響龍への対応にTwitter上で非難殺到!「対応遅すぎ」怪我のその後の容態や経過,後遺症は残る?


 

3月26日、今福―響龍戦で

試合中に響龍が頭から土俵に落ち

うつぶせのまましばらく動けなくなる事故が発生しました。

 

Twitter上では、響龍への対応について

非難の声が殺到しています。

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 ニュース内容

 

大相撲春場所13日目の26日、東京・両国国技館で行われた三段目の取組で、東三段目65枚目・響龍(28)=境川部屋=が取組後に動けなくなり救急搬送された。響龍は相手のすくい投げで敗れた際、俵に頭部から落ちて強打。うつぶせのまま動けなくなった。その後、あおむけにされて医師が状態を確認し、担架で運ばれ、病院に向かった。  

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「意識は取り戻したと聞いた。斜めから落ちるのが一番危ない。頸椎(けいつい)の神経が圧迫されている可能性があるかもしれない」と心配していた。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

響龍は、相手にすくい投げをされ、

俵に頭部から落ち頭を強打しました。

のちほど、実際の試合動画も掲載していますが

頭部に相当の衝撃が加わったことが見て分かります。

 

響龍は、しばらくうつぶせのまま動けなくなり

その後、あおむけにされて医師が状態を確認。

その後、担架で運ばれ病院に搬送されたとのことです。

 

響龍の相撲動画!取組後に緊急搬送!頸椎の神経負傷?救護後回しにされた?

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


今福響龍相撲動画!衝撃の瞬間!

 

こちらが、問題取り組み試合の

響龍今福戦です。

 

映像をみて分かるように

相当な衝撃が頭部に・・・

これは、素人がみても

「やばくない?」と

思いますね。

 

さらに、問題視されているのが

倒れている響龍を放置して

行司は勝ち名乗りをあげたということ。

そして、首の挫傷の確認もせずに

身体を仰向けにひっくり返したこと。

 

相撲のルールなのでしょうか?

怪我をしている力士よりも何よりも

勝ち名乗りをする・・・。

もしかすると、一刻を争うかもしれないときに・・・。

これの件について非難のコメントが殺到すると

相撲ファンの一部では

「相撲をよく知らないのに、素人がいろいろ口出ししている」

というコメントなどもありました。

確かに、相撲のことはよくわかっていませんが

これはどうなのだろうか・・・と思う人のが

多いのは当然ではないでしょうか。

 

さらに、これまた素人目線ですが

頭を打って起き上がれない人の体を動かすことが

よくないということは誰でもわかると思います。

ですが、医師に確認することなく仰向けに・・・。

これについても

「人命救急の講習受けてる?」

「相撲の世界…なんだこの世界?」

などといった声がありました。

 

スポンサーリンク

 

 


 響龍力士が搬送された病院は?

 

 

響龍は、倒れてから6分後、ようやく担架に乗せられ

病院ではなく、一度相撲診療所に運ばれました。

 

そこで、しんさつをし救急車で病院へ

搬送されました。

 

響龍が搬送された病院はどこなのか

調査してみました!

 

 

こちらは、試合があった両国国技館の

周辺の病院を調べた結果になります。

 

現時点では、どこの病院に搬送されたか

わかっていません。

なにか情報が入りましたら

追記します!

 

 

 

スポンサーリンク

 


ツイッターの声「取り返しのつかないことに」

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 怪我の容体は?後遺症は大丈夫?

 

引用:スポニチ

 

今回のケガによって、響龍に後遺症が残らないか

心配の声が多数上がっています。

 

頸椎を損傷すると体がマヒするなど

日常生活に支障をきたしますし

力士生命は立たれてしまう可能性が

高いと思います・・・。

 

現在の響龍の詳しい容態はどうなのでしょうか?

病院に搬送された後、特に報道はされていないので

詳しい容体は不明です。

 

しかし、日本相撲協会の芝田山広報部長は

「意識を取り戻した」

「脳しんとう、頸椎が損傷しているように見える」

「頸椎の神経が圧迫されている可能性がある」

と説明していました。

 

病院に運ばれた際、話すことはできていたようですが

体はマヒして動かせなかったとか・・・。

とても心配です。

マヒなどは、一時的なもので

また相撲がとれるまでに快復することを

心から願います!!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 相撲協会について、また海外で波紋?

引用:日刊スポーツ

 

世間の声では「相撲協会大丈夫?」という声も多数ありました。

 

相撲協会を心配、非難するといえば

以前、京都府でも話題がありましたね。

 

京都府舞鶴市で大相撲の巡業中に

市長が倒れ、救命措置をした女性が土俵から下りるよう

指摘されました。

さらに、女性が土俵から降りた後

塩がまかれました。

 

これについて海外メディアでは

「これが救命措置をした人への

反応なのか?」と日本国内の批判を

紹介するなど、波紋が広がり

欧米では、大変驚かれたと報道されました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 みんなの声

 

無事を祈ります
首や頭を打った時は迂闊に動かしたりはできないけど…うつ伏せだと体型的に呼吸ができないかもしれない…難しいな
あまり見ないし聞かない例だ…後遺症などがないことを祈ります

 

6分間医者がこない
親方衆はみてるだけ
頸椎やってるのに体位変える
来た医者はまずゆさぶる。
なんだこの世界?

 

うつ伏せで動けなくなった人を力士と行司の間に放置し勝ち名乗り。
まず動けるなら動いて移動した後に勝ち名乗り、動けないならまず関係者や医者飛び込んで処置しなきゃ。
素人でもどう見ても大変な状態に見える。
プロレスですらこの様な時は、動かさず救急車呼んでプロの救急隊が運んで行くぞ。

 

勝ち名乗りの写真、違和感でしか無い。

 

失神や脳震盪を起こす取り組みも見受けられる、救命医などを土俵近くに配備する、緊急時の対応など講習会を開いて親方、行司、呼び出し、力士に周知する。
審議委員会で横綱への注意、勧告も大切だが、命を、健康を守る議論をして不足があれば外部から人を採用してほしい。いつまでも閉じられた世界で済む時代ではない。
古い人達では無理だから、稀勢の里親方や鶴竜親方に期待したい。

 

無能をさらした相撲協会
格闘技を主催する資格がない
相撲協会は深く深く反省してほしい。

こういう事態が起こったら、すぐに医者(リングドクター)が駆けつけて、必要があればその場で心臓マッサージやAED、頸椎損傷なら固定やマスク換気をしなきゃいけない

まともなプロレス団体やプロスポーツならどこでもやってる。相撲協会には有能な運営職員がいないのでは? ほんとに格闘技やる資格ある?

 

どうか後遺症なく、また元気に土俵にあがれますように。
救護のマニュアルをしっかりと身につけるよう、研修なり、教育なり、考える時なんじゃないのか?

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)