赤堀恵美子(福岡篠栗)の洗脳方法がヤバすぎる!「洗脳は余裕だった」碇利恵との関係性!

 福岡念篠栗(ささぐり)町で昨年4月、5歳の男児が家庭内で十分な食事を与えられず餓死していたそうです。

また育児虐待かと思いましたが、めちゃくちゃ怖い話だと思います。

今回は、洗脳方法に関して調査もしてみました!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

事件概要

 福岡県篠栗(ささぐり)町で昨年4月、5歳の男児が家庭内で十分な食事を与えられず餓死していたことがわかった。福岡県警は2日、母親の碇(いかり)利恵容疑者(39)を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕した。男児に食事を与えないよう指示したとして、母親の知人の赤堀恵美子容疑者(48)も同容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。県警の任意の調べに、碇容疑者は容疑を認め、赤堀容疑者は否認しているという。

 捜査関係者によると、亡くなった男児は碇容疑者の三男、翔士郎(しょうじろう)ちゃん。両容疑者は昨年4月、篠栗町のマンションで、翔士郎ちゃんに食事を与えず栄養失調で死亡させた疑いがある。碇容疑者がマンションの自室で意識を失った翔士郎ちゃんを発見。第三者を通じて119番通報したが、翔士郎ちゃんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 同居する小学生の長男や次男も十分な食事を与えられていなかったが、2人の健康に大きな問題はないという。

 捜査関係者は、赤堀容疑者が碇容疑者の家庭に介入し、翔士郎ちゃんに食事を与えないよう求めていたとみている。両容疑者は子どもを同じ幼稚園に通わせる保護者同士だったが、赤堀容疑者が翔士郎ちゃんを車で幼稚園に送迎するなどして子育てを手伝ううちに家庭内に深く入り込み、家計まで握るようになったという。

 篠栗町こども育成課は、碇容疑者一家に支援が必要と判断。家庭訪問をしたが、赤堀容疑者がこれに反発したという。

出典:https://www.asahi.com/

 

福岡県篠栗町のマンションで昨年、当時5歳の男児に十分な食事を与えずに餓死させた事件が発生しました。

なんとも卑劣な事件でしょうか。また同時に母親である利恵(39)、知人の赤堀恵美子(48)両容疑者を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されました。

県警は、赤堀容疑者が碇容疑者から多額の生活費をだまし取っていたそうです。

そしてなんとその額合計200万以上の額だったそうです!!

やばすぎる。子供に食事を与えないようにして、知人の子供を殺害するとはなんとも卑劣な行為でしょうか。

同時に、次章では動機や洗脳方法についてみていこうと思います。

 

赤堀容疑者の家族構成は?

 

 

スポンサーリンク

 

 洗脳方法がヤバすぎる!「洗脳は余裕だった」

2人の容疑者は、お互いの子供が同じ幼稚園に通っていたことをきっかけに親交を深めていましたが、徐々にその関係は変化していきます。 赤堀容疑者は、「浮気調査」などの名目で碇容疑者に金銭の要求を繰り返したとされ、通帳や生活費をだまし取った罪で、すでに起訴されています。 警察は、赤堀容疑者が家族の食事を実質的に管理していた判断。しつけと称して翔士郎ちゃんの食事を制限するよう碇容疑者に指示していた疑いも強まり、共犯事件として立件に踏み切りました。 この家庭をめぐっては、事件の1か月ほど前、児童相談所に育児放棄で通告されていて、警察がいきさつを詳しく調べています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

このようにどうやら赤堀容疑者には、この碇容疑者に対して恩義を図るような形で、支配ママと奴隷ママの形で支配していたと考えられます。

 

しかも実は同類のような事件が、起きているそうです。

支配されたお母さんのような同類の事件のせいで、奴隷のお母さんが保護費用や児童手当がむしりとられていたそうです。

この話は結構異性間で、「子供が邪魔だった」と殺害してしまうような若い夫婦に多い話ですが、このような形で同性間でもあるかということがあってびっくりです。

 

おそらくですが、この奴隷ママさんは、元夫ということであれば離婚をしていて精神的に参っていたのかもしれません。シングルマザーはめちゃくちゃ大変だといわれていますが、このように同性間でも支配するような人が世の中にいてしかもなおかつ、他人の子供を殺害ギリギリまで追い込むことを考えたらめちゃくちゃ恐ろしい話です。

また同時にこのような意見もありました。

 

 

北九州の事件を彷彿させるような事件ですね。

なぜ家族でもない赤の他人の言うことを聞いてしまうのか。
自分の息子があばらが浮き出るほどやせ細ってたら、赤の他人の言うことなど聞かずにご飯食べさせたり、病院に連れて行きますよね。
お金も管理されていたようだし、洗脳状態だったのかもしれません。

子どもたちが一番の被害者でただただかわいそうです。

 

やはり北九州で同類の事件が過去にあったとのことで、シングルマザーの不安定さを狙った悪質な計画的な犯行にしか見えません。

また同時に、洗脳状態真っ盛りでありなおかつ、このようなことをするとなると今後のシングルマザーの事件が再び起こりうるのではないかと恐怖や悲しみでもあります。

 

mikonewsではこのような事件事故が起き次第すぐ報道させていただきます。

 

一番気になるのは、この赤堀容疑者の夫や子供がどうなったですが、犯罪者の子供や夫となるとさすがに夫婦間で信用できなくなってしまうため、離婚は免れませんよね。

旦那さんやお子さんに飛ぶ火がなければいいんのですが、また次章では、育児虐待に関しても同時に調査しました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

児童虐待の動機とは?

 

 

 

 

 

動機は一体なんなのでしょうか?

 

子供の虐待には4つのくくりがあると言われているそうです。虐待と言っても、家庭によってその内容は異なります。厚生労働省では虐待の種類について、4種類に分けて定義しています。今回は、厚生労働省の定義に沿って児童虐待の種類を4つご紹介します。

 

 

①身体的虐待

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など

(引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

「児童虐待」と聞くと、まずはこれらの身体的虐待の様子が頭に浮かぶ人も多いでしょう。子供に対して親が暴力を振るってしまうニュースは多くみると思います。

 

また、身体の自由を拘束することも児童虐待であるとされています。縄による締め付けなどは体の自由を制限や、骨を歪めるなど成長へ影響を及ぼす恐れもあるでしょう。

 

②性的虐待

 

厚生労働省では以下のような行為を、性的虐待であると定義づけています。

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

親族や教師親などの性的虐待などすべてを含みます。親だけではなく、家庭教師先の先生というケースもあったそうです。

 

 

 

③ネグレクト

 

厚生労働省では以下のような行為を、ネグレクトであると定義づけています。

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

ネグレクトは家庭虐待です。主に保護者がふるってしまう児童虐待であると言えるでしょう。保護者とはその名前の通り、子供を保護する立場の人です。子供が健やかに育つために必要な環境を意図して与えないような行為は、ネグレクトであると言えるでしょう。

 

 

 

④心理的虐待

厚生労働省では以下のような行為を、心理的虐待であると定義づけています。

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

子供に対して強い言葉を向けることはもちろん、ほかの兄弟への攻撃的な態度も心理的虐待に含まれるため意味は広義にあたります。

 

また、両親同士による喧嘩も子供に大きな心理的ダメージを与えてしまいます。子供に対して、心理的に虐待は起こってしまうのです。両親同士による暴力行為を始めとした夫婦喧嘩も子供に大きな影響を与えます。

 

 

 

 

以下4つであると考えられております。今回は③番目のネグレクトが最もな要因であると考えられます。

 

 

そして気になる動機ですが、

 

・イライラした

・いうことを聞かなかったから

・ストレス発散

・日常的に殴っていた

・むしゃくしゃした

 

といったいくつかの理由があてはままりそうです。

 

今回は、あえてご飯を食べさせない虐待行為ですのでどの行為かわかりませんが、しつけではなく明らかな犯罪行為ですので、この二人の容疑者には反省してほしいものです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

自宅特定か?

自宅をリサーチしてみました。

現時点で自宅を特定する情報はありませんでした。

福岡県というところまでしか判明していません。

また新しい情報が入りましたら追記致します。

 

碇容疑者の自宅が特定されました。

 

赤堀容疑者と碇容疑者の子供が通っていた幼稚園が特定されました

 

スポンサーリンク

 

みんなの反応

 

 

ママ友と言葉を濁していますが、典型的なマインドコントロールでしょう。
北九州の事件もありましたし、こういうケースは表に出て来づらいので思っているより多いかも知れませんね。

 

他の記事も読んだのですが、存在しない夫の不倫をでっち上げ、その調査費や裁判費用としてお金を騙し取り離婚に追い込まれ3人の子供を育てるシングル生活保護世帯になるなんて!
どうしてこんな事になるのか理解出来ない
こんな事が起こり得るんだってショック。旦那さんが子供のために何とか奮起してこの変なババアを追い払って欲しかった。普通の家庭だったはずなのに子供達が可哀想でならない

 

福岡監禁事件を思い出すような事件だね。

完全に支配されるって、思考まで支配されてしまうんだよね。

何処かで逃げられる筈だと言うけど、思考を支配されたら逃げられないんだよね。

じゃぁ、どの時点で救えたのだろうか…と考えてしまうよ。

良い人だと思った人が怖い人だった。
分かった時には遅かったんだろうね。

支配する人は、支配出来る人を瞬時に見極める。出会った時点で既に遅かったのかな…。

 

 

生活保護費と児童手当、子供を守る制度に悪党が近寄って搾取し子供を餓死させた。
決して許してはいけない事件だと思う。
いくら国が税金を集めて生活保護のための現金を渡しても悪用される。
現金支給の金額を減らし、週1度くらいの食料品と日用品の支給にしてはどうだろうか?
出来るなら、市営住宅とかで保護して欲しい。
その時に子供や家族の健康状態も確かめてほしい。
市役所も児相も連携して行えないだろうか?

 

なんで他人をそこまで信用できるんやろ?
いくら仲良くしてるママ友でも、ある程度お互いにこれ以上は立ち入らないって境界線みたいなのがあると思うんだけど…

 

自分ばかり贅沢な食事をしてブクブクと…
その陰に飢えた子供達。。。子供達には母親しかいないのに、洗脳されて守ってあげる本能すら忘れて…子供達を思うとつらすぎて涙出る。

 

他人の言うとおりにする人がいて驚き
亡くなった無力の子を想像すると涙が出そう

事件の元は支給される現金
以前実録ドラマで他人の生活保護費を狙って近づく人もいるのを見た
アメリカはクーポンだそうですが
出来るだけ現物だとか現金では無い支援が良いと思う悪い奴は弱者を狙う

 

保育園でのママ友がこんな残酷な人間だったりする。
夫や周囲の人達は誰もおかしいと思わなかったのだろうか?
おかしいと思っても何も言えない状況だったのか。
このママ友は逮捕されているけど刑期はどうせ2〜3年くらいで出てくるのだろう。
また繰り返して見えない場所で家族を食い物にすると思う。
厳罰化出来ないものだろうか。

 

北九州監禁殺人事件を思い浮かべる人が多いけど、マインドコントロールなら尼崎事件もとんでもない事件だった。
今回はママ友関係だけど、実はママ友関係って依存しやすいんだよね。ママ友付き合いって、本来は子供の友達の親としての付き合いなんだけど、長い付き合いになるし、夫婦関係のことや義実家のこととか、愚痴を言い合う存在になっていく。そんな中で、旦那とうまくいってない人なんかは、話を聞いてくれる人にどんどん依存していって、私の知り合いでもママ友に勧められて離婚した人がいる。それでいざ離婚して相手のママさんが引いちゃって距離を置くようになったら今度はストーカーになって嫌がらせをするようになって。
たぶんこの亡くなった子の母親も、依存度のかなり高い人だったんじゃないかな。
何より、亡くなった子も、他の二人も、子供達が一番の被害者。

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)