東須磨小学校いじめ加害者名はかん口令?保護者会あった!過去にも同じ事件!校長の対応は?

神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の4人からいじめを受けていた事件で、教員名である加害者名がなぜでないかを調査しました!

保護者会でSNS規制か?

校長は何と言った?

必見です。

スポンサーリンク

事件概要

神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の先輩教員4人に昨年から継続的に暴行や暴言などのいじめを受けていた問題で、同市教育委員会は4日、この4人から、男性教員に加えて3人の20代教員も暴言やセクハラ行為を受けていたことを明らかにした。市教委は、市役所で開いた記者会見で「市民の信頼を著しく失墜する行為」として謝罪した。

 市教委によると、加害側の教員は30代の男性3人と40代の女性1人。4人から男性教員以外にいじめに遭っていたのは女性2人、男性1人で、このうち女性へのセクハラ行為があったほか、男性に対してはポンコツの意味で「ポンちゃん」と呼んでいた。被害を受けた3人は体調を崩すことなどはなく、通常通り出勤しているという。

 一方、4人からいじめを受けて精神的に不安定になり、9月から療養を余儀なくされている男性教員について市教委は、既に明らかになっている内容とは別の被害も説明。4人は男性教員に対し、携帯電話にロックをかけて使えなくする▽背中を肘でぐりぐりと押したり、足を踏み付けたりする▽無理やり車で自宅まで送らせたり、酒を飲ませたりした-という。

 また、男性教諭が「目や唇に激辛ラーメンの汁を塗りたくられた」「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられた」などと訴えていることも確認しているという。

 市教委は、いじめ行為の詳細を調査。加害側の教員について既に10月から担任を含む業務から外し、処分内容を検討する。これに伴い、7日付の人事異動で市教委と他校から計3人の教員を東須磨小に配置。市教委の資質向上担当課長に同校の担当を兼務させ、学校運営を支援する。(佐藤健介)

出典:https://www.kobe-np.co.jp/

神戸市須磨区の市立東須磨小学校が、先輩教員からいじめを受けていた事件が今回発覚しました。

しかし今はSNS社会なのに、一体なぜ名前やそれに準じた証拠が一向に出てこないのでしょうか?

顔画像に関しても、誰かがSNSから拡散してもいいのではないか?といった疑問もあるかと思います。

それについて独自に調査をしました。

次章ではいじめ内容がひどすぎるということで、紹介させていただきます。

スポンサーリンク

いじめ内容がひどい!対応した校長名は?

神戸市須磨区の市立東須磨小の20代男性教諭が、先輩の同僚教諭4人に羽交い締めにされて体にカレーを塗りつけられるなどのいじめを受けたと訴え、9月から学校を休んでいることが4日、分かった。市教育委員会は同日会見を開いて経緯を説明、謝罪した。加害側の4人は、他に20代の教員3人にもセクハラなどの行為をしていたことも判明。市教委は現在4人を謹慎させているが、事実関係を調査した上で処分を検討する。

 市教委によると、加害者の教諭は30代の男性3人と40代の女性1人。いじめは昨年から始まったとみられる。被害教諭は、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で別の女性教員に性的なメッセージを送らされた。さらに、4人に羽交い締めにされて激辛カレーを食べさせられ、体にルーを塗られた。激辛ラーメンの汁を目や唇にこすりつけられたこともあった。

 コピー用紙の芯で尻をたたかれ「ハゲ」「ボケ」「カス」などの暴言も浴びた。通勤用の車の上に乗られ、車内で飲み物を故意にこぼされたほか、女性教諭から酒席で飲酒を強要された。

 市教委は「学校側の対応にも問題があった」と話す。今年6月、見かねた別の教員らがいじめを教頭に報告。東須磨小は翌7月、市教委に「トラブルがあったが、校内で解決した」と報告したが、具体的な内容は知らせず、仁王(におう)美貴校長(55)が4人を指導するなどにとどめた。

出典:https://www.sanspo.com/

今回20代被害者である、教員の方の被った被害としては以下の通りとなっております。

・女性教員にわいせつ文言を無理矢理遅らせる

・暴言などを吐く「ボケ」「カス」

・男性教員の車の上に乗る

・社内に飲み物をわざとこぼす

・男性教員のことをポンコツ呼ばわり「ポンチャン」と呼んでいた

・携帯電話にロックをかけて使いなくさせる

・コピー用紙の芯でお尻を殴る

・背中を肘でグリグリと押す。足を踏みつける。

教育者は聖職者として、生徒はじめ保護者から「先生」といわれる立場のはずです。ましてやそのような人が、このような非人道的な事をしていること時点でかなり憤りを覚えますよね。

ましてや新人の先生ではなく、どうやら30代~40代教員が行ったそうです。つまりある程度教員歴がある中でこのような行為をしたということがはっきり言えそうです。

そしてこの時の指導対応した校長先生の名前は一体誰なのでしょうか?

これに対して、この東須磨小学校の校長である

仁王(におう)美貴校長(55)

はこの4人を指導するに至っただけだったそうです。

恐らくですが、当初特に大きな事件やいじめではなく指導するにあたっただけなのか、それともいじめをということを客観的に知っていたのにも関わらずそれを隠蔽していたのかは不明なところではあります。

しかし教育調査委員会や、被害者の親族から再調査を求められているほどでしたから、内部組織がいかにモラルなく形成されていたのか伺えるような形だと思います。

また加害者4人の画像や実名に関しては、こちらには掲載しておりませんので、このリンクから飛んでいただければと思います。

なぜこのようなことをしてしまったのでしょうか?非常に呆れてものも言えないです。

次章では、なぜ加害者名がここまで公に出ないのかどうか、調査しました!

スポンサーリンク

保護者会でSNS規制か?過去にもあった!

この東須磨小学校のいじめ問題が、世間にマスコミを通じて発表されたのは昨日の10月4日だったそうですが、今回その前の3日には、保護者会が行われたという事が、mikonewsの調べに対して分かりました。

実は、同県で伊丹市ですが先生が生徒に対して体罰をした事件でも、保護者会でマスコミなどに言わないようにといわれた事例がありました

それが以下のようなニュースとなっております。

部活動の指導中、部員の生徒に体罰を加えてけがをさせたとして、兵庫県教育委員会は10日、同県伊丹市立中学校に勤務する女性教諭(42)を停職3カ月の懲戒処分にし、発表した。教諭は6年前にも生徒への暴力で減給処分を受けており、県教委は体罰を繰り返した点を重くみた。

 県教委によると、教諭は女子バレーボール部の顧問だった今年4月、3年の女子部員の顔を手でたたき、打撲など全治2週間のけがを負わせた。県教委の調査に「部員たちが練習試合を勝手に始めていたので、事情を聴いていた」と説明しているという。教諭は同じ学校の女子バレー部員14人に体罰をしたとして、2013年に減給の懲戒処分を受けている。

出典:https://www.asahi.com/

この報道後に実は、兵庫県伊丹市立松崎中学校で保護者会があったそうです。

実はこちらの被害者であるお母さまから直接取材したことが過去にございます。その際保護者会で言われたことが、以下の通りとなっております。

【保護者説明会】

①マスコミやメディアに報道させない

②録音・録画などは禁止

といった内容だったそうです。録画・録音してはいけないような会議が果たして行われていたのか?ともしこれを聞いた人であれば、普通に考えて疑問に思ってしまいますよね。

実は内部資料に関しても既にこちらとしては持っているのですが、原本を公開することは控えさせて欲しいとの、被害者様のお母さまからお願いがあったため、公開に関しては控えさせえて頂きます。

またこの事件は、松崎中学校で中学校女性教諭(42)が、生徒に対して体罰を行ったニュースですが、先生は生徒に対して

mikonewsの独自調査によると、被害者様が殴られた後に

「親とかに言うなよ」って脅していたという話も聞きました。

怖すぎますよね。。。。

この事件対立関係としては、生徒対先生となっており、少しだけ異なります。しかし類似の“隠蔽体質”という点に関して言うのであれば、同じようなケースだと考えられかと思います。

確かに公益性を考慮した際に実名報道をすべきかどうかに関しては悩ましいところではあります。しかし、今回4人で被害者をいじめて精神的に苦痛にしているのも関わらず、当の加害者たちは有給休暇ということで、お金を貰える休暇を取っていると考えると、普通の人であれば許せる気持ちがあるはずがありません。

その為、公に実名や顔画像が公開され次第こちらとしては早急にお知らせしていきたいと思います。

スポンサーリンク

みんなの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする