香川政夫の経歴が凄い!国籍は韓国?兄は香川政義で空手の師範,今里道場の代表 !


東京オリンピックに内定している、空手女子・組手の植草歩選手が
香川政夫強化委員会委員長からのパワーハラスメントや暴力的な指導があったことを
3月28日にブログで公表し訴えられました。

今回は、そんなパワハラ行為ともいえる指導をした香川政夫(かがわ まさお)氏について経歴や国籍、兄について、まとめました。

スポンサーリンク

 

香川政夫の経歴凄い!選手強化委員長!・国籍!(画像)

引用:日本空手松涛連盟より

香川政夫氏は幼い頃、ご両親をなくされています。

そんな苦しい現実を乗り越え成長されています。

空手を始めたのは、兄の影響があってのこと!
兄弟は同じ部活に進む確率が高いように思いますが、香川政夫さんも兄の姿に憧れたのでしょう。

香川政夫さんは定時高校に進み空手を始めます。

高校での活躍が一際目立ち、注目をあび、帝京大学に進学。
香川政夫さんが進学した帝京大学は空手の名門高校で有名ですね。

次に香川政夫さん経歴・実績についてはこちらです。

香川政夫さんの実績

  • 第1回、IBUSZワールドカップ団体形の部・優勝
  • 第28回全国空手道選手権大会、組手の部、形の部・ダブル優勝
  • 第3回松濤杯世界空手道選手権大会 (JKA) 組手の部・優勝

 

香川政夫氏は、帝京大の空手部師範のかたわら、

  • 世界空手連盟 (WKF) 技術委員委員長
  • 全日本空手道連盟 (JKF) ナショナルチームのコーチ・監督
  • 強化委員会委員長


などを務めた香川政夫氏は、帝京大学での長年の指導を行い、日本のみならず、世界各国での指導に勤める実力者。

1983年より帝京大学空手部監督、師範とし帝京大学を4連覇へ導いています。

 

2013年にはスポーツ指導員に送られる『ミズノスポーツメントール賞』受賞され、

先人達の意思を引き継ぎ、日本空手松涛連盟で数多くの指導員を養成してきました!

 

香川政夫さんの先生としての空手動画がこちら!

引用:YouTubeより

香川政夫さんは強化委員会委員長とし、指導員とし、素晴らしい実力をお持ちでいかに
凄い経歴かが分かりますね!

素晴らしい実力者だっただけに、今回の報道は残念でなりませんね。

また、香川政夫さんについて国籍は?との声が多く上がっています。
大阪で生まれた香川政夫さんは日本生まれです。

自称では、国籍をもっと徹底調査しました。

 

スポンサーリンク


香川政夫の国籍は?韓国人?

引用:日本空手松涛連盟より

香川政夫さんを調べたところ韓国とのワードが見つかり、韓国人?との噂がありますが、

画像でもわかるように、出身は大阪とありますので、日本人であり、噂はデマ!
ということがわかります。

『韓国』とのワードで検索されている経緯は不明ですが
顔が韓国人よりにもみえ、何か関連しているの?とのことかもせれませんね。

世界を舞台にされている香川政夫さんは、幅広い交流があると思われますので、
実際に韓国との関係が、あってもおかしくないでしょう。

 

香川政夫さんのプロフィールや息子さんについてはこちら!


 

スポンサーリンク


香川政夫の兄・香川政義は空手師範!今里道場代表者!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BLACK[][][][]FLAGGER(@black_flagger)がシェアした投稿

 

引用:YouTubeより

 

引用:http://www.karate-kagawa.com/

 

香川政夫の兄・香川政義さんは

空手一般会員で初めて優勝という素晴らしい経歴をお持ちです。

小柄ながらに自分よりも高身長の選手を倒し技が生かされる試合も多くあります。

現在は、全日本空手松濤連盟、西大阪支部、今里道場で講師として指導しています。

 

引用:http://www.karate-kagawa.com/

丁寧な指導で初心者からアスリートまで幅広く指導されています!

外国人にも人気のようで、兄同様、国際的にも実力が認められている証拠ですね!

今里道場はこちら

〒537-0023 大阪府大阪市東成区玉津2丁目1−27

引用:http://www.karate-kagawa.com/

 

 

スポンサーリンク


香川政夫と植草歩の報道の内容!

植草選手は、帝京大学空手道部に所属していた2011年から香川氏の指導を受けており、2020年9月ごろから「練習環境のこと、大学院進学のこと、その他プライベートや自活の為の仕事のことなどで、自立心・自尊心を傷つけられたり、大声で怒鳴られたりすること」が多くなったとのこと。12月ごろからは精神的苦痛で練習に参加できないこともあったため全空連に相談していましたが、解決には至らなかったとしています。  

また12月からは、竹刀を突きや蹴りに見立てた稽古(けいこ)が行われ、2021年1月には香川氏に左目を突かれて負傷したこともあったといいます。植草選手は「左眼球打撲傷」と診断されたそうですが、「その後も、師範からは、怪我への心配や、当然の事ながら謝罪の言葉は無く」と誠意ある対応がなされなかったことを明かしています。  

さらに2月には、練習中の肉離れでドクターストップがかかり、練習を休んでいたことに香川氏が難色を示し、3月8日に始まるオリンピック強化合宿への参加を認めてもらえなかったとも。担当コーチを通して、香川氏からの「2週間もろくに練習していないやつが合宿に来たら他の選手の目障りや」という言葉が伝えられたとのことです。

 2021年3月12日に「日本オリンピック委員会」(JOC)の「通報・相談窓口」に香川氏からのパワハラを相談したという植草選手。15日には全空連の役員にも話す機会が設けられたため、31日に全空連の倫理委員会が開催することになったのではないか、とつづっています。

竹刀を突きや蹴りに見立てた稽古(けいこ)が行われ、「左眼球打撲傷」と診断。

「その後も、師範からは、怪我への心配や、当然の事ながら謝罪の言葉は無く」と誠意ある対応がなされなかった。

2週間もろくに練習していないやつが合宿に来たら他の選手の目障りや」という言葉。

これはひどい内容ですね。
時代の捉え方もあるかと思いますが、お互いの理解が至らなかったのかもしれませんね。

植草歩選手は精神的にも苦痛を感じているよう。
今後、納得のいくまで話し合いが必要ですね。

 

『追記』

帝京大空手道部でコーチを務める渡邊大輔氏が、今回の植草選手の報道にコメントされました!

「私も植草のブログに目を通しましたが、正確さを欠く内容だと思います。香川師範が練習で“顔面めがけて竹刀の先端で突く”ことはありませんでした」  週刊新潮の直撃にこう語ったのは、植草選手が練習に通っていた、帝京大空手道部でコーチを務める渡邊大輔氏(31)だ。
「あの時、香川師範が竹刀を上から振り下ろしたところ、植草はボクシングのダッキングのように前屈みになって避けようとしました。しかし、避けきれず、左目の上に竹刀が当たってしまったのです。植草は“イタッ”と言ってうずくまりました。
師範は“すまん!”と言いながら心配そうに植草の顔を覗き込んでいた。すぐに僕を呼び寄せて“大輔、ちょっと植草を見たってくれ”と。
僕が駆けつけて“まぶたが赤いけど目に当たった?”と尋ねたら、“大丈夫です。目には当たっていません”と答えていました」

 

また香川政夫さんの今回の報道についてのコメントがこちら!

渦中の香川氏は、植草選手の告発について「何もお答えできない」としながらも、こう胸のうちを明かした。

「10年以上も植草の指導を続け、我が子同然に可愛がってきたつもりです。そんな彼女の顔を竹刀で突くような危険なことをするわけがありません」

「10年以上も植草の指導を続け、我が子同然に可愛がってきたつもりです。そんな彼女の顔を竹刀で突くような危険なことをするわけがありません」

植草選手は刑事告訴を検討ていましたが、その後撤回しています。
事件の真相が浮き彫りになっている今回の報道ですが、植草選手が、あんなにも酷な事実を綴っていながら、それが嘘だとはなかなか思えません。

ですので、何か裏で見えない力が動いてるのでしょうか。

今後も事件の調査を進めます。

スポンサーリンク

植草歩へのパワハラ疑惑問題についてのネットの声!

賛否両論ありますが、やはり行為にかんしては、みなさん同じような捉え方のようです。

これが事実なら、パワハラどころか傷害罪が成立すると思います。
勇気を出して告発した植草さんに対して、師範の香川氏の反論はあるのでしょうか。
もし、告発の通りであるのならば、直ちに植草さんに謝罪して、しかるべき処分を受けるべきです。

香川政夫はどう言い訳するのか。植草選手が堂々と世間に言ったのだから、香川も同様に会見など開いて謝罪または反論すべき。

目をついたのかどうかハッキリと言えよ。人にケガさせといてよくいえるな。故意じゃないからって、目の高さに竹刀って考えられないだろ。そんな竹刀もコントロールできないようじゃ指導者失格。剣道してるんじゃねーんだよ(笑)空手にいらねーだろ。

皮膚ではなく、眼球が打撲ってのも壮絶だな
コントロールは全く出来てないね

これで東京オリンピックは完全に中止が決定でしょう!

女性選手に練習と称して竹刀で目を突いて失明に近い大ケガをさせるなんて言語道断の犯罪です。

しかも、この師範とやらは潔くこの暴挙を認めずしらばっくれてる。最低最悪の悪魔だ。

昔、フルコンやってた。
そういえば夏合宿のときは師範が竹刀持ってた。
腰とか腿をピシっと軽くやられたことはあるけど、頭部や顔に向けられたことはなかったな…剣道と異種試合する訳じゃないもんな。

もう根性論だけで勝てる時代じゃない。スポーツは科学であり、理論に基づいて練習しなければ勝てない。今だ竹刀持ってどつくとか過去の遺物が強化委員長してるとか意味分からんわ。

竹刀を持ち出すこと自体、
常軌を逸している。
香川政夫は断罪されるべき。
スポーツの指導者は、
スパルタや熱血の裏で、
人をコントロールする悦びに、
したっているように思える。
格闘技では尚更だ。
いちど、香川の目に向けて、
竹刀でついてやれば、
自分の愚かさが分かるかも知れない。

植草選手に天晴れですね
良く勇気出して言ってくれたよ
もういい加減時代錯誤見たいな練習方法変えていかないと今の時代あかんやろ
刑事告訴されるから認めたんかなと思うけどね
指導者剥奪してほしい位ですね

全空連が事実と認定したのは、マスコミに取り上げられたからこそだ。
こんなの、内々に全空連に訴えていただけなら、もみ消されるだけ。
公にしたら五輪に出さないぞと脅かされるだけだろう。
なおかつ、刑事告訴の意向も効いているな。
警察に入られて強制的に調べられてらごまかし効かない。
植草選手はよく頑張った!

形式的に言えば、傷害罪に該当する行為であることは間違いありません。争点としては、空手において竹刀で指導することが慣習であって違法性を阻却するとか、格闘技であってある程度の怪我は危険として予定されているという反論は法的にはあり得るでしょう、しかし、現代的にその反論が通る可能性は低いでしょう。

アメフト部、ボクシング協会、全柔連、相撲。指導と称する暴行の横行が露呈。パワハラは存在しない。暴行です。コーチには常識、ルールの試験を課すべきだ。身内の審査会が機能しないのは全柔連見ても明らか。山下会長は既に有耶無耶にしたいようだ。支配者は独裁者だと思っているんじゃない?

古賀さんの死に接し、指導者としての資質のあまりの違いに唖然とする。
植草さん、よくぞ決心して公にした。
こういう暴力で恐怖でしか選手を指導できないやつは、協会から追放すべき。
当然そうなるだろうか゛、、、、

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)