績を残し、どのような進路を選択するのか非常に楽しみな、張本智和選手の今後に引き続き注目していきましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする