田中邦衛(88)死去!青大将等現代までの歴代画像有!自宅近所では認知症疑い?妻娘あり


訃報です。

「北の国から」「網走番外地」「男はつらいよ」シリーズなどで

国民から愛されてきた俳優、田中邦衛氏(88)が、

老衰のため永眠されました。

近年姿を見られなくなっていましたが、

実際はどうだったのでしょう?

詳しく調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

田中邦衛氏のプロフィール

https://josei7.com/

プロフィール

  • 本名: 田中 邦衛生年月日: 1932年11月23日
  • 没年月日: 2021年3月24日(88歳没)
  • 家族:妻・娘 田中 淳子(NHK情報局長)
  • 出生地: 岐阜県土岐郡土岐津町(現土岐市)
  • 身長 :167 cm
  • 血液型 :O型
  • 職業 :俳優
  • ジャンル: 映画・テレビドラマ・演劇
  • 活動期間 :1955年 – 2021年

2021年まで活動していた、とさせていただいたのは、

ご本人から、引退するという公式発言が

なかったからです。

しかし、ところどころでオファーを

断ったりしていたようなので、

もうご自身の体に限界を感じていたのでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 


田中邦衛氏の来歴

短期大学を卒業後、岐阜で中学の代用教員(助教諭)になりました。

助教諭生活の傍、3度目の受験で1955年(昭和30年)に

俳優座養成所へ念願の入所を果たします。

3度目の受験の際には、試験官だった女優の東山千栄子から

「あなた、またいらしたの」と言われたくらい、

諦めが悪かった、というエピソードも。

3年間の養成所生活を経て俳優座座員に昇格しましたが、

それは47人中3人という狭き門の突破だったそうです。

そこには、「またあなたいらしたの」という

言葉は出てこなかったでしょう。

この第7期生の同期には井川比佐志さん・露口茂さん・

山本學さん・藤岡重慶さん・中町由子さん・

水野久美さんらがいるそうです。

 

 

 

スポンサーリンク

 


「若大将シリーズ」「網走番外地シリーズ」「仁義なき戦いシリーズ」

 

そしてとうとう、1957年(昭和32年)、

今井正が監督した映画『純愛物語』に初出演。

そのアクの強い風貌から、アクション映画でチンピラや

殺し屋役を演じることが多く、1961年(昭和36年)の

東宝映画『大学の若大将』では、若大将のライバル・

青大将役で出演しました。この青大将、みなさんご存知の方も

多いのではないでしょうか。

敵役・悪役だがコミカルで憎めないキャラクターを見事に好演し、

「若大将シリーズ」のレギュラーとなりました。

以来、映画・テレビドラマで幅広く活躍し、

岡本喜八にも気に入られ、監督別では最多の11本に出演しています。

1965年(昭和40年)に出演したフジテレビの

ドラマ『若者たち』は映画化され、

第22回毎日映画コンクール男優主演賞を受賞

ヤクザ映画では、同年からスタートした

網走番外地シリーズ」で高倉健演じる主人公を慕う舎弟を

コミカルに演じ、1973年(昭和48年)から始まった

仁義なき戦いシリーズ」では、それまでのイメージを

一新するずる賢いヤクザ・槙原政吉を演じた。

以降、東映作品のバイプレイヤーとして活躍することになりました。

1973年(昭和48年)、井川らと俳優座を退座。

作家である安部公房と行動を共にした後、フリーとなりました。

 

 

 

スポンサーリンク

 


不朽の名作「北の国から」

http://www.bsfuji.tv

1980年代以降、映画への出演は減りますが、

未だ難度も再放送され、国民的な作品として知られる、

1981年からの『北の国から』シリーズで

葛藤を持ちつつも2人の子を温かく見守る父親・

黒板五郎役が全国的に知られることになりました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

役者人生の終わりは「最後の忠臣蔵」

https://eiga.com/news

さらに、1993年、『学校』にて苦労しながら

夜間中学に通う労働者役を演じ、

第17回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞

1988年(昭和63年)から1995年(平成7年)まで

出演した大正製薬「大正漢方胃腸薬」の年末のテレビCMでは

歌って踊るエンターテイナーぶりを披露。

ラムニストのナンシー関から絶賛を受け、

作家の小林信彦からも高く評価されました。

もはやオールマイティーですね!!

しかし、2010年公開の映画『最後の忠臣蔵』へ出演、

以降俳優としては表舞台から遠ざかることになりました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に公の場に出たのは…地井武男さんの「お別れの会」

「最後の忠臣蔵」から次に、公の場に田中さんが登場したのは、

とある方のお別れの会でした。

2012年(平成24年)6月29日、『北の国から』や、

ほか多くの作品で共演した地井武男さんが死去。

8月6日に青山葬儀所で営まれた「お別れの会」で、

発起人の一人として名を連ねました。

しかも、参列者代表7人による「お礼の言葉」を述べ、

吉岡秀隆の介添えで、最後に祭壇の前に立ち

おいらまだ信じられない

会いたいよ! 地井にい(兄)、会いたいよ!

と悲痛な思いを地井の遺影に語りかけました。

この時の姿が公の前に立った最後の姿となりました。

悲痛な思いに、その場で涙した方も多かったそうです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

その後の田中邦衛さんは…?

週刊誌などの情報を総合すると、

2013年には、「長ゼリフが入らない」ことを理由に、

仕事の依頼を断っていること、奥様が電話取材に応え

「体力的に厳しいと思います」と述べられました。

つまり、田中さんはその時点で、休業状態である、

ということを明かしたのです。

しかし一方で

演技をする夢は夫婦2人で

ずっと持って生活しています。

引退も何も、田中邦衛の人生そのものが

役者ですから

と、引退との明言を避けたそうです。

…惚れますね、こんな奥さん!!!!

 

 

 

スポンサーリンク

 

老人ホームに2年入居からの自宅へ!

しかし、現実は甘くはありませんでした。

2015年(平成27年)、『週刊ポスト』(2015年10月30日号)で、

田中さんが施設に入居しリハビリ生活を送っていることが

報じられました。

このホームに入ったきっかけは、高熱で入院したことでした。

長い間歩かずにいると、足の筋肉が衰えてしまいますし…。

このことをきっかけに歩行困難となり、

車椅子生活になったものの、自宅に戻ることを目標に

ホームでリハビリに励んでいたそうです。

当時、雑誌の取材に対し、奥様は

(本人は)“しっかり足を治して

自宅に帰ってくる”と言っている

と語っていました。

そして、そこはさすがの青大将、とでもいうべきか、

2017年10月時点では、施設から自宅に戻られた、というのです。

お年を考えればすごいことですよね!

ただ、元気にはなってきているが、車椅子生活が続き、

俳優としての復帰に関しては解らないと、

奥様が取材に対して答えられました

 

 

 

スポンサーリンク

 

近所の人たちの目撃情報は?

https://news.livedoor.com

数か月に1回ぐらいかな。車椅子に乗った邦衛さんが

自宅から出てきて、ワンボックスカーに乗って

どこかに行くのを見かけます。

白髪も多く、テレビで観ていた頃よりだいぶ老け込んでいた

確かに、かなり痩せてしまっていますね。

隣で支えているのが、奥様だと思われます。

取材に対して、奥様は改めてこう話してくださったそうです。

スロープは主人のために昨年付けました。

体の状態ですか? 車椅子の時もあれば、

歩ける時もあります。

芸能界への復帰については……分かりません。

ただ、元気になってきていることは事実です

 

 

 

スポンサーリンク

 

近隣住民からは、「認知症」や「悪化」を疑う声も…

奥様の言葉を一番に信じたいですが、

第三者の意見というのも見なければいけません。

近隣住民の方のお話では、「認知症」や

「症状の悪化」が噂されていたそうです。

奥様も薄々はわかっていて、

それでも邦衛さんの復活を信じていたのでは

ないでしょうか?

 

自宅近隣の住民からは、「また施設に入ったのでは…?」

2019年9月の時点では、現在はまた施設に入居したのではないかと

近隣住民から推測されていました。

それくらい、姿が見えなかったのでしょうか。

ですが、奥様が『週刊現代』からの

取材に断りを入れていたということを踏まえると、

あながち間違ってもいないのか、とも思ってしまいます。

そして2021年3月24日午前11時24分、老衰のため、死去。

このコロナ禍の中、ご自宅で穏やかに息を引き取られたということで、

さすが!としが言いようがありません。

88年の人生、本当におつかれ様でした。

ご冥福を謹んでお祈り申し上げます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

世間の声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけでも、田中邦衛さんがどれだけ年代問わずの

国民に愛されていたか、よくわかりますよね。

本当にお疲れ様でした。

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)