小室圭文書「録音」に宮内庁恐怖!20歳で咄嗟に録音はなぜ?会話録音の怖い癖は疑心暗鬼?


何かと取り沙汰される、

小室圭さんと眞子内親王の結婚問題。

実は今、宮内庁では、小室さんが発表した、

いわゆる小室圭文書で露呈した、

小室さんのとある行動が心配だ、と言われています。

その行動が、「録音」。

詳しく見ていきましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

小室圭文書で見えた小室さんのとある行動

父親代わりにさえ…
 長い沈黙から一転、小室圭氏が大きく動いた。4月8日、母・佳代さんが抱える金銭トラブルについて、小室氏はA4用紙28枚・計4万字という長文の“説明文書”を発表した。  そこには、眞子内親王との結婚に強い意志を示したうえで、佳代さんの元婚約者から金銭が渡った経緯、そして小室母子がそれを「借金」とは認識しておらず、なぜ返済しなかったかが詳しく綴られていた。  その翌日、眞子内親王が「今回発表された文書を読まれていろいろな経緯があったことを理解してくださる方がいればありがたい」とコメントを発表。西村泰彦・宮内庁長官も「非常に丁寧に説明されている印象だ」と評価した。  しかし国民の反応は非常に厳しいものだった。ネット上には「ただの言い訳にしか聞こえない」「自己弁護に終始している」「ますます不信感が高まった」などバッシングが溢れ、眞子内親王が事前に文書を確認していたことも「眞子さまはこれで国民が理解すると思っているのか」と批判された。  その反応を見て方針転換したのか、文書発表からわずか4日後の12日、小室氏は代理人弁護士を通じて、最大400万円の「解決金」を支払う意向があることを明らかにした。  しかし、たとえ解決金を支払ったとしても、結婚への障壁は多く残っている。宮内庁関係者が特に懸念しているのが、文書で明らかにされた「録音テープ」の存在である
〈中略〉

録音は交際直後

 小室氏が眞子内親王と出会ったのは国際基督教大学(ICU)在学中の2012年6月。学内の交換留学説明会がきっかけだったとされている。その後、8月には交際がスタートしたと報じられている。元婚約者とのやり取りは、それからわずか1か月以内の出来事だった。 「まだ20歳の大学生なのに、後々のために録音テープを保存しておく周到さには驚きました。用心深さもさることながら、普段から習慣的に録音をしているのではないかとさえ思えてしまいます。  交際期間中から小室さんは何度も赤坂御用地内の秋篠宮邸を訪れ、皇嗣殿下や紀子さまはじめ、秋篠宮ご一家と交流を続けていました。2017年12月に『週刊女性』で佳代さんの金銭トラブルが報じられてからは、ご夫妻に事情を説明するため親子で秋篠宮邸を訪問したこともある。それらのやりとりも録音されていたりするのではないかと、宮内庁内で心配する声が上がっているのです」(前出・宮内庁関係者)

https://news.yahoo.co.jp

皇室や宮内庁では、小室圭文書が発表され、

金銭問題や小室さんの考え方、主張もですが、

とある行動に付いて、心配の声が上がったようです。

 

 

それが、元婚約者との会話を、

「とっさに録音」したという、小室さんの行動。

 

 

確かに、普段からの会話で、「とっさに録音しよう」、

などとはなかなか思いつきませんよね。

 

それに、相手は母親の婚約者。

 

しかも、小室圭文書によれば、

「突然切り出された」話です。

 

事前準備もなしに、いきなり話し合いになったとするなら、

どうして相手に気づかれず、その会話を「とっさに録音」することが

できたのでしょうか?

 

 

それに、「この会話は録っておいたほうがいいな」という

思考と行動に、宮内庁は心配を隠せないようです。

 

 

普段から「とっさに録音」という行動が

すぐにできるような行動や考え方をしているなら、

 

秋篠宮邸へ事情を説明しに行った時など、

 

むしろ録音していないほうがおかしい、と思えてきますよね。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


当時20歳の大学生が録音?

https://news.goo.ne.jp

20歳、と考えると、まだ成人式を迎えたばかりの若者です。

 

 

20歳のころに、すでに他人との会話を「とっさに録音」する、

ということができるのは、

習慣化していたのではないか、

とすら思えてくる、と宮内庁は心配しています。

 

 

確かに、「後々のために」と会話を録音しておく、

というのは、あまり一般的な考えじゃありませんよね。

 

だからこそ、宮内庁は心配している、ということです。

普段から録音する習慣が付いているとは、

 

どういう性格で、どういう思考回路なんだ?と。

 

それだけ用心深い、ということなんでしょうか?

 

 

だとしたら、母親の婚約者であり、学費の援助をしてくれた、

という男性は父親代わりです。

 

 

学費を出してくれて、母親にとって大切な、そして

自分にとっては父親代わりにもなる相手に、

 

「とっさに録音」ができる状態でいる、とは、

 

確かに驚きですよね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


元婚約者も「驚き」の理由は隠し撮り?

https://bunshun.jp

そしてこの録音の存在は、

 

実は、元婚約者も全く知らないものでした。

 

後出しのように出してきたこの録音に、

 

元婚約者は驚いた、と報道陣に示しました。

 

 

つまり、元婚約者の了承を得ないで、

 

気づかれずに録っていた録音ということになります。

 

それって、隠し録りって言いませんか?

 

 

宮内庁もそこを気にしていて、

金銭トラブルのことを、秋篠宮邸で

 

説明した際のやりとりや、母親の佳代さんの、

「金銭面を皇室でサポートしてほしい」という

 

趣旨の提案に付いてなど、

かなり込み入ったやりとりがあったことが

予想されます。

 

しかも、それは全て、小室さん母子が、

秋篠宮邸を訪れてのこととなりますから、

 

普段からとっさに録音することができる人なら、

「用意周到に録音」することもできるでしょう。

 

 

むしろ、しない、と考えたほうが納得できますよね。

 

 

宮内庁は、これらのやりとりが、あとで

 

 

脅迫のように使われることを心配しているのです。

 

 

小室圭の母(佳代)はケーキ屋マッターホーンの社員!場所はどこ?生い立ちや学歴!

 

小室圭のwiki経歴や学歴!ツイッターで話題の大学時代のヤバい写真公開!

 

 

 

スポンサーリンク

 


小室圭文書が逆効果

https://bunshun.jp

何を言われようと、ずっと何も反論せずにこの数年を過ごした

小室さんですが、急にその姿勢を変えて反撃にでたのが、

小室圭文書です。

 

 

この文書で、国民の理解を得ようとしたようですが、

 

その反応はイマイチどころか

反感すら買っています。

 

 

「自己弁護しかしていない」

 

「眞子様への愛情はあるのか」

 

と言った点が焦点に上がりました。

 

 

そこで、「借金ではない」から、「解決金を払う」と

 

 

たった4日で方向転換。

 

 

その行動にも、「借金じゃないならなぜお金を払うのか」

 

という疑問が付いてきますよね。

 

 

結局小室圭文書というのは、

 

国民からさらなる反感を買った上、

 

「会話を習慣的に隠し録りしている可能性がある」と、

 

全国に知らしめたような結果となりました。

 

 

もう引っ込みがつかないから結婚にしがみついている、

 

という印象も受けますが、

 

実際のところはどうなのでしょうか?

 

 

 

 

小室圭さんのイジメ!内藤悠さんは退学!中学校・高校は?なぜ!?・眞子さまとの結婚は!?

 

 

スポンサーリンク

 

国民の声

 

 

 

 

 

>隠し録りしていたかも・・・。

宮内庁は恐らくは、小室氏が隠し録音を行っていた行為は、事前に認識していた筈だと思いますよ。
小室文章には、自分が不利になる金銭トラブル以外のことについては、一切触れていません。完全に元婚約者の方へ対して、打ち負かしてやるぞ!と云う威圧的な態度には、人間性を疑います。思いやりの心は全く感じることが出来ません。

また、眞子さまも、小室文章の作成に関与していた行為は許されない行為であると思います。
とにかく、この婚約内定については、白紙撤回にして頂きたいものです。

 

 

だんだん話がすり替わってるけど、そもそもだけど、一番最初は小室氏は秋篠宮様に母親の金銭トラブルは知らなかったと言ってたんでしょ?

だから元婚約者に対しても母親とのトラブルに子供巻き混んでかわいそうって批判があった

弁護士に相談してから対応変えて来たのか知らないけど
自ら正式に話し合いの場にいて録音までして主体的に騒動に関わってるのがはっきりした

最初の知らないというあの報道が本当なら、何年も前から皇族を騙そうとしたってことでしょ

あといじめは本人の人間性の問題だから、そっちの方が大問題

 

 

感謝しなければならない側が、隠し録り。人間としてありえない。とにかく破談してくれ。

 

 

それどころかもっと大変なこと録音されてるかもしれないですよね、真子さま関係で。
頑なに婚約解消しないなんて、よっぽどの弱みを握られてるとしか思えない。

 

 

懸念ではなく現実だと見るべき。隠し録りはこの男の本性なのだと思う。まちがいなくフィアンセ関連のことでもやっていると見るのが妥当だと思う。もし他の件でも隠し録りをネタに皇室を陥れようとするようなら警察が速やかに動くべきだと思いますね。

 

 

結婚後も、録音すんのかな。
「だってあなたこないだこう言ったでしょ?録音テープだってあるんだから」って感じで。
まあ、今回の録音に関しても「理解してくだされば」って後押ししてるんだから、そうされてもあんまり文句言えないのかもだけど。

 

 

一般的に録音するでしょうか?恐ろしさを感じる性格です。天皇の義兄はムリです、結婚したいのなら縁を切るべきです。借金問題以上です。

 

 

普通の人はそもそも「会話を録音」するという発想がないと思います。自分の会話が録音されていたと知ると、恐怖と嫌悪感を感じると思います。
小室母子はこの様なトラブルを度々経験し、録音を証拠として法スレスレの事を繰り返してきたのではないかと疑ってしまう。
本当に怖いし不気味。

 

今回のことで結婚詐欺のやり口というものを初めて知りました。「将来の家族」という言葉で本当の家族を助けるように支援をし、だまされていたと気が付いた時には法的に訴えることもできない。誰にも助けてもらえない。人の善意を信じて生きてきたまっとうな人間にとっては、絶望しか残らないやり口ですね。。。本当にこういうやり口には気を付けたいが、年を取って孤独になると、藁をもすがる思いでこういう輩にいいように騙されるかもしれない。高齢化社会、このような結婚詐欺を取り締まる法を整備してもらいたい。

 

隠し撮り録音していると思います。
そうであってもその頃と状況が違うから主張すればいいのではないか。

小室さんは信用できない人物なのです。
結婚したら永遠に録音データを持ち出されますよ。

。婚約内定の白紙撤回をして下さい。

 

今の段階で、国民で小室さんの味方っているのでしょうか?

母親くらいでは?と思ってしまいます。

 

録音されているだろう、と考える人が多数ですが、

 

そもそも、最初小室さんは、「母親の借金問題は認識ない」、と

 

知らないふりをしていたのでは…?

 

 

後からボロが出てくるような状態では、

 

皇室でなくても、とても結婚なんてできないと思うのですが…。

 

 

ハッシュタグで絶対反対、なんて作られているようでは、

 

もう幸せな結婚は望めないと思います。

 

 

いい加減、身を引いてほしいと思うのですが…。

 

 

小室圭の母・佳代の元婚約者Ⅹの実名や顔!しつこくてせこい性格?借金の内容がヤバい!解決金拒否か?

 

小室圭母の解決金はいくらで誰が払う?家系図から分かる衝撃の過去がヤバい!

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)